遠田潤子「オブリヴィオン」で、完全に遠田潤子ファンになりました。

評価:★★★★★

 やり直すのは辛い。まず、これまでの自分はクズだったと認めなければならない。これまでの人生、自分が言ったこと、決めたこと、逃げたこと、甘えたこと、人を傷つけたこと、すべてに不良品のハンコを押さなくてはならない。
(本文引用)
______________________________

 「オブリヴィオン」で、完全に遠田潤子ファンになりました。
 とにかく読んでも読んでも、ハズレなし。

 途轍もなくダークな世界・・・はっきり言って反吐が出そうな世界を描いているのに、どっぷりと引き込まれ一気に読んでしまいます。

 遠田作品の魅力は、絶望と希望の絶妙なバランス。

 遠田潤子さんの小説を読んでいると、「ああ、小説って絶望だけでも希望だけでもダメなんだな。絶望と希望が黄金比でミックスされてやっと、小説って面白くなるんだな」ということがよ~くわかります。



 グロテスクぎりぎりのところまで絶望を描き切り、「もうダメ!辛くて読めない!」というところでスッと希望の光をさす遠田ワールド。

 だから遠田作品は、どんなダークでディープな世界でも、読むのが楽しくて仕方がない!
 続きが気になって気になって、ノンストップで読んでしまいます。
_________________________________

 

■「オブリヴィオン」あらすじ



 主人公の吉川森二は、妻を殺害した罪で4年間服役します。

 しかし森二は事件当時、そんな事件を犯すはずのない状況でした。

b95ce86b303df1baf3d3b9c6881bac9a_s.jpg


 実は森二は、人生をやり直していたところ。
 ギャンブル中毒の父親と、その筋の世界で生きる兄・光一とは絶縁。

 勉学に励んで進学し、優しく真面目な女性と結婚し、子どもをもうけるという順風満帆な人生を歩んきました。

 しかし幸せの絶頂の最中、森二は妻を殺害。

 いったい森二夫妻に、何があったのか・・・?
__________________________

■「オブリヴィオン」感想



 本書を読んで思うのは、次の2つです。

 「どんな世界にもクズはいる」
 「どんな世界にも神はいる」

 地べたをはいつくばるような世界で、希望が全く見えない状況のなかでも、人生の幕を開ける人がいる。開けてくれる人がいる。
 一方で、人生の幕を開けようとする人を、身勝手な理由で引きずりおろそうとする人もいる。

 その「クズ」と「神」のコントラストが、「オブリヴィオン」の面白さです。
 (クズ、クズ・・・って、何だかひどい言い方になってしまいますが、はっきり言ってこの小説に出てくる悪党は「クズ」としか言いようがないので悪しからず)

 人生を一からやり直そうとする森二、それを何かにつけて妨害しようとする兄と舎弟。
 そして、大きな挫折を味わった森二を、さらに追い詰めようとする、勤め先の社長の息子・・・。
 
 人間とは、妬み嫉みにとらわれるとこうも醜くなるのかと、正視できない思いで読みました。

5ff5150a7bb9053f9c3eb9011f6a1efc_s.jpg


 そんな「絶望に告ぐ絶望」から浮き上がる、意外な真実。
 何もかもが霧が晴れたようにわかった瞬間から、徐々に森二の人生に光が射しはじめます。

 う~ん、「オブリヴィオン」はずばり「絶望と希望のパフェ」ですね。

 絶望のアイスクリームやドロドロの生クリーム、濃厚なスポンジなどを食べ続けていたら、だんだん絶望がフレーク状に割れてきて、最後に宝物が出てくる感じ。

 絶望の底に追い落とすクズと、絶望からすくい上げる神とを、一瞬も手を抜くことなく濃厚に描くと、こんなに美味し~いパフェが食べられちゃうんだな~なんて感動しています。

 本書の帯に「すごいな 遠田潤子」というコピーが載っていますが、小説としてのパーフェクトぶりは、確かにそうとしか言いようがないかも。
 「すごいな 遠田潤子」と、私からも言わせていただきます。

 本書ですっかり遠田潤子ファンになったので、まだまだ読んでいくつもり。
 
 過去の書籍を読みながら、また新たなる遠田ワールドの発売を待ちわびたいと思います。

詳細情報・ご購入はこちら↓
関連記事
プロフィール

アコチム

Author:アコチム
仕事・家事・育児の合間に文字を楽しむ、兼業主婦の備忘録です。
本の評価は以下のとおり(2015年10月~)
★★★★★=読むと一生幸せでいられます。
★★★★☆=読むと1年間幸せでいられます。
★★★☆☆=読むと1週間幸せでいられます。
★★☆☆☆=これ以下の本は載せません。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告