祝・直木賞受賞!「銀河鉄道の父」は親として学ぶところ大の感動作でした。

 門井慶喜さんの「銀河鉄道の父」が、直木賞を受賞しました!
 (レビューはこちら



 「銀河鉄道の父」は、子をもつ親として非常に学ぶところの大きい本でした。

 家業を継いでほしい・・・という言葉を、何度も口から出しそうになりながらも、グッとこらえる父親。

 子どもの才能を開花させ、子どもの人生を充実させる親とは、かくあるものかと心酔しながら読みました。

 それだけに、子どもに先立たれた気持ちはいかばかりだったかと、涙がこぼれてきます。
 
 「銀河鉄道の父」は、ひとりの「親」である私にとって最高の教科書。
 
 一組の親子が、個々の人格をもつ二人の人間として幸せに生きるには、どうあるべきか。

 親は、子どもの生きる権利・生きる幸せをどうフォローしていくべきか。

 「銀河鉄道の父」は、そんなことを情愛に満ちた筆致で教えてくれます。

 直木賞受賞、本当におめでとうございます!

 「銀河鉄道の父」、大好きです!!

fcfd890644e70a3bc41b9453de5e4713_s.jpg
関連記事
プロフィール

アコチム

Author:アコチム
仕事・家事・育児の合間に文字を楽しむ、兼業主婦の備忘録です。
本の評価は以下のとおり(2015年10月~)
★★★★★=読むと一生幸せでいられます。
★★★★☆=読むと1年間幸せでいられます。
★★★☆☆=読むと1週間幸せでいられます。
★★☆☆☆=これ以下の本は載せません。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告