2017年日本推理作家協会賞受賞!「愚者の毒」(宇佐美まこと)は最後まで読んで良かったー!

評価:★★★★★

「お互いの顔を見るのは辛かった。皆、同じ目をしていたからな。どんな非道なことをしてでも生き延びるって決意をした者の目さ」
(本文引用)
______________________________

 2017年日本推理作家協会賞受賞作。
 先日、貫井徳郎さんの「乱反射」に心臓を撃ち抜かれたので、引き続き「日本推理作家協会賞受賞作」を読んでみました。

 この「愚者の毒」ですが、実は私、途中で読むのをやめようかと思いました。
 
 物語の背景が何だかもうキツくて・・・。

 いえ、つまらなくてキツいのではなく、主人公たちの境遇があまりに酷くて、読むのが辛くなっちゃったんです。
 
 でも何とか乗り切り、終盤に向かった頃・・・「読んでて良かったー!」と思わずガッツポーズ。

 読んだ人の中には「この展開は想像できた」という人もいますが、私は全く想像も予想も考えもしなかった展開。



 少しずーつ少しずーつ「えっ、そうだったの?」と驚くような真相が明かされ、「終わった終わった」と思ったら、最後にドカン。

 でもその「ドカン」が、後味爽やか!
 オセロが一気にひっくり返ったような爽快さで、ドロッドロなのに「あ~、何だか楽しかった!」と言いたくなる読書タイムを作ってくれました。
  また読み返したくなる仕掛けも、実に痛快。
 ミステリーよりもヒューマンドラマ寄りという気もしますが、「読者を騙す」という意味ではやっぱりミステリーと言えます。

 ミステリーって、本当にいいものですね(水野晴朗風)。
 
_________________________________

■「愚者の毒」あらすじ


 香川葉子は、とにかく仕事を見つけないといけない身の上。

 その理由は、借金の返済と子育て。

 葉子には妹がいましたが、妹夫婦は事業に失敗し無理心中で死亡。
 多額の借金と、一人息子の達也が葉子に押しつけられます。

 ある日、葉子は職安で一人の女性と出会います。

 女性の名は石川希美。

 二人は生年月日が同じであることから意気投合。

 葉子は希美の口利きで、ある資産家の家政婦として働くことになります。

c6fadab27766b76bf79cbd1298ed7708_s.jpg


 資産家の家主は人柄が良く、葉子はやっと安住の場を見つけます。
 さらに葉子は、資産家の一人息子・ユキオに恋心を抱くように・・・。

 穏やかな日々が続いていましたが、ある日、何と家主が急死。
 寝ている間に狭心症を発症し、そのまま死に至ったようですが、葉子は不審な点に気づきます。

 もしかすると家主は殺されたのでは・・・?

 事件の真相は、どうやら20年前、九州の炭鉱町で起きたある事件に関係しているようですが?

________________________________

■「愚者の毒」感想


 「愚者の毒」は、時を超えた3つの舞台で構成されています。

 ひとつは1985年。場所は葉子が家政婦として働きはじめた資産家宅。
 もうひとつは2015年。場所は、富裕層が過ごす特養老人ホーム。
 そしてもうひとつは、1965年。九州の炭鉱町です。

 50年の時を旅しながら、1つの事件の真相に迫っていく様は一大スペクタクル!

 でも、仕掛けられた謎の大きさに比べると、50年が短く感じられるほど。

 「こんな大がかりな仕掛けがあるのなら、そりゃ半世紀ぐらいはいるよね~」

 とウンウンと納得しながら読みました。

 文字通り、時を忘れて読ませる小説です。

 途中、方言の多さやあまりの極悪非道ぶりに読むのを挫折しそうになりますが、そこをグッとこらえると思わぬご褒美が。

 カードがパタパタとひっくり返るように、次々と真相が明らかになり、終盤になるにつれてどんどん面白くなります。

 葉子と希美が知り合った当初の、ふとしたエピソードが伏線となっているのも見事!
 
 さらに全くノーマークだった人物が、思わぬキーパーソンであることに(あれ?ちょっとネタバレしちゃったかも)顎がはずれるほど驚きますよ。

10430054e72eaabbd4d5210c8132a2e8_s.jpg


 いや~、これは完全に油断していました。

 また、この「愚者の毒」はミステリーとしてはもちろん、社会ドラマ、人間ドラマとしても一級品です。

 出口のない貧困と絶望、「希望」という名の甘い餌でさらに絶望に追い込む悪、悪、悪。

 目を覆いたくなるような現実を、「愚者の毒」はミステリーと見事に絡めて、社会に容赦なく突き付けます。

 エンタテインメントとしても社会小説としても、十分読み応えのある小説です。

 どんでん返し好きな人、ヒューマンドラマ・社会派ドラマ好きな人、とりあえず「面白い」と思える小説を読みたい人・・・。

 「愚者の毒」は、そんな方におすすめ。
 要するに、小説にメチャクチャ飢えているという人におすすめですよ~。

詳細情報・ご購入はこちら↓
関連記事
プロフィール

アコチム

Author:アコチム
仕事・家事・育児の合間に文字を楽しむ、兼業主婦の備忘録です。
本の評価は以下のとおり(2015年10月~)
★★★★★=読むと一生幸せでいられます。
★★★★☆=読むと1年間幸せでいられます。
★★★☆☆=読むと1週間幸せでいられます。
★★☆☆☆=これ以下の本は載せません。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告