祝ノーベル賞!カズオ・イシグロ「忘れられた巨人」は、高齢化社会に読みたい一冊

評価:★★★★★

「分かち合ってきた過去を思い出せないんじゃ、夫婦の愛をどう証明したらいいの?」
(本文引用)
______________________________

 今年、カズオ・イシグロさんがノーベル文学賞を受賞されました。
 
 現在、ベストセラーランキングでもカズオ・イシグロ作品が1位からズラリ。
 そのなかでも特に売れているのが、この「忘れられた巨人」です。

 この「忘れられた巨人」ですが、ファンタジーなのに非常に現実味があり、背筋がツーッと寒くなります。

 なぜなら、高齢化社会の現実を突きつけるような物語だから。

 カズオ・イシグロさんに、そのつもりはないのかもしれません。




 でも今後、認知症など「記憶」にまつわる問題が頻発するであろう日本において、これはもはやフィクションではない。
 今すぐにでも直面する問題が、この物語には丸ごと詰め込まれている。

 そんな気すらするのです。

 さて、「忘れられた巨人」とはどんな物語なのか。
 そして、「巨人」とはいったい何なのか。
 
 物語を追ってみましょう。
_____________________________

■「忘れられた巨人」あらすじ



 老夫婦アクセルとベアトリスは、不思議な村に暮らしています。

 その村には呪いの霧がかかっており、人々は記憶を失っていきます。

 村人たちは思い出をなくしてしまうせいか、会話も少なく、静かに暮らしています。

074f5c13a0d5270fbe7e87652a47e53f_s.jpg


 アクセルとベアトリスは、自分たちの記憶も徐々に薄れていくことを感じ、旅に出ることを決意します。

 それは、とうの昔に家を出ていった息子に会う旅。

 二人は、息子を授かったことすらうろ覚えの状態となりますが、何とか記憶を取り戻そうと長旅に出ます。

 そこで二人が気づいたものとは・・・?
______________________________

■「忘れられた巨人」感想



 以前、介護に関する俳句で、こんな内容のものを見かけました。

 いくら相手を愛し、献身的に介護をしても、相手はそれを忘れてしまう。
 そもそも認識すらしていない。

 何と悲しく虚しい気持ちになることか。

 そんな俳句でした。
 
 私はこの「忘れられた巨人」を読み、その介護俳句を思い出し、涙がボロボロとこぼれました。

 そういえば、国民的アニメの主人公の声を何十年も務めた方が、認知症で、そのキャラクターを演じたことをすっかり忘れていたとか。
 その声優さんのご主人は、何よりもそれがショックだったと語っています。

 記憶とは、その人の人生を形作るものであり、その人そのものを作るもの。
 重要な記憶を失うということは、生きる意味すら失わせるものなのかもしれません。

 だからといって、記憶をなくした人が死んで良いわけでは絶対にありません。
 ただ、記憶というものはその人のアイデンティティに深く関わるもの。
 
 記憶がないと、自分が何者かがわからず、立っているのもやっとの状態になるのかもしれません。

 「忘れられた巨人」は、そんな状態を怖れた夫婦の物語。
 息子に会いに行く旅に出ながらも、そもそも息子がいたのかどうか、息子を胎内に宿したかどうかすら記憶が曖昧になっていく二人。
 そのうち、記憶をなくすと、夫婦の愛すら崩れ去るのではないかと不安を感じはじめます。

dd720760243cf970c129e617b9eb3674_s.jpg


 そんなアクセルとベアトリスの心境は、現代日本の介護問題、高齢化問題を如実に描いていると思いませんか?

 家族の絆は、思い出でつながっていると言っても過言ではありません。
 その記憶が、誰か一人でもフツッとなくなると、途端に家族のバランスは崩れ、ピッタリはまっていたピースがボロボロと離れていく・・・そんな状態になると、介護の心理的負担は倍増します。

 アクセルとベアトリスの苦しみは、まさに記憶を失うことの心理的負担の象徴。

 「忘れられた巨人」はイングランドを舞台としたファンタジーですが、日本の遠からぬ未来を暗示している気がします。

 カズオ・イシグロさんが日本人であるとかイギリス人であるとか関係なく、現代の日本人が読むべき一冊だと思います。

 ちなみに本書の帯に、角田光代さんがこんな言葉を寄せています。

「この小説は、今私たちが立つ場所にまっすぐつながっている」

 間違いなく、21世紀を生きる私たちが立つ場所に、この小説はつながっています。

 「忘れられた巨人」を読んで感じた恐怖は、今後の日本を変えていくきっかけになるかもしれません。

詳細情報・ご購入はこちら↓
関連記事
プロフィール

アコチム

Author:アコチム
仕事・家事・育児の合間に文字を楽しむ、兼業主婦の備忘録です。
本の評価は以下のとおり(2015年10月~)
★★★★★=読むと一生幸せでいられます。
★★★★☆=読むと1年間幸せでいられます。
★★★☆☆=読むと1週間幸せでいられます。
★★☆☆☆=これ以下の本は載せません。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告