梅田悟司「捨て猫に拾われた男」感想。猫の生き方を真似れば、生きるのがウンと楽になる!

評価:★★★★★

 「自分なりに力を出し切って、『自分らしさ』という爪痕を残してみな。それが、生きるということさ」
(本文引用)
______________________________

 まず、以下の動画をご覧ください。



 「こりゃいいわい!」とばかりにルンバに乗り、じっとしたまま移動する猫。

 実はこんな猫の姿には、ラクに、楽しく、それでいてしっかりと生きた証を残せる生き方が詰まっているんです。

 猫にまつわる格言は、歴史上さまざまな有名人が残していますが、この方も同様の様子。

 「『言葉にできる』は武器になる」でおなじみのクリエイター・梅田悟司さんが、猫から学んだ人生訓とは?
_________________________



■「捨て猫に拾われた男」あらすじ



 著者・梅田悟司さんは、奥様に連れられ、捨て猫の里親会に参加します。
 実は梅田さんご自身は「犬派」。

 最初はあまり乗り気ではありませんでした。

 ところが、ある一匹の黒猫を見て完全に「猫派」に鞍替え。

 黒猫は梅田家に引き取られ「大吉」と命名。

 最初は警戒していた大吉も、徐々に梅田家に慣れ、やりたい放題の限りを尽くします。

2498c1f59c77e8d97215f62bde5ba56e_s.jpg


 そんな「大吉」の姿は、梅田さんに「仕事もプライベートもうまくいく」ヒントをくれることに・・・。
________________________________

■「捨て猫に拾われた男」感想



 「捨て猫に拾われた男」は、こんな方におすすめです。

●猫を飼っている人
●猫は飼っていないけど、猫が好きな人


そして、

●他人に対してイライラしてしまう人
●周囲の評価が気になってしまう人
●人間関係に悩んでいる人
●好きな人に振り向いてほしい人
●仕事で成功したい人
●楽しかったと言える人生を送りたいと思っている人


 猫一匹の行動から、ここまで人生の悩み・望みを解決することができるんです。

 特に「知って良かった!」と思ったのは「できない、という魅力」

 大吉は犬ではないので、いくら教えても「おすわり」も「お手」もできません。

a6a0eaeceb9a34f6430318de42c77933_s.jpg


 梅田さんは、そんな「できない」大吉を見て、こんな法則を発見します。

「できる人はかっこいい」
「できない人はかっこ悪い」
そんな固定観念さえ捨て去ることができれば、もっと生きやすい人生が待っていることに気付かされたのだ。



 さらに「できない」という姿は、自分を萌え(燃え)させてくれることも発見。
 元々期待もしていませんが、実際にできないことで、「んもう~、私がいないと何にもできないんだからぁ」と愛情を倍増させることもできるんです。

 もうここまでくると、「できない」万歳! できるよりできないほうがいい!とすら言いたくなります。
 (「できない」にも限度はあるかと思いますが)

 また梅田さんは、大吉のにゃんぱらりんからも人生訓を発見。

どんなトラブルが起きようとも、
着地さえうまくいけば
ケガを防ぐことができる。
そして、次に向かうことができる。


 仕事でトラブルがあると、もう「私をいなかったことにして!」とばかりに逃げ出したくなることがありますよね。

 でもそこをグッとこらえて、ものすごーく変な体勢ででもいいから、スッと着地してみる。
 着地がまあまあ決まればいい・・・そう心に決めることができれば、とりあえず逃げ出すことなく仕事を続けることができます。

 また、にゃんぱらりんで大ケガすることなく降りることができれば、「意外と何とかなる!」と自信がつき、次の仕事に取り掛かりやすくなります。

 大吉の「途中どんなに変なカッコウになっても、床にシュタッと降りる」という姿は、失敗を恐れず仕事に前向きに取り組む力をくれます。
 そして、次の仕事に向けてスタートダッシュをする原動力にもなってくれるのです。

 まぁ猫好きの人が、猫の姿から無理やり人生哲学を引き出しているような気もしますが、読んで気持ちが楽になるのは確か。
 
 そして楽になるだけでなく、「さぁ、やるぞ!」という気にさせてくれるのも確かです。

 猫を題材にした本ってたくさんありますよね。

 それはきっと、猫の生き方や行動の仕方には、しなやかに強く、楽に生きるエッセンスが詰まっているのでしょうね。

 本書を読んで、初めてわかりました。

 猫を飼っている人にとっては、「あるある」なエピソードも満載。
 そして仕事や人生に悩む人にとっても「あー、わかる」なエピソードもたっぷり。

 一日足らずでサラッと読めますが、不思議と尾を引く一冊。
 大吉の爪痕が、心にしっかりと残ったようです。
  
詳細情報・ご購入はこちら↓

関連記事
プロフィール

アコチム

Author:アコチム
仕事・家事・育児の合間に文字を楽しむ、兼業主婦の備忘録です。
本の評価は以下のとおり(2015年10月~)
★★★★★=読むと一生幸せでいられます。
★★★★☆=読むと1年間幸せでいられます。
★★★☆☆=読むと1週間幸せでいられます。
★★☆☆☆=これ以下の本は載せません。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告