自分を嫌いなあなたへ・・・「あなた」という商品を高く売る方法(永井孝尚)

評価:★★★★★

成功する人は、他人のことを考えると同時に、自分のことも考える。
(本文引用)
______________________________

 「100円のコーラを1000円で売る方法」 「これ、いったいどうやったら売れるんですか?」などでおなじみ、永井孝尚さんの本です。
(※「これ、いったいどうやったら売れるんですか?」のレビューはこちら
 
帯に「! キャリアアップの本です」という注意書きがありますが、この「キャリアアップ」、ビジネスだけにはとどまりません。

 ずばり「人生のキャリアアップ」につながる一冊です。

 もし現在、「自分には何もできない」「私は世間の役立たず」などと落ち込んでいたら、ぜひ読んでみてください。
 ぜーったいに「自分にしかできない何か」を見つけることができます。

 たとえ見つけることはできなくても、「自分にしかできない何かがあるという紛れもない事実」に気づくことができます。

 今の仕事ややり方がうまくいかないのは、単にあなたの特質を活かせていないだけ。

 いくらよく切れる包丁でも、折り紙工作をしようと思ったら、小さいハサミのほうが使いやすいですよね。

 もしかすると今、うまくいかないのは、肉切り包丁で紙を切ろうとしているのかもしれませんよ。

 自分の実像とズレのないことをしていけば、あなたの価値ははね上がること間違いなし!

 本書はそんなことを教えてくれるので、読めば自分を好きになれますよ。
____________________________







 「『あなた』という商品を高く売る方法」では、ビジネスの成功事例を数多く紹介。

 掲載された成功事例には、特徴が2つあります。

 まず「戦わずして勝っている」こと。
 そして「戦わずして勝てるように、自分にしかないものを探したこと」です。

 たとえば長野県阿智村の、星空ナイトツアーがそのひとつ。
 観光産業が低迷し、廃村寸前だった阿智村は、星空の美しさを武器に息を吹き返します。

 美しい星空というのは、不夜城状態である現代日本でとても貴重な存在。
 阿智村は「相手が求めていて、自分しか提供できない価値」を打ち出したことで、見事に再生したのです。

 これは人間についても同じこと。

 著者の永井さんは、今は「成功者」のイメージが非常に強いですが、ここにたどり着くまでは苦難もあった様子。
 その苦難とは、「自分ならではのスタイル」を見つけるまでの苦難です。

 IBM時代にカリスマ的リーダーを目指してみたところ、メンバーの心が離れてしまったとか。
 カリスマ的リーダー、いわゆるカルロス・ゴーンスタイルで成功していた知人がおり、それを真似てみたようです。

 でも永井さんの性格には、そのスタイルは合わず。
 上に立つリーダーではなく、フラットな視線のリーダースタイルにしたところ、チームが活気を帯びたとのことです。

 物も人も、必ず生来の特性を持っており、自分にしかないものがあります。
 その「自分オリジナルのもの」に目を向けて突き詰めていけば、自分も周囲も幸せになるんですね。

c97e1380fc8b27d54f279cace209dd5b_s.jpg


 成功本って、得てして「そりゃ、あなたにはできたかもしれないけど私には無理だよ」とか「ふ~ん、才能あったんだね」とか「結局、もともと頭いいんじゃん!」なんてすねたくなるものが多いです。

 でも本書「『あなた』という商品を高く売る方法」は、ものすごく素直に受け入れることができます。
 悩んでいる人、立ち止まっている人1人ひとりに、スッと腰を落として耳を傾け自信をつけさせてくれるような・・・そんな温かさに満ちています。
 
 やはり永井さんはカリスマ的リーダーよりも、メンバーの視線に合わせて率いていくリーダースタイルが合っているんでしょうね・・・な~んて生意気にも思っちゃいました。

 誰もが必ず自分の市場価値を10倍、100倍、いえ、無限大に高めることができる!

 本書は自分を好きになりたかったら、ぜひ読むべき一冊です。
  
詳細情報・ご購入はこちら↓

関連記事
プロフィール

アコチム

Author:アコチム
仕事・家事・育児の合間に文字を楽しむ、兼業主婦の備忘録です。
本の評価は以下のとおり(2015年10月~)
★★★★★=読むと一生幸せでいられます。
★★★★☆=読むと1年間幸せでいられます。
★★★☆☆=読むと1週間幸せでいられます。
★★☆☆☆=これ以下の本は載せません。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告