「スコーレNo.4」スピンオフ掲載!宮下奈都最新刊「つぼみ」

評価:★★★★★

ずれてると思ったら、そのまま進んじゃ駄目なんだよ
(本文引用)
______________________________

 あの名作「スコーレNo.4」のスピンオフ掲載!
 麻子の妹たちや、麻子の母、麻子の父親に思いを寄せていた女性など、心かき乱す心模様が満載。
 「スコーレNo.4」を、また読みたくなること間違いなし、です。

 「スコーレNo.4」は麻子の成長物語で、麻子の苦悩や、突破口の見つけ方などが書かれていました。
 でもこの「つぼみ」を読むと、悩んでいたのは麻子だけではないことがよーくわかります。

 そして読んだ後は、思わずこう口ずさみたくなるでしょう。

 「世界に一つだけの花 一人一人違う種を持つ・・・」

 人と比べることをやめ、自分にしかない何かを見つけた時、不思議なほど世界が明るく見えてくる。

 宮下奈都の最新刊「つぼみ」は、1人ひとり違う花を咲かせることの素晴らしさを教えてくれる、とびきり爽やかな一冊です。
___________________________

 「つぼみ」には「スコーレNo.4」のスピンオフも収められていますが、その他の物語も掲載。

 内容は異なりますが、どれも言いたいことは共通しています。





 私たちは世界に一つだけの花で、その花を咲かせることだけに一生懸命になればいい、と。

 たとえば、私が思わず泣いてしまった物語「なつかしいひと」。
 母親を突然亡くした家族が、新しい土地で不安を抱えながら生活をスタートさせる物語です。

 主人公の「僕」は男子中学生。
 転校先の学校でなかなかなじめずにいます。
 そんなある日、知的で優しい女子高生に声をかけられます。

12e3343e808019bdb24557ec97036d11_s.jpg


 彼女は「僕」に本をプレゼントします。

 「僕」はそれをきっかけに重松清の本を次々と読み(こういう場面に出てくるところに、重松清さんの巨匠ぶりを感じますね)、日々の愉しみが増えていきます。

 そして意外な副産物も。

 学校のリーダー的存在の男子生徒が「僕」に近づき、読んでいる本を教えてほしいと言います。

 「僕」はリーダー的存在である彼を警戒し、しぶしぶ本を紹介。

 ところが後日、彼は「僕」に向かって「サンキュ」と笑顔を向けます。

 生徒たちに慕われている彼と打ち解けたことで、「僕」の学校生活は途端に彩を帯びます。

 さて、ところであの女子高生とはいったい誰だったのか。

 誰にも言ってないはずなのに、どうやら「僕」が母親を亡くしたことを知っている様子。

 果たして彼女は誰なのか・・・?

 この「なつかしいひと」は、心がもう本当にぬくぬく~っと温かくなります。
 母親を失い生きる力を失った家族、そこにどこからともなくやってくる救いの手、さらに主人公の心をパッと明るくした同級生の「サンキュ」。

 「僕」の生活を好転させた女子高生の正体は、わかりません。
 何となくわかるような気もしますが、読むうちに、そんなことどうでも良くなります。

 焦らず腐らず、そして周囲の人間に誠実に接しさえすれば、必ず雨がやみ夜は明ける。

 そんな希望を、「なつかしいひと」は教えてくれます。

 そしていちばん面白かったのは、再手話「ヒロミの旦那のやさおとこ」。
 これはもう、ドラマ化してほしいですね。

 陣内智則さんあたりを主役にして、「もう、こういうこと言うからモテるんだろうなぁ~」というモテオーラをバンバン発揮しながら演じていただきたいです。

 この物語は、女友達の失踪事件です。
 「やさおとこ」の旦那を置いて、突然行方をくらました女友達・ヒロミ。

 主人公の美波は、同じ女友達のみよっちゃんと一緒にヒロミを捜します。

 でもどうやら美波もみよっちゃんも「やさおとこ」がちょっと気になる様子。
 
 「やさおとこ」に心を揺らしたまま、やさおとこの妻を捜す彼女たちの心中とは?

 この「ヒロミの旦那のやさおとこ」も、やはり「世界に一つだけの花」を彷彿とさせる物語。

 ライフステージの異なる3人が、それぞれ「隣の芝生は青い」気持ちになり、ちょっとした嫉妬心を持ちながら友情を確かめていきます。

445c58938c12a5200432630398efbb62_s.jpg


 結局、自分を誰かと比較しても仕方がない。

 どんなに親しい友だちでも、私は私、人は人。

 そう思えると、友だちってずっと友だちでいられるよね・・・なーんてことを教えてくれます

 他人の人生も自分の人生も決して否定せず、尊重する。

 難しいことかもしれませんが、それが幸せになるいちばんの近道なんですよね、きっと。

 宮下奈都の最新刊「つぼみ」は、これから幸せになりたいと思っている「つぼみ」さんにオススメの一冊。

 読んだ後にはきっと、硬かったつぼみが少しだけ花開いていますよ。
  
詳細情報・ご購入はこちら↓

関連記事
プロフィール

アコチム

Author:アコチム
仕事・家事・育児の合間に文字を楽しむ、兼業主婦の備忘録です。
本の評価は以下のとおり(2015年10月~)
★★★★★=読むと一生幸せでいられます。
★★★★☆=読むと1年間幸せでいられます。
★★★☆☆=読むと1週間幸せでいられます。
★★☆☆☆=これ以下の本は載せません。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告