なぜ苦しむのはいつも女なの?そう思ったら必読!「本屋さんのダイアナ」柚木麻子

評価:★★★★★

女の人のあいだでは、相手が自分と同じ境遇にいるときは仲よくできても、相手が自分より高く飛躍すると、友情がこわれるというばあいがないではありません。
(本文引用)
______________________________

 最近、望まない妊娠をした女子中高生が、学校から排除されるケースが多いそうです。

 確かに、本人に問題があったパターンも多いかもしれません。
 でも、なぜいつも追い込まれるのは女性ばかりなのか、と胸が痛みます。
 彼女たちは深く傷つき、尋常でなく悩み、身も心も行き場のない状態です。

 妊娠は女性だけの問題ではないのに、なぜ女性ばかりが苦しまねばならないのか。

 小さな命と大きな責任を抱えたまま、今もひとりで苦しんでいる女の子がいると思うと、「苦しかったね、辛かったね」と抱きしめたくなります。



 そんな思いがふくらんだのは、この小説を読んだから。
 柚木麻子さんの代表作「本屋さんのダイアナ」。

 女の子の成長を描いた小説ですが、同時に女性ならではの苦悩を描いた小説でもあります。
 それを守ってあげられる男性の姿も、おおいに見もの。

 「なぜいつも苦しむのは、女ばかりなのか」
 「どうすれば、苦しんでいる女性を守り、助けることができるのか」

 そう一瞬でも思ったら、ぜひページを開いてほしい一冊です。
___________________________

 主人公の矢島大穴は小3の女の子。
 名前は「大穴」と書いて「ダイアナ」と読みます。

 通称「ティアラ」という母親に髪を金髪に染められ、いわゆるDQNのような目で見られます。

 でもダイアナは本が大好きな、とても聡明な女の子。
 そんなダイアナの魅力に、同じクラスの彩子は気づきます。

 彩子は、ダイアナとは正反対の家庭で育つお嬢様。
 彩子の母親は上品で教育熱心な、ご近所主婦の憧れの存在。

 当然、彩子の母親は、彩子がダイアナと親しくするのを嫌がります。
 
 しかしダイアナの思慮深さに触れるうち、彩子の両親は次第に、彩子とダイアナの友情を温かく見守るようになります。

 でも友情は、長くは続きません。

 彩子は名門女子中学に進学。
 徐々に、ダイアナと綾子の住む世界は違っていきます。

 そして抱える悩み、苦しみも、小学生の頃とは比べ物にならないほど大きくなります。

 彩子とダイアナが、一人の女性として選ぶ道は?
_____________________________

 この物語のキーワードは、女の子としての「呪縛」です。

 女の子はこうでなくてはならない、辛い局面に遭っても取り乱してはいけない、男性から浴びせられる罵詈雑言に耐えなければならない、男性の言うことに頷かなければいけない・・・。

 そんな呪いが、ダイアナと綾子・・・特に彩子を縛りつづけます。

 その呪縛が解けないかぎり、女性はますます窮地に追い込まれることに。

958c0401ef03b0f5c7958f0cffd42c4b_s.jpg

 
 特に「性」にまつわる問題で、その呪縛は爆発。

 大学で人としての尊厳を踏みにじられた彩子が、呪縛に苦しめられ変貌していく様は、直視できないほど辛いものです。

 終盤に向けて、彩子の人生に徐々に光が射していきますが、「呪縛」で奪われたものはあまりにも大きいもの。
 
 今現在、心も体もズタズタにされながらも「女の子はこうであらねば」と自分をごまかし、苦しんでいる人がどれほど多くいることかと涙がこぼれました。

 女性としての呪縛から、苦しみを閉じ込めてしまっている人、悩みを吐き出せずにいる人は、ぜひ本書を読んでみてください。
 
 小さな、だけど大きな一歩を踏み出せるかもしれませんよ。
  
詳細情報・ご購入はこちら↓

関連記事
プロフィール

アコチム

Author:アコチム
仕事・家事・育児の合間に文字を楽しむ、兼業主婦の備忘録です。
本の評価は以下のとおり(2015年10月~)
★★★★★=読むと一生幸せでいられます。
★★★★☆=読むと1年間幸せでいられます。
★★★☆☆=読むと1週間幸せでいられます。
★★☆☆☆=これ以下の本は載せません。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告