なぜ原田マハさんの「生きるぼくら」を読むと「生きる力」がわいてくるのか。

評価:★★★★★

  「自分の力」を信じて、とことんつき合ってあげなさい。――自分自身に。
(本文引用)
______________________________

 「小説が「生きる力」をくれることって、本当にあるんだな」――原田マハ著「生きるぼくら」を読むと、改めて「小説の力」の偉大さにひれ伏したくなります。

 生きる力を失っている時というのは、自分の人生を否定している時。

 たとえば自分の人生を誰かと比較して、自分の人生を卑下してしまう。自分の人生の悪い点ばかり目に行ってしまう。
 
 そうなると人生を放棄したくなり、生きるパワーがなくなってしまいます。

 でも「生きるぼくら」を読むと、「自分の人生は、実は幸せなところがたくさんある。生ききる価値がある」と心から思えます。




 自分の人生の足りないところにばかり目を向けて、嘆くのではなく、自分の人生は本当はこんなに満ち足りていると考える。
 「生きるぼくら」は、そのように方向転換ができる小説です。

 小説というのは、時として本当に生き方を変えてくれるんですね。
_____________________________

「生きるぼくら」あらすじ



 主人公の麻生人生は24歳。
 高校時代に苛烈ないじめを受けて生きる気力を失い、ずっと自室に引きこもっています。

 人生の両親は離婚しているため、母親が懸命に働き人生を養いますが、ある日、母親が失踪。
 母親は人生に年賀状の束を残し、その中から自分を助けてくれる人を探すよう書き置きます。

 人生は途方にくれますが、一通だけ自分を助けてくれそうな年賀状を発見します。

 差出人は父方の祖母。

 年賀状によると、祖母は余命いくばくもない様子です。

 人生は少ない所持金で、何とか祖母のもとへ。

ea4a292a2c0fc0f6d067b10ddd39f63b_s.jpg


 人生はそこで米作りを始めるのですが、祖母の様子がおかしくなり・・・?
________________________________

「生きるぼくら」感想



 「生きるぼくら」の素晴らしさは、登場人物全員がみごとに成長する点です。

 どのように成長したかというと、自分の人生を絶対評価し、肯定できるようになるんです。

 「生きるぼくら」には、心に大きな闇を抱える若者が何人か登場します。
 そんな彼らの共通点は「自分の人生を否定しつづけてしまっている」ことです。

 他人による評価に目を奪われ、自分の人生を価値のないものとしてしまう。
 自分のありのままの人生を認めることができず、見当違いな就職活動をしては、ますます自信を失っていく。

 本当は長所がたくさんあるはずなのに、彼らはそこから目を逸らし、自分をどんどん追い詰めてしまいます。

 そんな彼らが、お米作りを通して「自分の底力」「自分の人生の長所」に気づきはじめるのですが、そのプロセスが実に爽やか。

821fc8071138b9ce65c34ce2f1c5d091_s.jpg


 あれほど自分にも他人にも後ろ向きだった主人公が、己の人生を愛せるようになると、他人の存在や他人の人生をも愛せるようになるんです。

 他人を愛するためには、まず自分を愛することが必要とは聞きますが、本当にそうなんだなーと改めて思いました。

 最近、マウンティングなどといった言葉をよく聞きますが、1人ひとりが「自分の人生を愛すること」を心がければマウンティングなんで起こらないはず。
 また、たとえマウンティングされても気にならないはず。

 自分の人生の長所を見つけることができれば、生きるのが楽しくなる、生きる力がわいてくるのは当然なんですね。

 「生きるぼくら」を読んでいたら、今までいかに自分が「自分の人生の短所」ばかりに目を向けて、イライラモヤモヤしていたかがわかりました。

 読み終えた今は、気分爽快。

 自分の人生の良いところを1つひとつ数えては、「私の人生、こんなに素敵なところがあるじゃない」と思えるようになりました。これは結構革命的かも。

 もしも今、「何だか力がわかないな~」と感じていたり、「私なんてあの人に比べたら・・・」とドンヨリしたりしていたら、騙されたと思って「生きるぼくら」を読んでみてください。

 「私、結構いい人生じゃん!」と思えて、体の奥から生きる力がわいてきますよ。

詳細情報・ご購入はこちら↓

関連記事
プロフィール

アコチム

Author:アコチム
仕事・家事・育児の合間に文字を楽しむ、兼業主婦の備忘録です。
本の評価は以下のとおり(2015年10月~)
★★★★★=読むと一生幸せでいられます。
★★★★☆=読むと1年間幸せでいられます。
★★★☆☆=読むと1週間幸せでいられます。
★★☆☆☆=これ以下の本は載せません。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告