ユーチューバーになりたい人必読!?「時間をかけずに成功する人 コツコツやっても伸びない人」感想

評価:★★★★★

「赤ちゃんの命を救うのに、そもそも安いガラスケースなんて必要なのかと自問自答しました」
(本文引用)
______________________________

 小学生に「将来なりたい職業」を聞いたところ、「ユーチューバー」が上位にランクインしたそうです。

 最初にそのニュースを聞いた時には、「ええっ!?」と驚きましたが、この本を読んだら考えは一転。

 「夢はユーチューバー、いいじゃない!」
 「ユーチューバーも立派な仕事!」

 そう思えてきました。

 そして同時に、こんなことも。

 「はっきり言って、ジョン・F・ケネディかスティーブ・ジョブズなみの才覚が必要だけどいいの?」



 ユーチューバーとして生活を支えるということは、本書の言う「スマートカット=賢い近道」をほぼ完ぺきにこなすこと。
 ユーチューバーやブロガー、アフィリエイターとして成功するためには「コツコツやっても伸びない人」であっては絶望的。
 「時間をかけずに成功する人」であること、「時間をかけずに成功する人」になることが不可欠なのです。

 では、そのような「時間をかけずに成功する人」になる法則とは何でしょうか?
 今回ご紹介する本「時間をかけずに成功する人 コツコツやっても伸びない人」は、最速で成功する「9つの鉄則」を紹介。

 これを読めばユーチューバーどころか、最年少の総理大臣になるのも夢じゃない!?
____________________________

 本書ではまず、時間をかけずに大成功を収めた事例や人物を多数紹介していきます。

 たとえばヤフー創業者は4年で資産10億ドルを手にし、eBayは3年、グルーポン創始者は2年で巨万の富を築き上げます。

c410a78abd0312a0f4f874d8d0b945fc_s.jpg


 そして米国の大統領の多くは、上院議員の平均年齢よりも若く、ハイスピードで頂点に登っていることが判明。

 本書を読むと、大きな成功を収める人は、下積み時代などほとんどないことがよくわかります。
 たいてい、一気にトップに躍り出ているんですね。

 そのデータをもとに、著者はこう主張します。

“下積み主義”を捨てて、真の成果主義に軸足を移すことになるのだから、悪い話ではない。だが、そこで成功するには、これまで以上にハッカー流の発想と起業家型の行動力が求められる。単にがむしゃらに働くのではなく、賢くスマートに働く必要があるのだ。

 そう、本書のキーワードは「スマートカット」。
 ショートカットではなくスマートカットであることがポイントです。

 ショートカットは、怠惰や詐欺など、誰も幸せにならない誤った方法でとりあえず結果を得ようとすること。
 一方のスマートカットは、無駄なものを排除し、本当に必要なものに選択集中して早く成果を出すこと。作り手側も受け手側も笑顔になれる方法です。

 では、スマートカットができる人間になるためには、どんな思考や行動をとることが必要か。

 著者はまず、こんな問いを出題します。 

あなたは激しい雷雨の中を運転している。前方に道端を歩いている3人が目に入った。1人目は、足下もおぼつかないおばあちゃん。よろよろと歩いている。2人目は、以前に自分を助けてくれた友人だ。3人目は、まさしく自分の伴侶にぴったりの異性。おそらくこんな出逢いは一生に一度しかないと思えるような絶世の美女、あるいは素敵な男性だ。だが、あいにくあなたの車には、あと1人しか乗れない。
 さて、誰を乗せようか。

 この問いは、「誰を車に乗せれば最速で最良の結果を得ることができるか」を聞いています。
 1人ひとりを家に送り届けてから、また現場に戻って・・・などという時間のかかる方法ではNG。
 とにかく速く最高の結果を出すことが、ここでは求められます。

 さて、あなたならどうしますか?

4c524471b24117357cef8a0cbd162478_s.jpg


 この問いを通してスマートカットに一歩踏み出したら、いよいよ本編へ。

 スマートカットの思考法でミスを激減させた病院、アクセス回数を倍増させたユーチューバー、多くの乳児の命を救った人物などが続々と登場します。

 彼らは皆、「雷雨のなか車を運転していた人物」の立場にいました。いえ、今でもその立場にいます。
 そこでずぶ濡れになっている人々を見て、彼らはどんな行動をとったか。

 その行動はまさに、世の中のニーズを一発ですくい上げたものばかり。

 なかでも未熟児・低体重児の命を救ったジェーン・チェン氏のサクセスストーリーには、思わず目頭が熱くなりました。

 旧習にとらわれず、既成概念を打ち破り、本当に必要なことに焦点をしぼる。

 そうしてスマートカットの手法を会得することが、どれほど世の中を幸せにするか。

 チェン氏の取り組みを読み、「時間をかけずに成功する」ことの素晴らしさに気づきました。

 得てして、コツコツ下積み生活を送っているほうが美談として語られがちです。
 でも実は、それは世の中に求められることをしていないということ。

 物事の問題点をあらゆる角度から見つめ、本質をつかみ、シンプルかつスピーディーに解決していく。

 それは本人だけでなく、世の中全体に富をもたらすものなのです。

 冒頭に書いたとおり、本書ではユーチューバーのスマートカットについても、じっくりと紹介。

 もしお子さんの夢がユーチューバーなら、ぜひ本書をお手に取ってみてください(αブロガー、アフィリエイターなどでも同様)。

 あなたのお子さんが、アッと言う間に時代に寵児になるかもしれませんよ。

詳細情報・ご購入はこちら↓

関連記事
プロフィール

アコチム

Author:アコチム
反抗期真っ最中の子をもつ、40代主婦の読書録。
「読んで良かった!」と思える本のみ紹介。
つまらなかった本は載せていないので、安心してお読みください。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告