広瀬すず主演「チア☆ダン」が面白かったので「チア男子!!」も読んでみました。

評価:★★★★★

「男子が力でやってしまうことを、女子は努力で成功させる。それはつまり、男子が力に頼らないで努力を重ね続けたら、女子よりも美しいチアができるかもしれないってこと」
(本文引用)
______________________________

 先日、映画「チア☆ダン」を観ました。

 チアダンスの素人だった女子高生が、3年で全米制覇するという夢のような物語ですが、どうやら実話みたいですね。

 主演の広瀬すずさんはもちろん、中条あやみさん(可愛い方ですね~)や真剣佑くん、そして顧問の先生役の天海祐希さん等々みなさんとても魅力的で、全く飽きることなく最後まで楽しめました。

 でも、いちばんハマっていたのは広瀬すずちゃんの父親役のTKO・木下さんかも。
 これは映画を観ていただければ、必ず納得できると思います。ぜひご覧になってみてください。

 さてここで本題。

 「チア☆ダン」が非常に面白かったため、勢いで「チア男子!!」を買ってしまいました。 (※チアダンスとチアリーディングは若干異なりますが、そこはご容赦くださいませ。)
 朝井リョウさんの小説なので、嫌な気分になることはないだろうと思い読みましたが、やっぱり読んで良かった!

 ストレートで、ちょっとしたヒネリがあって、でも最終的には涙が出てしまう気分爽快な青春小説です。

 これから進級・進学など新たな出会いがある方にお薦めしたい一冊です。





__________________________

 舞台は、とある私立大学。
 1年生の晴希は、幼い頃から続けてきた柔道に挫折。それを聞き、幼なじみの一馬も部活を辞めてしまいます。

 そして一馬は、晴希にこう語りかけます。 

「俺は、ハルと新しいことを始める」

 かくして、晴希と一馬は男子だけのチアリーディングチームを作ることに。 

「【誰かを応援することが、主役になる】」


 その言葉を胸に、男子チアリーディングチーム「BREAKERS」は船出をするのですが・・・?


↑早稲田大学・男子チアリーディングチーム「SHOCKERS」の演技です。
SHOCKERSの方々は、この小説の制作に大きく貢献されたそうです。
う~ん、すごい!ですね。

__________________________

 はっきり言って、かなりベタな感じのストーリーです。

 もう出てくるキャラクターが、いきなり「大金持ち・肥満・関西弁」という三種の神器が勢ぞろい。いわゆる「キャラの立った人」の特徴が全てそろっています。

 そして期待を裏切らない青春まっしぐらなストーリー展開というのも、ベタベタです。

 でも、最近思うんです。
 結局、ミステリーでも恋愛ものでも青春ものでも、ストレートなものが一番ホッとするんじゃないかって。

 確かに、思いもよらない展開の小説は面白いです。ネタバレ禁止の物語は、「私だけがこの秘密を知っている」と陰でフフフと笑えるような読書の楽しさがあります。

 でも、この「チア男子」のような小説を読むと、何というか、「結局ここに戻ってくる」といった感情が沸き起こるんです。

 いろんなカフェをめぐってきたけど、やっぱりいつもの喫茶店に通うようになってしまうような。やっぱり実家のご飯がいちばんおいしいと思うような。
 そんな「ここに戻ってきてしまう」ような味わいが、この「チア男子!!」にはあります。

 イヤミスや超社会派小説などで心をかき乱されたら、ぜひこの「チア男子!!」を。

 スイスイと読める文体と、ふと寂しさを感じさせるセリフ、そして青空にスコーンと抜けるようなストーリー展開に、心がストンと落ち着きますよ。

 朝井リョウさんの青春小説は、やっぱり良い!
 飛びあがりながら、そう叫びたくなるような一冊でした。

詳細情報・ご購入はこちら↓


漫画やDVDもありますよ。↓
 

関連記事
プロフィール

アコチム

Author:アコチム
反抗期真っ最中の子をもつ、40代主婦の読書録。
「読んで良かった!」と思える本のみ紹介。
つまらなかった本は載せていないので、安心してお読みください。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告