究極の中学受験ドキュメンタリー!「下剋上受験」は文句なしに面白い一冊。

評価:★★★★★

 こんな知識しかない父親だから、娘に教えてやれることなんてない。唯一あるとすれば、「ここにいてはいけない。人生は変えられない」と心から叫んでやれる程度なのだ。
(本文引用)
______________________________

 本書の作者・桜信一氏は中卒である。そして作者の妻も中卒、作者のご両親も中卒、すなわち「純血の中卒」であると、作者は言う。
 しかし、この本に感化、影響された東大卒は少なくないはずだ。

 私の身近な例を挙げよう。(※全て実話です)

 東大卒のわが夫は「下剋上受験」を読み「僕は子どもにこれほどのことをしてやれるだろうか」とつぶやき、翌日、子どもの勉強を熱心にみていた。
 東大卒の実兄は、ドラマ「下剋上受験」を熱心に観ていたらしい。
 現在、子どもを桜蔭に通わせている従兄(東大卒の弁護士)にも、今度聞いてみるつもりだ。たぶん本かドラマ、どちらかは観賞していたはずだ。



 本書を読む限り、作者は東大卒を眩しい瞳で見ているようだが、今やその逆転現象が起きている。

赤門下剋上



 下剋上受験にぶつけられている娘への愛、作者のウイットとユーモアに富んだ筆致、そして素直で品のある人柄は、世に言うエリート層を魅了しまくっている。

 桜井氏はお嬢さんを下剋上させるつもりかもしれないが、先に桜井信一氏自身が見事に下剋上を果たしているのだ。
____________________________

 作者・桜井信一のコンプレックスは中卒であることだ。
 彼は自身について、こう語る。 

「団地の自転車置き場に長く放置されている古い自転車のような中年」

 とりたてて取り柄もなく、誰にも気に留められず、得意分野を生かして何か活躍をしたという経験もない。
 だけど今さら、人生は変えられない。ならばせめて娘にだけは、そんな人生を歩ませたくない。
 
 作者は真剣に、そう思いはじめる。

 そこでまず考えたのが、中学受験で名門校に行くこと。しかも東京大学に多く入っている中学がいい。ならば何といっても女子最高峰の桜蔭学園だ。

 目的が定まったら、あとは前進あるのみ。
 果たして、桜蔭の門をくぐることはできるのか?

 父娘二人三脚による受験戦争の火蓋が今、切って落とされた。

下剋上桜


________________________________

 「下剋上受験」は一言でいって、とにかく面白い。
 「笑い」という意味でも「読む価値がある」という意味でも、文句なしに「面白い」と思える本だ。

 たとえば「笑い」なら、親の職業を聞かれた際の作戦がいい。
 桜井氏は受験の保護者面接で「もし親の職業を聞かれたらどうしよう」と気を揉む。
 そしてさんざん悩んだ挙句、こう考える。 

総務省統計局のホームページに記載されている「日本標準職業分類」の「大分類」を答え、もし突っ込まれたら「中分類」を答えるという作戦でいくことにしよう。

 このくだりには思わずコーヒーを吹いた。
 他にもブハッと笑える部分はたくさんあるのだが、私は特にこの部分が好きだ。
 一瞬、目が点になるような思いつきだが、言われてみれば確かにそうだと膝を打つ。

 作者は、中学受験で窮地に陥るたびに様々なアイデアをひねり出すのだが、どれも機知に富んだものばかり。
 一見ぶっ飛んでいるように見えて、冷静に本質を突いている。
 よって、笑うと同時に思わずうなってしまうのだ。

 この作者、「取り柄がない」なんてとんでもない。ただものではない。恐ろしいほど頭の良い人だ。

 作者はしばしば、「なぜこんなにいい子が自分のところに生まれてきたのか」「大きなお屋敷の子に生まれさせてあげたかった」と嘆く。

 「下剋上受験」を読んだ印象では、確かにお嬢さんは性格も良く頭脳も優秀なようだ。
 しかしこの本の文章を読む限り、こんな作者のもとに生まれてきたから、素晴らしいお嬢さんに育っている。
 そう思わずにはいられない。

勉強下剋上


 確かに学歴ははっきり言って低い。
 だが、作者の実直で愛嬌あふれる人柄や本質をつかみ課題を確実に克服していく頭の良さは、しっかりとお嬢さんに受け継がれているように思う。
 作者は「負のスパイラルを断ち切りたい」と必死になるが、順調に「正のスパイラル」は続いているのだ。

 また、受験を通して得た作者の「気づき」にも、ハッとさせられる。

 東大に何十人も入るような学校は、いったいどんな人材を求めているのか。
 作者は桜蔭の過去問から、その答えを自ら導き出していく。

 本書の素晴らしいところは、受験を通して長い将来を見据えている点だ。
 いわゆるエリート校というのは、生徒たちにどのような人生を想定し、どのような技能を身につけてほしいのか。そして子どものどこを見れば、その素質を見破ることができるのか。
 「下剋上受験」には、そのメカニズムが明確に書かれているのだ。

 よってこの本は、中学受験に限らず、大学受験や就職活動にも当てはめることができる。
 応募者から、ふさわしい人材を選ぶとはどういうことか。つまり「人間の選考」全体について語っているのだ。

 「下剋上受験」は、現在お子さんの中学受験を考えておられる方は、とりあえず必読。
 さらにいえば、今現在何らかの「選考」を待っている人にとっても、おおいに価値のある一冊といえるだろう。

※ちなみに私が幼い頃に通っていたバレエ教室に、先生に目をかけられている女の子がいた。
 その子はその後、桜蔭に入った。

 やっぱり大人の目から見て、賢かったんだろうなぁ・・・。そりゃあ、先生から一目置かれるはずだよ・・・。
 
 本書を読みながら、そんな懐かしい思いに浸ってしまった。


詳細情報・ご購入はこちら↓
関連記事
プロフィール

アコチム

Author:アコチム
反抗期真っ最中の子をもつ、40代主婦の読書録。
「読んで良かった!」と思える本のみ紹介。
つまらなかった本は載せていないので、安心してお読みください。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告