路線バスの旅が好きな方は必読!西村健「バスを待つ男」

評価:★★★★★

 「行き当たりばったりにバスに飛び乗っているようでやっぱり、どこかに目的があるのですね」
(本文引用)
______________________________

 日常に潜むちょっとしたミステリー。最近は、そういう物語に心惹かれる。年をとってきたせいだろうか。

 西村健の代表作といえば「地の底のヤマ」だが、それが非常に骨太で読み応えのある小説だったので、この新刊も読んでみた。

 そして改めて思う。
 西村健という作家は、何て人を見る目、世の中を見る瞳が温かいのだろう、と。

 常に自分より弱い立場にある者に目を向け、労り、感謝や見返りを乞うことなくその場から立ち去る。

 そんなとびきりの温かさと、人間の「粋」というものが、西村健の小説にはある。
 本書は、それを確信させてくれた一冊だ。






●あらすじ


 主人公は、元刑事の男性。定年退職をしてから特にすることもなく、暇を持て余している。
 対して妻のほうは自宅で料理教室を開き、趣味の読書にも興じており、生き生きとした様子。

 そんな日々のなか、男性はシルバーパスを使い、あてもなく路線バスに乗るという趣味を見つける。
 
 しかしそこには、小さな謎がたくさん転がっていた。
 いつも同じ時間にバスを待つ男性、学校に行くふりをしているらしい中学生、神社の狐にかけられた謎の前掛け・・・。

 時には元刑事らしく、事件のあった場所で悔しい思いが蘇ることも。

 路線バスの旅のなかで出会う様々な謎に、男性と妻が挑む。



●「バスを待つ男」のここが面白い!


 本書は短編集で、物語としてはそれぞれ独立している。
 しかしたびたび登場するキャラクターなどもいるので、連作短編集や群像劇ともいえるだろう。

 結局、非常に多くのキャラクターが登場することになるのだが、誰も彼もが人情味あふれる人物ばかりでとにかく心が温まる。
そして皆が良い人すぎて、ちょっと互いに疲れてしまう時も。そんな贅沢な煩わしさまできっちりと描かれている点が、またいい。

 特に、主人公の男性と妻の労わりあいが心地よい。
 妻は頭が良く、趣味も広く、料理が上手で品もある。そして常に夫をたてるという百点満点の女性だ。

 しかし妻が完璧すぎて、時に男性は気疲れをしてしまう。
家事に生きがいと誇りを持っている妻の前で、家電量販店でロボット掃除機を見てきたことなどとても言えない。
 いつも凝った料理を出してくれる妻の前で、居酒屋で油揚げをあぶっただけのものを「うまい、うまい」と食べてきたことなどとても言えない。

 そんな夫婦の姿が、事件の謎解きを通してリアルに描かれているのが実に微笑ましい。
 「人の心というものは、見えない謎だらけなのだな・・・」
 本書を読んでいると、そんなことを思いながらクスリと笑ってしまう。

 そして、そんな夫婦の気遣いがミステリーに見事に絡められている点も見事!
 なかでも第三章の「うそと裏切り」がいい。
 
 バス路線の旅をしている途中、男性は一人の男子中学生を見かける。
 彼は名門私立中学に通っているようだが、どうやら不登校の様子。早晩、両親にもその事実がバレるであろう。

 それを不憫に思った男性は、中学生に声をかける。
 不登校の原因は、どうやら学校内のいじめにあるらしい。しかも、今まで信じていた親友までもが、いじめに加担していたという。
 
 男性は何とか彼を救いたいと思うが、そこには思わぬ勘違いが潜んでいて・・・?

 この物語は内容自体も面白いのが、ラストが秀逸。
夫婦も、中学生と同様の勘違いで要らぬ気苦労をしていたことがわかり、めでたしめでたし。

人の心は、何気ないことで簡単に曇ってしまう。
そんなことにギクリとさせられながらも、思わず頬がゆるむ一話だ。

  

●まとめ


 北村薫作品など、優しいミステリーが好きな方には心からお薦めの一冊。
 そして、人と人とのつながりが、また別のつながりを生む群像劇が好きな方も、非常に楽しめるだろう。
 そうそう、落語など日本古来の演芸が好きな方にも薦めたい。
 もちろん、太川陽介と蛭子能収の「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」のファンの方も!

 ミステリーは好きなのだが、人間不信に陥るような物語は食傷気味。
 謎解きはしっかりとありつつも、その謎で心を温かく溶かしたい。ミステリーでドキドキするのではなく、ホッと一息つきたい。
 「バスを待つ男」は、そんな方にぜひ読んでいただきたい物語だ。

 そして読んだ後は、大切な人の心の謎に、少しだけ迫ってみてほしい。
 目を凝らしてみると、思いがけない労りや愛が隠れているかもしれない。

 ミステリーは、人を疑う気持ちから始まるお話だ。
 しかし「バスを待つ男」は、人を信じる気持ちから始まり、人を信じる気持ちで終わるミステリー。
読んだ後は必ず、愛する人をより深く愛せるようになるだろう。 
 

詳細情報・ご購入はこちら↓

関連記事
プロフィール

アコチム

Author:アコチム
反抗期真っ最中の子をもつ、40代主婦の読書録。
「読んで良かった!」と思える本のみ紹介。
つまらなかった本は載せていないので、安心してお読みください。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告