本物の英語力  鳥飼玖美子

評価:★★★★★

 「自律した学習者」として、常に新たな出会いを求め、自らの進む道を切り拓くことが、英語学習です。
(本文引用)
_______________________________

 「本物の英語力」というよりも、「本物の、生きていく力」という印象を受けた。

 本書には、確かに英語の習得法が書かれている。語彙を増やすために多読・精読を勧め、文法学習の重要性を説き、映画で英語を学ぶ方法についても詳しく書かれている。

 しかし、その全ては、単なる英語力向上のためではない。TOEFLやTOEICの点数を上げるためのものではない。
 本書に書かれている英語学習法は、これからの時代を生き抜く力を向上させるための思考法・勉強法なのである。

_______________________




 著者・鳥飼玖美子氏は、まず現代社会には「英語格差」というものがあると語る。

 英語の出来不出来により格差があることなど、あってはならないことだ。しかし現に、英語ができたほうが便利で、何かと役に立つことは明白だ。ならば、皆が英語力をつけ格差を縮小させればよいと、著者はいう。
 
 その思いから書かれた英語学習法が本書なわけだが、読めばすぐに、その思いの深さ、真摯さがわかる。学習法や学習ポイントが、どれも「英語を使ってコミュニケーションをとるうえで、真に大切なこと」に焦点を当てて書かれているのだ。

 たとえば、著者はまず発音の大切さを主張する。テストの点数アップのために英語を勉強していると、ついおろそかになりがちな発音だが、鳥飼氏はそれを見透かすかのように「発音の重要性」を力説する。

 かといって、ネイティブスピーカーのような流ちょうな英語をかっこよく話せと言っているわけではない。世界で活躍する日本人の例を挙げ、発音の基本を押さえることがいかに重要か、最低限の発音を身につけることで、どれだけコミュニケーションがスムーズになるかを説いていく。

 他、文法学習の項も同様だ。文法の勉強は確かに面倒で、しかも勉強したところで例外が否応なく発生する。よって、文法を嫌う人は今も昔も非常に多い。
 しかし著者曰く、文法を知らないと「教養がない」「教育程度が低い」と誤解されがちで、丁寧な英語も話せず、夢を語ることもできないという。

 そして、そこからさらに読み進めていくと、文法を学ぶことは、語学を学ぶことの本当の意義につながることがわかる。

 それは、異文化理解だ。

 語学の法則とは、すなわちその言語・文化を表しており、文法を学ぶことは異文化理解につながると著者は語る。

 このように、本書に書かれている英語学習のポイントは、「グローバル時代に、他者を理解し、スムーズにコミュニケーションをとるにはどうすればよいか」を主眼としたものだ。
 よって、中には「もっと具体的な英語勉強法を知りたかったのに、当てが外れた」とか「とにかく英語の点数を上げたいのに、参考にならなかった」という人もいるかもしれない。

 しかし私は、本書は非常に誠実な良書だと思う。また、このような本が、英語学習へのモチベーションを真に上げてくれるのではないかとも思う。

 「英語を学ぶ」とは、この社会をより楽しく快適に生きるために欠かせないものであり、この社会で生きていく己の人生を、より充実させてくれるもの――すなわち「本物の英語力」とは「本物の、生きる力」――本書は、そんなことを教えてくれているのである。

詳細情報・ご購入はこちら↓

関連記事
プロフィール

アコチム

Author:アコチム
反抗期真っ最中の子をもつ、40代主婦の読書録。
「読んで良かった!」と思える本のみ紹介。
つまらなかった本は載せていないので、安心してお読みください。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告