がん哲学外来へようこそ  樋野興夫

評価:★★★★★

 「息子さんには、死ぬという大事な仕事が残っているんですよ」
(本文引用)
_________________________________

 本書を読まなくて良い人を強いて挙げるとすれば、永遠に死なない人だけだろう。

 たとえ今は健康でも、自分は必ずいつか死ぬ。それを知っている人ならば、読んで決して損のない一冊。
 誰もが避けられない「生きることと死ぬこと」に対する考え方がガラリと変わり、「生きること」はもちろん「死ぬこと」までも輝いて見えることだろう。
_____________________

 著者の樋野興夫氏は、現在順天堂大学医学部附属順天堂医院で「がん哲学外来」というものを開いている。
 料金は無料。がん患者本人や、その家族たちの悩みを個人面談で聴いたり、相談者同士で対話をしたりする場である。




 「がん哲学外来」のドアを叩くと、最初は暗い表情をしていたがん患者や家族が次々と笑顔になるというが、それは樋野氏のこの持論によるものである。 

「病気」であっても「病人」ではない。

 がんは確かに恐ろしい病気だ。樋野氏自身も医師として、がん患者のショックと不安と混乱は熟知している。
 そしてそのうえで、樋野氏は「がんに日常を乗っ取られてはいけない」「生活の中における、がんの優先順位を下げる」ことを主張する。

 これは決して、「がんを治療するな」などと言っているわけではない。
 むしろその逆で、がんを心配することに心を支配されると、高額な民間療法に走るなど、がん治療の本質を見誤ることになる。「がんに心を支配されること」が治療の邪魔をしてしまうこともあるのだ。
 個人差の激しい「がん」という病気を適切に治療していくためには、逆説的なようだが「がんに生活を乗っ取られない」ことが非常に重要なのである。

 樋野氏は、その主張をもとに主治医や治療法との向き合い方を丁寧に解説。そしてそこから、具体例を通して「素晴らしい人生とは何か」を語っていく。

 この考え方は、現在がんにかかっているわけではない人にも、非常に有効なものではないだろうか。
 誰にでも、常に頭の片隅に張り付いている心配事というものはある。気がつけば、それに日常を支配され振り回されてしまっている、ということもあるだろう。

 しかしそこで、その心配事の優先順位を敢えて下げてみる。苦しくても、歯を食いしばって下げてみる。
 そうすると、自分の人生を一気に俯瞰することができ、豊かな生き方、引いては豊かな死に方まで穏やかに思いを馳せることができるのだ。

 一見、その悩みを解決する方法を東奔西走して見つけ出し解決すれば、素晴らしい人生になるような気がしてしまうが、人生はそんなに一辺倒で薄っぺらいものではない。
 長くても短くても、自分にしかない自分だけの「生き切った豊潤な人生」というものがある。「がん哲学外来」の活動は、そんなことを教えてくれるのだ。

 訪れたがん患者や家族が明るい表情を取り戻していくという、がん哲学外来。
 そこは、がん患者に限らず“生命ある者”みなを笑顔にする、人生そのもののクリニックなのである。

詳細情報・ご購入はこちら↓

関連記事
プロフィール

アコチム

Author:アコチム
反抗期真っ最中の子をもつ、40代主婦の読書録。
「読んで良かった!」と思える本のみ紹介。
つまらなかった本は載せていないので、安心してお読みください。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告