算数・数学が得意になる本  芳沢光雄

評価:★★★★★

 検算をしっかり行って自分の解答に自信をもてる子どもは、あまり周囲の大人の表情をうかがうことをしません。
(本文引用)
________________________________

 ずいぶん前に買ったのだが、子どもが小3になり、いよいよ算数も本格化してきたのでちゃんと読んでみた。

 読み終えてまず思ったことは、「今、読んで良かった!」だ。
 
 たとえば「分数で割る」とはどういう意味なのか。小数点の掛け算・割り算では、なぜ小数点がずれるのか。なぜマイナスかけるマイナスはプラスになるのかetc.そのような算数の「なぜ?」が、非常に丁寧に根本の根本から解説されているからだ。

 私は算数・数学はかなり得意だったのだが、それでも本書を読むと、自分がいかに表面的な勉強しかしてこなかったかがよくわかる。この本を読んでいれば、もっともっと算数・数学を楽しむことができたであろう。



 なお、小学校高学年や中学生でも、本書を読むのは決して遅くない。証明や図形、確率等も網羅されており、各項についてじっくりと考え方や勉強法が載っているので、きっと「今読んで良かった!」と思えることだろう。
______________________

 本書のキーワードは、まず「つまずき」だ。
 小学校算数・中学校数学・高校数学の「つまずきやすいポイント」について、「つまずきの原因」と「つまずかないコツ」を徹底的に究明・解説していく。
 挙げられている「つまずきポイント」は、どれも本当に「あるある」と言いたくなるものばかり。算数・数学が得意な人も不得意な人も「そういえばこれ、ちょっと苦手だったなー」「これで数学が嫌いになった」などとほろ苦い思い出が残るような単元だ。

 著者の芳沢氏は、その克服法としてまず「作文で解く」ことを挙げる。
 たとえば、多くの人が苦手とする「仕事算」。「Aさんだけで行なうと●日間かかり、Bさんだけで行なうと△日間かかる仕事があります。AさんとBさんで一緒に行なうと何日かかるでしょう」といったものだ。
 これも、ただ解き方を覚えているだけだと、その瞬間は解けても、別の機会で出題されると途端にわからなくなる。そして、つまずく。
 それをきちんと「作文」にして解くと、いつ何時出題されても間違うことはない。解答プロセスを自分の文章にして解くことで、根本から理解することができるからだ。

 本書では、随所随所で「作文で解く」ことの効用を説く。こうすれば、「公式が覚えられないから解けない」=「つまずく」などという事態は起こらないのだ。

 また、本書では各界一流の人物の言葉を引用して、算数・数学のつまずき克服学習法を提唱。
 なかでも印象的なのは、千葉ロッテマリーンズの元監督ボビー・バレンタイン氏の言葉を「面積の公式」にあてはめたものだ。
 その言葉とは 

「同じ球速、球種で何度打っても同じスイングしか身につかない」

 この言葉に沿って勉強すれば、面積の公式をうまく使えるとのことだが、それは読んでのお楽しみ。思わず膝を打つこと間違いなし、である。

 小・中・高の算数・数学の「つまずき」あるあるポイントを集中的にとりあげ、克服のコツを伝授していく「算数・数学が得意になる本」。
 読めばきっと「算数・数学、ドーンと来い!」と、自信が持てるようになるだろう。

詳細情報・ご購入はこちら↓
関連記事
プロフィール

アコチム

Author:アコチム
反抗期真っ最中の子をもつ、40代主婦の読書録。
「読んで良かった!」と思える本のみ紹介。
つまらなかった本は載せていないので、安心してお読みください。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告