文房具図鑑  山本健太郎

評価:★★★★★超

ペンじくのほとんどがラバーでおおわれている150円とふつうのじく(プラスチック)の100円のバージョンがある。インクは同じなので大量こうにゅうには100円がむく。多色ボールペンなどもある。使う人を選ぶともえるが、最高のボールペンともいえる。
(本文引用。原文ママ)
___________________________________

 ここ10~20年ぐらいで、最も心震えた一冊。帯に「類なき衝撃作」とあるが、衝撃という意味で言えば、私の人生で最高ランクに位置するであろう。

 ちなみに著者による希望価格は3兆円とのことだが、そこは驚きのプライスダウンで1,500円に。
 そこまで価格を下げるのに、出版社側もさぞかし苦労したであろう。そんな関係者の方々のご尽力により、私も本書を手にすることができたわけだが、何だか申し訳ない気持ちでいっぱいだ。
 だってこれ、本当に国家予算並みの値段がつけられるスゴ本なのだから!
________________________

 著者は小学6年生の山本健太郎君。幼稚園の頃から漫画を描きつづけている健太郎君は、いつしか文房具の世界に惹きこまれ、約1年かけて100ページ近い文房具図鑑を作り上げた。



 それが本書なわけだが、ページを開いた瞬間に「小学生の描いた自由研究がこうして出版にまで至った」理由がよーくわかる。
 文房具の構造が実によくわかる緻密なイラストと詳細な説明。そして小学生とは思えないような鋭すぎる鑑識眼および分析力と、小学生らしい正直な感想や意見には、文房具メーカーの社員たちもびっくり(各ページ下部に、メーカーの方々の声が掲載されているのだ)。
 文具1つひとつの長所・短所や、特に消費者に訴えたいセールスポイント等をずばりと指摘しており、製作者側の喜ぶ顔や「参ったなあ」と頭をかく様子が目に浮かぶ内容となっている。

 実はこの本、小学生の娘のために買ったのだが、予想外に大人がハマってしまった。
 
 もちろん娘も「あ、この本、知ってる! この本が私の家にあるなんて嬉しい~」と大喜びで読んでいるが、夫と私も夢中で熟読。
 読みながら、「僕、このノートにチャート式の問題を全部書き写してたよ」「勉強の気合を入れる時は、このノートだよね」「このボールペンって絶対にどこの家にもあるよね」「スケッチブックといえば、この表紙だよね」「そうそう!このペンってこの部分が戻らなくなっちゃうんだよねー!」「へえ、こんな消しゴムがあるんだー」などと夫婦で大いに盛り上がった。本書は家庭円満にも役立つようだ。

 そして読んでいるうちに、著者の文房具愛にあてられて、私までスーパーや雑貨店で文房具を舐めまわすように眺めるようになってしまった。
 本書を読んだことで、文具1つひとつにどれほどの工夫がされていて、どれほどの歴史があるのかがわかり、文具が愛おしくてたまらなくなったからだ。
 蛍光マーカーのページで、健太郎君は「文具最高だぜ」と色鮮やかに描いているが、この本を読んだ人は誰もがこう言うだろう。

 「『文房具図鑑』最高だぜ、山本健太郎君、最高だぜ!」

詳細情報・ご購入はこちら↓
関連記事
プロフィール

アコチム

Author:アコチム
反抗期真っ最中の子をもつ、40代主婦の読書録。
「読んで良かった!」と思える本のみ紹介。
つまらなかった本は載せていないので、安心してお読みください。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告