「かわいそうだね?/亜美ちゃんは美人」 綿矢りさ

 「さかきさん、変わるって不思議なことだと思いませんか。無理だ、ぼくは変われるはずはない、ぼくはぼくだと心のなかで叫んでいたとしても、気がつけば、いつの間にかぱたっと変わっていたりする。きっと変わる直前まで水面下で準備は進んでいるんだろうが、変わるときはあっけないものです、紙を裏返すように簡単だ」(本文引用)
______________________________

 年々、自分より若い作家が増えている。
 私の年齢が毎年増えるわけだから、当たり前だ。

 しかしそれとともに、話題の作家や本について、どんどん疎くなっている。
 それは恐らく「私より人生経験が浅い人間が書いたものに、感動できるわけがないだろう」という固定観念、そして若さへの嫉妬のせいだろう。

 しかしここに、そんな凝り固まった頭を気持ちよくもみほぐし、ひねくれた心にザァッと春風を吹き込んでくれた本がある。

  綿矢りさ著「かわいそうだね?/亜美ちゃんは美人」である。
 (表紙には「かわいそうだね?」しか書かれていないが、私の独断で「亜美ちゃんは美人」との両A面とさせていただく)


______________________________

 主人公の樹理恵は、百貨店内のアパレルブランドショップでチーフを務める28歳。アメリカ育ちの男性・隆大と付き合っている。
 
 私たちの愛は揺るぎないと信じていたある日、隆大の元カノが、何と彼の部屋に居候することになった。

 決して下心なく、アメリカナイズされたオープンマインドと宗教的な隣人愛で、生活に困窮した元カノと同棲(同居?)を始める隆大。
 釈然としない思いを抱えながらも、飽くまで「かわいそう」な元カノを助けるためと自分に言い聞かせる樹理恵。
 今は彼とは何もない、と言いつつ、「りゅうちん」とメールを送る元カノ。
 あれ?もしかして本当に「かわいそう」なのは、元カノじゃなくて・・・私?

 果たして、樹理恵が下した結論とは?
___________________________

 そして収録作「亜美ちゃんは美人」

 亜美ちゃんは、「立てば芍薬、坐れば牡丹・・・」の誰もが振り向く超美人。
 そしてそんな亜美ちゃんに依存されている親友さかきちゃんは、亜美ちゃんを女優とすれば、さしずめそれを引き立てる芸人の立場である平凡女子。
 高校・大学と亜美ちゃんの隣で居づらさを感じていたさかきちゃんだが、聡明で優しい彼女は、どこか危なっかしい亜美ちゃんを放っておけない。
keshouhin.jpg


 2人の仲は社会人になっても続いていたが、ある日、亜美ちゃんはさかきちゃんに「会ってほしい人がいる」という。
 亜美ちゃんはその人と結婚したいというのだが、その男性というのが、どこからどう見ても幸せな家庭を築けそうにない人物。
 ずっと亜美ちゃんの隣で辛酸を舐めてきた、さかきちゃん。
 はたして彼女は、この2人の門出を祝うのか?それとも・・・?
_____________________________

 一見、どちらも「ありがち」な設定ではある。

 彼氏の部屋に元カノが泊まってしまう、といった話はドラマや漫画でもみられる。
 また、一緒にいる女友達や姉・妹がものすごく可愛くて、自分は引き立て役になってしまう、という話もよく見かける。(例えば桐野夏生著「グロテスク」など)

 しかし、陳腐な感じがなく、とても面白く読めた。
 それは綿矢氏の鋭い人間観察と心理描写によるものだろう。

 たとえば「かわいそうだね?」における、樹理恵の「かわいそう」という感情にまつわる思い出。

 子供の頃に観た映画「火垂るの墓」。それに出てくる兄妹を「かわいそう」と思ったのに、今ではその2人をいじめる叔母さんの役に廻ってしまっている、と愕然とする樹理恵。
 人権ポスター作りで「かわいそう」という言葉を標語に使ったところ、クラス全員から大ブーイングを食らってしまった経験が蘇り、その時の反発心がムクムクと湧き上がる樹理恵。

 このような残酷で「かわいそう」な思い出、誰にでもあるのではないだろうか。
 そしてこれらの描写を「あるある!」で済まさない迫力が、作品全体を貫いており、読者を捕らえて離さない。
 修羅場のシーンも、関西出身の著者にしか書けないであろう独特の味があり、非常に楽しめた。

 「亜美ちゃんは美人」は、さらに良い。
 さかきちゃんや周りの人間がまっすぐに成長していく中で、愛されることしか知らずに生きてきた亜美ちゃんだけが、歪んだ進歩をとげていく。
 そしてそれに気づいた仲間たちが、超美人で天然の亜美ちゃんを実は疎ましく思いながらも、大きく包んでいく。
 純粋な心と邪悪な心とを持て余しながらも、大人へと変わっていく彼らの姿は実に気持ちがよく、「私にもこんな仲間がほしい!」と思わせてくれる。
______________________________________

 「かわいそうだね?」「亜美ちゃんは美人」

 両方とも登場人物がみな若いだけに、「人間の成長」というものが楽しめるポップな作品だが、その底には、無様で醜く、狂気に満ちた葛藤がうごめいている。
 しかし、それを最後にはきちんと、読者を不快にさせない展開へと導いているのは見事である。

 若くても、年をとっていても、成長しつづけるためにはぜひ読みたい2作品だ。

ご購入はこちら↓
【送料無料】かわい...

【送料無料】かわい...
価格:1,365円(税込、送料別)

関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「かわいそうだね?」綿矢りさ

私の彼は元彼女と同棲中……週刊誌連載時から話題を呼んだ表題作と、女子同士の複雑な友情を描く「亜美ちゃんは美人」の2篇収録。 同情は美しい、それとも卑しい?美人の親友のこ...
プロフィール

アコチム

Author:アコチム
反抗期真っ最中の子をもつ、40代主婦の読書録。
「読んで良かった!」と思える本のみ紹介。
つまらなかった本は載せていないので、安心してお読みください。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告