僕たちは世界を変えることができない。 葉田甲太

 人を救うということは、自らが力を持つということなのだろうか。人を救うということは、自らを磨くということなのだろうか。だとすれば、今僕がやるべきことは、今すぐ戻って大学で勉強することなのだろうか。(本文引用)
______________________________

 2015年をどのような年にしたいか。頭を空っぽにして、そんなことを考えたくなったら、この本がいい。
 日本の医大生がカンボジアで小学校を建てるため、資金集めに奔走するノンフィクション「僕たちは世界を変えることができない」
 2011年に、向井理さん主演で映画化された本書は、あきれるほど純粋で、羨ましいほどまっすぐな、心揺さぶられる人生賛歌だ。
__________________________

 日本医科大学に通う葉田甲太は、訪れた郵便局で、一冊のパンフレットを手にする。
 それは「150万円の寄付で、カンボジアに学校が建つ」というものだった。

 甲太は、その言葉が頭を離れず、さっそく150万円集めるべく行動を始める。
 まず医大に通う友達にメールを送り、クラブでのチャリティーイベントを企画。しかし、そもそもクラブ自体に行ったことがない甲太たち。
 何が何でもやり通すという決意とは裏腹に、前途多難の滑り出しとなるのであった。
__________________________

 この後、甲太たちはカンボジアに赴き、極限まで“生のカンボジア”に触れ衝撃を受けるわけだが、そこから本書の面白さが始まる。
 甲太はそれらを、「悲惨」「かわいそう」という言葉で表さない。憐憫の目で見ていない。むしろ哀れみの目を自分自身に向けているのだ。



 医者・看護師・農業の3つに限られる子どもたちの夢(職業選択の幅が極端に狭いのだ)、地雷で義足になった幼い少女、ゴミ山に群がる多数の親子、ポル・ポト派による虐殺の跡、絶望感漂うエイズ病棟・・・。
 確かに、カンボジアは日本に比べると、衛生的にも経済的にも恵まれているとは到底いえないだろう。

 でも、じゃあ、日本に住んでいる自分はどうなんだ?何ができるんだ?カンボジアには教育が必要だ。だから学校を建てる協力をしたい。自分も学校に行かせてもらっている。それに感謝している。で、俺には何ができるんだ?そもそも俺は幸せなのか?

 驚くべき行動力を見せながらも、心の中では堂々巡りを繰り返す甲太の姿からは、甲太の真剣さがヒシヒシと伝わってくる。
 なかでも印象的なのが、このシーンだ。

 インドネシアでボランティアに行った女の子が、ある日、甲太に電話をかけてくる。
 彼女は涙声で、甲太にこう訴える。“私は現地で何もできなかった”と。
 泣きながら、こう話す彼女の声を聞き、甲太は激しい自己嫌悪に陥る。そしてヤケになり、何と自宅に風俗嬢を呼ぶのである。

 その後の行動には、不覚にも泣いてしまった。
 それを通して、甲太が己の性格や限界を明確に知り、そして“人に真の幸せをもたらすもの”に気づいていく経緯は、実に爽やかなものだ。
 確かにお金は必要だ。教育も必要だ。でも一番必要なものは、もっとうんと近くにある。
 それに気づきながら、甲太自身が自分の道を見定めていくラストには、胸が焦げるほど熱くなった。

 お正月、のんびりと過ごしながらも一年の計、人生の計を考える人も多いことだろう。
 そんな時に、心からお薦めしたい一冊だ。

詳細情報・ご購入はこちら↓


映画版DVDはこちら↓
関連記事
プロフィール

アコチム

Author:アコチム
反抗期真っ最中の子をもつ、40代主婦の読書録。
「読んで良かった!」と思える本のみ紹介。
つまらなかった本は載せていないので、安心してお読みください。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告