流星ワゴン 重松清

 失くしたはずの未来を取り戻せばいい。たとえどんな未来であろうと―― (本文引用)
__________________________________

 「タイムマシンなどない。でも、タイムマシンはある」
 そう言ったら、笑われるだろうか。
 しかしこの小説を読む限り、そうとしか思えないのだ。

 主人公・永田一雄は38歳。妻と思春期の息子がいる。一雄は今、生きることに疲れ切っていた。「死んじゃってもいいかなあ、もう・・・・・・」と思っていた。
 そんな一雄のもとに、ある2人組が現れる。それは5年前、交通事故死した父子だった。彼らは一雄をワゴン車に乗るよう急き立て、こう話す。 

「夜が明けたときには、あなたにとってたいせつなどこかに着いてるはずです。私は、あなたをそこまでお連れするだけですから」

 一雄にとって大切な場所とは? そして、そこで見たものとは?


 この作品は、一言でいえば「タイムスリップもの」だ。しかし前述したように、この物語から得られる結論は2つある。ひとつは「タイムマシンなどない」ということ、そしてもうひとつは「タイムマシンはすでにある」ということだ。

 一雄は家庭がうまくいかなくなることがきっかけで、生きる意味を見失っていく。
 会社でリストラにあい、息子は引きこもりになり、妻は謎の外出が増える。いったい何がいけなかったのか、どこで道を誤ったのか。過去に戻り、それを知ることができれば、また幸せな頃に戻れるのではないか。一雄はそう考え、過去の息子や妻に会い、どうにかして人生を軌道修正しようとする。
 果たしてそれがうまくいくのかどうかが本書の見どころといえば見どころではあるが、おそらくそれが趣旨ではないだろう。

 過去を変えることなど、できはしない。しかしそれは、歴史上の出来事をなかったことにしたり、死んだ人を生き返らせたりする等、物理的に不可能なことに当てはまるだろう。
 人は誰もがタイムマシンを持っている。少し前の過去を微調整しながら現在を生き、ちょっと先を見すえながら、遡って計算して行動し、未来を作っている。気がつかないうちに、私たちはタイムマシンを手にしていたのである。
 
 しかしそれを活かせるかどうかは、自分次第。自暴自棄になったり、他人を責めることに必死になったりと負の感情に侵されているかぎりは、タイムマシンに乗ることはできない。逆もまた然りだ。

 己のなかにあるタイムマシンに気づかない一雄が、タイムトラベルを通じてどう変わっていくか。
 読者はそんな一雄の姿を通して、自身の中にあるタイムマシンの存在に気づくことだろう。そして自分の人生をつくるべく、マシンにキーを差し込むことだろう。

関連記事
プロフィール

アコチム

Author:アコチム
反抗期真っ最中の子をもつ、40代主婦の読書録。
「読んで良かった!」と思える本のみ紹介。
つまらなかった本は載せていないので、安心してお読みください。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告