ヒトラー演説 ~熱狂の真実~  高田博行

 「君の部隊に弁舌を振るう生まれつきのテノールがいるのを知ってるかい。いったん元気になると、話すのがとまらないようだ」。これがヒトラーであった。
(本文引用)
_______________________________

 今年5月、日本経済新聞にこんな記事があった。
 
 「『数字でヒトラー礼賛』と指摘 P&Gの洗剤、独で販売停止に」

 米家庭用品大手P&G社がドイツで販売した衣料用洗剤が、ヒトラーを礼賛する隠語を表示しているとして販売停止になったのだ。
 問題となったのは、洗剤容器に印字されている「88」「18」の数字。
 これは「洗濯83回分の容量の商品と同じ値段で、88回洗える量が入っている」ことを意味しており、「18」については同趣旨に加えW杯ドイツ代表のユニホームの背番号を表すものだった。


 しかしドイツの消費者は、この数字を問題視した。
 「8」は、アルファベットで8番目の「H」にあたる。つまり「88」=「HH」=「ハイル・ヒトラー(ヒトラー万歳)」になると受け取ったのだ。
 そして「18」は「AH」=「アドルフ・ヒトラー」になる。よって、同洗剤の表記は「公の場でのナチス礼賛」=刑法の民衆扇動罪に当たるとし、販売停止になったのである。

 ・・・そう、かつて歴史上類を見ないほど民衆を煽動した政治家がいた。
 人々を煽り、大きく道を踏みはずさせた男がいた。
 その男アドルフ・ヒトラーは、どのようにして人々を異常行動に走らせたのか。どのようにして、民衆の心はコントロールされてしまったのか。
 本書は、ヒトラーのイメージは一度捨て置き、あくまで「言葉」や「ジェスチャー」の視点から「煽動政治家」というものを徹底分析したものである。
________________________________

 本書では、第二次世界大戦終結までのドイツ史をなぞりながら、ヒトラー演説が聴衆の心をつかむ経緯を検証する。
 ヒトラーは第一次世界大戦敗北時、帰還兵たちに「反ユダヤ主義」の演説を行うことで敵を明確に意識させ、失意の底にある兵士たちの心を動かす。
 そしてそれが受けたのを皮切りに、ヒトラーは弁士として名を馳せ「ドイツ民族至上主義的攻守同盟」の集会で演説。この成功が次の大きな成功を呼び、着実にヒトラーは「人を熱狂させる人物」となっていく。

 では、ヒトラーの演説には、いったいどんな秘密が隠されているのか。それを明かすのが、この書の本筋であるのだが、その分析の細かさは圧巻だ。
 
 なかでも、ヒトラー特有のレトリックや、主語の使い方の変遷が非常に面白い。
 著者によると、ヒトラーはしばしば「仮定表現」と「対比法」を使っていたという。
 仮定表現は「もし~ならば」というもので、対比法は「AではなくてB」という構文だ。
 ヒトラーはこのようなレトリックを駆使し、“自らの主張に好都合な仮定を起点として、白黒を明確にした論を展開”していくのである。

 また、ヒトラーが使う主語の変遷分析も、読みごたえがある。
 著者はナチ運動期とナチ政権期に分けて、ヒトラーが用いる主語をつぶさに解説。運動期には「ひと」「あなた、君」「われわれ」だったのが、政権期には「私」となっているという。これだけでも驚きだが、著者の分析はまだまだ終わらない。
 運動期でも選挙期間中は「私」を用い、政権掌握後の安定期には「私」を控え、領土拡大に出た際には再び「私」を用いていたという。
 これらの分析については、科学捜査も顔負けの詳細なデータが、本書に収められている。各主語が、1000語あたりどれだけの頻度で用いられているか。そのデータが100分の1単位まで計測されており、著者の執念にはもはや脱帽である。

 しかしさらにすごいのは、演説文を一文ごとに分けた分析だ。
 ある演説文を一文ごとに改行し、番号をつけてズラッと並べることで、ヒトラー演説の特徴がまざまざと見えてくる。
 たとえば、ほとんど同じことを言っているにも関わらず、ちょっと語順を変えるだけで効果抜群の「交差法」が興味深い。 

「もしそれが正しいのならば、普及するであろう」
「そしてそれは正しいのであり、普及するのである」

 文字だけで見るとしつこいように思えるが、これが声になると、聴衆にとって心地好いものになるという。
 かようにヒトラーは、言葉の魔術を巧みに駆使し、人々を熱狂させていったのである。

 もちろん、ヒトラーの喧伝手法はこれだけではない。
 発音、ジェスチャー、写真、赤・黒・白の鉤十字・・・と、さまざまな手段で視覚的・聴覚的に訴えようと試みている。しかし、その演説に隠された秘密には及ばない。意識してかしらずかは不明だが、ここまで緻密に言語を操れば、いとも容易く人々を動かせてしまうという事実に、私はただただ驚愕した。

 終盤、第二次世界大戦の戦況悪化に伴いヒトラー演説も力を失っていくが、ここで語られる著者の言葉が響く。 

国民を鼓舞できないヒトラー演説、国民が異議を挟むヒトラー演説、そしてヒトラー自身がやる気をなくしたヒトラー演説。このようなヒトラー演説の真実が、われわれの持っているヒトラー演説のイメージと矛盾するとすれば、それはヒトラーをカリスマとして描くナチスドイツのプロパガンダに、80年以上も経った今なおわれわれが惑わされている証であろう。

 そう、本書は単なる言語学の本ではない。言語が、いかに人の心を狂わせるかを見せつける啓蒙の書なのである。

詳細情報・ご購入はこちら↓
関連記事
プロフィール

アコチム

Author:アコチム
反抗期真っ最中の子をもつ、40代主婦の読書録。
「読んで良かった!」と思える本のみ紹介。
つまらなかった本は載せていないので、安心してお読みください。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告