打ちのめされるようなすごい本 米原万里

 何しろ彼女は、スターリンをきびしく弾劾したあとで、彼が「激務の合間に一日五百頁を読破する読書家」であつたと書きつけ、ほんのすこし、しぶしぶ、好意を寄せるくらゐの読書人だった。
(丸谷才一氏による解説引用)
______________________________

 「打ちのめされるようなすごい本」とは、本書に登場する本たちのことなのか。それとも本書のことなのか。
 この書評集を読んだ人は、誰もが迷うに違いない。そして、どちらも正解に違いない。
 
 2006年に56歳の若さで亡くなった、通訳・作家・エッセイスト米原万里。多くの人が、その死を心から惜しんだ奇才・米原万里。
 「1日7冊読む」という米原万里が遺したこの書評集は、そんな彼女の非凡ぶりにうならずにはいられない一冊だ。

___________________________
 
 本書に収められているのは、米原氏が1995年から2005年までに書いた全書評だ。
 それだけに分量は相当なもの。第1冊目に挙げられている「ゴルバチョフ回想録〈上巻〉」を「読んでるだけで腱鞘炎になりそう」とか、日本の住宅事情やラッシュアワーを知りながら「刊行に踏み切った出版社の蛮勇は見上げたもの」などと言っているが、この本も他人のことはいえないボリュームである。
本書と「ゴルバチョフ回想録」との共通点は、それだけではない。
 氏は「ゴルバチョフ~」について「サラリと目を通すつもりで頁を開いたら、結局、引きずり込まれてしまった」「この膨大な分量を読ませてしまう構成力、筆力には文学的才能を感じる」と評価しているが、この570頁の書評集も同じ、いやそれ以上だ。
 政治・経済、歴史、国際、科学、宗教、ヤングアダルト小説、サブカルチャー、犬猫・・・驚くほど幅広い分野の本を、爆発的な面白さでブレることなく評しつづけてきた米原氏の手腕には、尊敬を通り越して畏怖すら感じる。

 しかし「ブレることなく」と書いてはみたものの、実生活や仕事、ことにペットに関する本については、特に熱がこもっているように感じる。
 たとえば池谷裕二著「記憶力を強くする―最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方 (ブルーバックス)」について。米原氏は同時通訳という仕事には多大な記憶力を要することに触れ、この本と出会えた喜びを飛び上がらんばかりに語っている。
 また、猫5匹と犬2匹(+金魚2匹)を飼っているだけあり、犬猫に関する本については、面白くなければ許さないぐらいの勢いで語っている。犬の出来不出来云々などと謳うタイトルを見た日には、人間の傲慢さに憤怒し、圧倒的に犬猫に肩入れをしている。

 どの書評も抱腹絶倒の面白さだが、犬猫に対する愛情を突かれると、猛烈に筆致がヒートアップしている。私は犬猫は飼っていないが、これを読んでいると、不思議と全人類を敵に回してでも犬猫の味方をしたくなってくる。それだけ惹きこまれてしまった、ということだろう。

 ちなみにこの書評集、多くが最初の20行ぐらいはケチョンケチョンにけなしている。その書き出しを目にするたびに、「まあ、そんなひどい本に出会ってしまったなんてかわいそうに」などと同情するふりをしつつ、「で、それってどんなの?」といった野次馬根性でニヤニヤしながら文字を追ってしまう。

 ところがこれが、180度変わるから面白い。
 米原氏は、まるで第一印象が最悪だった相手と大恋愛の末結婚したかのように、その本にとことん惚れ込んでしまう。

 そうして読んでいるうちに、私までこれらの本に(会う前から)恋してしまい、紹介されている本をどんどんポチってしまう。
 米原氏は「内容をなるべく隠しながらそのPRにつとめるという詐欺師まがいを演ずる」などと書いているが、こんなに面白くて誠実な詐欺なら大歓迎である。

 そして本書には、米原氏の死への恐怖も垣間見られる。
 卵巣にできた嚢腫が癌であると告知されたときのショック、そして闘病中の藁にもすがる思い、眠れぬ日々、癌で逝った友人たちの顔。それらを思いながら、氏は癌と戦った人たちや、専門医の本を読む。
 軽妙洒脱な文章の合間には、こんな言葉もつづられている。 

「ああ、私が10人いれば、すべての療法を試してみるのに」


 そのような心境のなかで、これほどの文章を遺してくれたことに、今なお深く感謝せずにはいられない。
 心から、打ちのめされる本である。

詳細情報・ご購入はこちら↓
関連記事
プロフィール

アコチム

Author:アコチム
反抗期真っ最中の子をもつ、40代主婦の読書録。
「読んで良かった!」と思える本のみ紹介。
つまらなかった本は載せていないので、安心してお読みください。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告