「とん ことり」

最近、子供の友達が引っ越してしまうことが多い。

ご主人の転勤、ご両親との同居、マイホームの購入・・・。
実は私自身は3人兄弟の末っ子で、マイホームすごろくの最終地点で生まれたため、結婚するまで引越しを経験したことがなかった。
なので子供の頃は、引っ越していく友達を送り出したり、あるいは新しい友達を迎えたりするばかりであり、自分自身が、見知らぬ人ばかりの新しい世界に放り出されたという経験がない。

しかし、かすかに覚えている。
転入してきた友達と、初めての休み時間に一緒にドッジボールをしたときのこと。
帰国子女の友達が来て、せっかく仲良くなれたのに、またアメリカに引っ越してしまい、エアメールをもらったときのこと。
どの子も、日にちが経つに連れて教室での表情が明るくなってきたことを、まだ覚えている。

迎えるほうもドキドキしたものだが、迎えられるほうは、それ以上に緊張したことであろう。

さて、今回紹介する「とん ことり」は、そんな「引越し」をテーマとした絵本である。

お父さんの仕事の都合で、遠い町から引っ越してきた“かなえ”は、荷物の整理で忙しい両親を見ながら、家でポツンと過ごす。
新しい人、新しい風景、新しい幼稚園。
かなえは不安でいっぱいだ。
そんなとき、「とん ことり」という音が郵便受けから聞こえてくる。

見ると、そこにはスミレの花束が置かれていた。

「これは、あたしに・・・?いったい、だれから・・・?」

そして次の日も郵便受けから聞こえてくる。
「とん ことり」と。

次の日も次の日も聞こえてくる、「とん ことり」
その正体とは・・・?


この絵本、本当に本当に純粋に「良い本」だなぁと思う。
何度読んでもポロポロッと涙が出てくる。

新しい環境で生きていこうとするかなえちゃんの寂しさと不安と、そして強さ。
そしてそれ以上に、「とん ことり」の正体の優しさと勇気。

大人向けの小説ではなかなか味わえない、子供ならではの豊かさにあふれた一冊だ。

今夜もこの本を読むことになるであろう。
「とん ことり」。






関連記事
プロフィール

アコチム

Author:アコチム
反抗期真っ最中の子をもつ、40代主婦の読書録。
「読んで良かった!」と思える本のみ紹介。
つまらなかった本は載せていないので、安心してお読みください。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告