オレたち花のバブル組 池井戸潤

 銀行には一つのまやかしがあるような気が、半沢にはしていた。
 それは、あたかもこの銀行という組織だけが全てであると錯覚させるまやかしだ。

(本文引用)
_________________________________

 ドラマが絶好調な「半沢直樹」。
 これまで「ロスジェネの逆襲」「オレたちバブル入行組」とご紹介してきたが、今回は、その間にはさまれている「オレバブ」シリーズ第二弾について書きたい。
 
 その名もズバリ「オレたち花のバブル組」

 バブル期の同期入行組-半沢、渡真利、近藤らが、銀行という大海原を互いに心通わせながら乗り越えていく、正義と友情、そして誇りを賭けた熱血物語である。
____________________________

 東京中央銀行で営業部次長を務める半沢直樹のもとに、ある重大案件が持ち込まれる(※そのポストにつくまでの経緯は、「オレたちバブル入行組」をご参照ください)


 当行が200億円を融資したばかりの老舗ホテルが、120億円もの損失を出したのだ。
 損失の原因は、何と運用の失敗。
 黒字化を前提に融資を行った銀行側にとっては、たいへんな痛手である。
 しかも驚くことに、他の銀行はこの事実を事前に知っており、融資を断っていたという。
 なぜ他行が知っていた事実を、東京中央銀行は知らされなかったのか?
 半沢はホテルの再建計画を練りながら、その謎を晴らそうとする。

 しかしその背後には、着々と不気味な足音が近づいていた。
 足音の正体は金融庁。
 もし金融庁に「融資の回収が難しい」と判断されれば、東京中央銀行は経営さえも危ぶまれる大打撃を受ける。
 しかも相手は、金融庁のエース・黒崎。
 彼は切れ味鋭い分析と、つかみどころのないオネエキャラで、東京中央銀行を窮地に追い込もうとする。

 果たして半沢は、東京中央銀行を支えることができるのか!?
__________________________________

 濃い。ただひたすら濃い。
 ストーリーも、キャラクターも、何もかも全てが濃い。
 読みながら、血が沸騰し、全身が総毛立ち、脳味噌がダラダラと汗をかいてくるのがわかる・・・とでも言えばよいだろうか。とにかく尋常ならざる濃密さである。

 読みどころは、何と言っても半沢対黒崎の大舌戦。

「質問してるのはこっちなの。あなたに質問する権利なんかないのよ」
「まだやる気なのね? いいの? タオル投げなくて」
「半沢次長。売上、収益。すべてに甘い。すべてによ!」


 おすぎとピーコの「踏んづけてやるっ!」を彷彿とさせるオネエ言葉で、ビシッと行員たちを黙らせる黒崎のキャラクターは、怖いもの知らずの半沢にとってもあまりに異色すぎたのか、難攻不落。
 しかも、さすが金融庁の主任検査官。言うことはいちいち筋が通っているから、たまらない。
 
 しかし黒埼がここまで東京中央銀行を追い詰めようとしているのには、実は(ある意味)誰にも予想できなかった理由があった。
 ホテル再建の道筋が見えてくるとともに、その黒崎の秘密が薄皮が剥がれていくように明かされていく様子は、もうドッキドキ。
 ヒットとバントとフォアボールで1人ずつ塁に出たランナーが、満塁ホームランを待ち構えているかのような高揚感だ。

 さらにこの物語には、もう一人主役がいる。
 半沢と同期入行の近藤直弼だ。

 心の病で休職をした近藤は、出世街道からはずれ、電機メーカーに出向している。
 銀行で居場所を失い、出向先で再起を図るも、そこでも「銀行さん」と疎まれる近藤は、また精神のバランスを崩しそうになる。

 そんなある日、近藤は会社の粉飾決算に気づく。
 看過できない不正、養わなければならない家族、頭の中でしみだしてくる病気再発の影。
 近藤は様々な葛藤と戦いながら会社の実態を暴いていくが、それは思わぬ形で、半沢の案件につながっていく。

 ホテル幹部、電機メーカー社長と経理課長、金融庁、銀行上層部、そして彼らの家族までをもグルリと巻き込む壮大なストーリー展開は、ブリリアントカットのダイアモンドもびっくりの多面性をもち、眩いほどの輝きを放つ。
 そしてその輝きの中央にあるのは、ずばり銀行員として、いや人間としてのプライドだ。

 銀行員、エリートという衣を脱いでもなお、自分は輝けるか。
 裸で組織から放り出されてもなお、堂々と胸を張って生きていけるか。

 そんな半沢、渡真利、近藤らがもつ「真のプライド」が軸となっているからこそ、この物語はダイアモンドのようにきらめき、読者の心を魅了するのである。
 半沢は「お前らまとめて面倒みてやる!」と行員達に言うが、何だか私までまた一つ、大切なことをズドンと教えてもらったようだ。(本当に半沢さんには、何てお礼を言ったら良いか・・・。)

 ちなみにラストは、ちょっとホロ苦い意外な展開。
 なかには「ええっ!?そんな~!」と銀行人事に怒りと絶望を感じる人もいるかもしれないが、そこはきっちり「ロスジェネの逆襲」の伏線となっており、お見事。
 ますます「オレバブ」シリーズから目が離せない構成となっている。

 咲くも花、散るも花の「オレたち花のバブル組」。
 ドラマと一緒に隅々まで堪能したい、輝けるサラリーマンの青春讃歌である。

詳細情報・ご購入はこちら↓


よろしければ、こちらも↓



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アコチム

Author:アコチム
反抗期真っ最中の子をもつ、40代主婦の読書録。
「読んで良かった!」と思える本のみ紹介。
つまらなかった本は載せていないので、安心してお読みください。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告