「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」が実用的すぎ!お弁当作りがラク&楽しくなるメソッド満載。

「朝早くからすごいクリエイティブなことをしているんだぞ!」と、自分に言い聞かせながら作っていた
(本文引用)
__________________________

毎日、娘にお弁当を作っている。

118495188_1111523025911950_4792389083262378320_o-tile.jpg

118041237_1103815616682691_712137501475516935_o-tile.jpg

 正直「大変だな~」と思うこともあるが今はガラリと改心。
 お弁当作りが楽しくて楽しくて仕方がない。

116584303_1082808612116725_5218191260913158931_n-tile.jpg

118167596_1105439699853616_4876607468566451815_o-tile.jpg


 お弁当作りが楽しくなった理由は、この本。
 「461個の弁当は、親父と息子の男の約束」のおかげ。

 一見「お弁当を通じた感動物語」に見えるが、実は「超」が100万個つくぐらい実用的!
 
 お弁当のメニューの決め方、食材の選び方、肉・魚・野菜の保存方法、おすすめ調味料、お弁当をおいしく食べられる味付け方法etc.
 
 とにかく「お弁当」に絞りに絞って特化した、最強お弁当マニュアルなのだ。

 現在、お弁当を作っている人は、悪いことは言わない。
 本書を買ったほうがよい。


 「おいしくて見た目が良い」だけではない。
 
 “子どもも自分も本当に喜ぶお弁当”というものを、サッと作れるようになる。
 
 それより何より、お弁当作りがつらくなくなる。
 お弁当作りがめっっっちゃくちゃ面白くなる!(←これ重要)

 もうホント、「お弁当作りがつらい・・・でも逃れられない」と憂うつなら、だまされたと思って「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」、読んでみて!!!(人生全て賭ける勢いで推薦)
_______________________________

 

■「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」あらすじ



 本書は「TOKYO No.1 SOUL SET」等で活躍するミュージシャン・渡辺俊美氏のお弁当本。
 高校生の息子さんに、3年間お弁当を作りつづけた記録と、それに基づく「お弁当作りの極意」を披露する。
 
 もともと料理上手の渡辺氏。
 息子さんが「小さい頃からお父さんの作る料理が大好き」というほどの腕前だが、お弁当となると勝手が違う。
 最初は頭の中が「お弁当作り」で支配され、消耗する日々。

 そのなかで著者は「疲弊せず、可能な限りおいしいものを作るため」のルールを設け、どんどんお弁当作りをブラッシュアップ。



 見目麗しく、息子さんが「おいしい!」とメールを送る「至高の弁当」に到達していく。
 

 ただでさえおいしいのに、3年間続けたら一体最後はどれだけおいしいものになるのか。ちょっとゲームのエンディングを待つような気持ちになっていましたね。
 (息子さん談)


 さて461個のお弁当を通じて明かされる、「子どもがワアッと喜ぶお弁当メソッド」とは?
_________________________________

■「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」感想



 しつこいようだが、とにかく「お弁当を作らねばならない立場にある人」は、本当に読んだほうがいい。
 できれば買って読んだほうがいいが、立ち読みでもいい。
 (あ、でもやっぱり購入したほうがいいかな。私、寝床にまで持ち込み50回ぐらい読み返してるんで。)

 「おいしく、美しく、しかも相手が最高に喜ぶお弁当」のメソッドが、惜しげもなく披露されているからだ。

 しかも渡辺氏が提供する極意は、ちょっと他のお弁当本より一歩進んだもの。

 西京焼きにするさわらやたらは、切り分けで漬け床において味を付ける。その後、お茶っ葉用の紙のパックに一切れずつ入れて冷凍します。お茶パックは、魚が凍ってもくっつかないようになっていて、解凍する時にピーッときれいにはがれるのですごく便利なんです。


 ほぼ毎日使っているのが、息子の好物のオクラの肉巻きに使う豚ロースのスライス。買ってきたらすぐ、肉を一枚ずつ分け、サランラップで巻いて冷凍しておきます。


 解凍は朝、鍋にお湯を沸かして、軽く湯通しします。事前に冷蔵室へ移し、自然解凍させると、肉のうま味が水分と一緒に溶け出して流れてしまい、焼いた時にパッサパサになってしまうからおすすめしません。


 その他、青野菜の色をサッと鮮やかにする「ちょっとしたコツ」や、「えっ?あんなものも冷凍できちゃうの?」という驚きの技まで。
 
 どれもこれも「スムーズに作業できて、食材を傷めず、しかも味・食感を最上級に持っていく」ことを徹底追究。
 目からウロコの「お弁当術」がパンパンに詰め込まれているのだ。
 
 正直に言って、この本、「映画化」という宣伝で損してると思う。
 
 お弁当本で「映画化」と聞くと、実用性は二の次、「父と息子の感動エッセイ」と思うであろう。

 ところが本書は超実用的。
 書店で「料理本コーナー」におくべき(いや、店頭に平積みしまくるべきか)。

 お弁当作りの本をお探しなら、まず本書が断然おすすめ。
 本書でお弁当作りの極意を頭に叩き込んでから、細かなレシピが書かれているお弁当本を買うのが、「容姿端麗・頭脳明晰・味最高のお弁当」への最短距離である。

 ちなみに私、本書に思いっきり影響されて、「オクラの肉巻き」と「紅ショウガいり卵焼き」「鮭の下にとろろ昆布を敷く」「ひじきとパプリカの炒めもの」等を作ってしまった。
 
 どれも子どもが「おいしかった~!」と大喜び。
 
 渡辺俊美氏には、感謝の言葉が見つからない。

 ただただ「ありがとう、ありがとう・・・」と涙が出る思いである。
 
詳細情報・ご購入はこちら↓
関連記事
プロフィール

アコチム

Author:アコチム
反抗期真っ最中の子をもつ、40代主婦の読書録。
「読んで良かった!」と思える本のみ紹介。
つまらなかった本は載せていないので、安心してお読みください。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告