「総理にされた男」あらすじ感想。もし自分が総理になったら?政治経済を学ぶのに最&高な一冊。

 「国民を騙すってことですよ」
 「毎日のようにあの芸を披露しているんでしょう。観客が多少増えるだけの話です」

(本文引用)
__________________________

 政治経済を学ぶなら、教科書の前にこの一冊!
 
 池上彰氏も解説で称賛。
 

小説ではあるのですが政治や経済を学ぶ入門書の役割も果たしています。


この本を読むことで、日本が抱えている数多くの問題を認識することになります。

と書いている。


 なぜ「総理にされた男」を読めば、「日本が抱える問題」を認識できるのか。
 なぜ「総理にされた男」は、政治経済を学ぶのに最適の小説なのか。

 理由は「自分が総理になったら」とシミュレーションできるから。
 読めば到底、「政治経済は他人事」なんて思えなくなる。

 だって「自分が総理になっちゃう」んだから、政治経済が頭に入らぬわけがない。
 時々クスリ、時々ハラハラ、時々「んなバカな!」とツッコミながら、気づけば「かなりの政治通」になってるはずだ。
__________________________________

■「総理にされた男」あらすじ



 加納慎策は売れない舞台役者。
 しかし総理大臣・真垣統一郎に瓜二つのため、舞台で真垣のモノマネを披露。
 あまりのそっくりぶりに、動画サイトで話題を呼んでいる。

 ある日、慎策は男性に拉致される。
 向かった先は首相官邸。
 そこで官房長官に、ある依頼をされる。

 「総理の替え玉をやってくれないか」

 真垣首相が病に倒れ、公務不可能な状態に。
 慎策はその日から「真垣総理」として、行動することに。

 「そんなの無理!」と思いつつ、とても断れない雰囲気。
 慎策はバレないように、会見や演説に対応。
 
 そのうち「一市民の目」から、驚きの政策・判断を打ち出していく。
_________________________________

■「総理にされた男」感想



 冒頭でも書いたように、政治経済を学ぶのに「最適&最高」な本。

 「もしも自分が総理になったら?」と、己に引き付けて考えられるため、「政治経済の仕組み」が、面白いほど頭に入る。

 さらに本書の魅力は、「日本の問題点」を腹蔵なく語ってくれること。

 税金のカラクリ、災害復興、官僚政治、テロ対策・・・。
 読めば読むほど、「そうそう、ここが変だよ日本の政治!」と激しく同意。
 思いっきりフィクションであるにもかかわらず、新書さながらに「日本の問題点」がジックリ緻密に書かれているため、「よくぞ言ってくれました」と快哉を叫んだ。

 しかも本書は、リアリティだけでなくエンタメ性も満点。
 途中、真垣首相と慎策が「本当に入れ替わろうとした場面」では、思わず「ええっ!?」と声が出たほど。
 
 「政治経済がよくわかる」「日本の問題点が浮き彫りに・・・」なんて聞くと、真面目で面白味のない小説と思うかもしれないが、徹頭徹尾「エンタテインメント=読者を楽しませる」という姿勢がゆるむことなく、大団円へ。
 
 ハリウッド映画のようなラストシーンでは、思わずホロリ。

 政治経済・日本の問題点について、途轍もなくリアルに描いているのに、しっかり「夢の部分」を残すあたり、思わず「んんんん・・・うんまい!!」と唸ってしまった。

 「政経を楽しく学べる本」をお探しの方にも、「純粋に『面白い!』と思える本」をお探しの方にも、「総理にされた男」は超おすすめだ。

 (それにしてもラストシーンの後、本当に「この二人」は「その身分」で歩んでいけるのかなぁ?
 中山七里さんには、ぜひ「総理にされた男・その後」も上梓していただきたい。)

詳細情報・ご購入はこちら↓
 
関連記事
プロフィール

アコチム

Author:アコチム
反抗期真っ最中の子をもつ、40代主婦の読書録。
「読んで良かった!」と思える本のみ紹介。
つまらなかった本は載せていないので、安心してお読みください。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告