「あぶない法哲学」感想。コロナ被害の支援、本当に重要なことはこの一冊に詰まっている。

あなたは自分が飼い犬よりも自由だと言えますか?
(本文引用)
__________________________

 10万円給付、休業補償、学習支援・・・コロナにまつわる支援対策が、連日報じられている。
 
 その報道を知るたびに、私は「何かモヤモヤするな~」「本当にそれでいいのかな?」と思っていた。

 本書を読み「モヤモヤ」の理由がわかった。

 新型コロナ支援策において、人は「決まり」に飼い慣らされ、「環境」に振り回されているのではないか。

 国・自治体が定める「決まり」に該当し、「環境」が整っている人しか助けを求められないのではないかと、気づいたのだ。
 
 だってコロナにまつわる支援策は、こんな環境が整ってこそ、ようやく完遂できるもの。


 家にパソコン・タブレット等を2台以上持ち、プリンターで印刷もできて、スマホでオンライン予約とかもスイスイできて、世帯主がたくさん稼いで、一方の親が自宅で子どもの勉強も見ることができて・・・。

 つまり「支援が急務でない人」こそ「支援をスムーズに受けられる」という矛盾が発生。

 まるで国に「手続きが迅速にできるよう、各家庭・個人で環境を整いておいてね」とせっつかれているようだ。

 でも「そのような環境を整えることができない人」にこそ、今すぐ対策が必要。
 国・自治体が提唱する支援策や手続き法は、「本当に耳を傾けるべき小さな声」が聞こえてないように思える。

 まあ、こんな偉そうなことを書いているが、そんなことに気づけたのは本書のおかげ。

 国家を「強盗団」と呼び、お人好しな国民に「正しい支配と思いこませている」と断言しちゃう劇薬本。
 しかし今、生活の危機・生命の危機に瀕する人々を考えるうえで「本当に大切なこと・必要なこと」が見えてくる、愛あふれる一冊だ。
_______________________________

■「あぶない法哲学」内容



 本書は「法律・規則・決まり」に対し、「ヤンチャな悪ガキ風」に考える本。

 法律・規則を、疑いもなく守ってよいのか。
 
 「そんなことまで決めて、人の自由意思はないの?」
 「法律によって、却って不幸を呼ぶこともあるのでは?」
 「なぜ同じギャンブルでも、法が決めていればつかまらなくて、法が決めていないものは逮捕なの?」
 「訴訟を起こせば解決・・・と思ったら・・・?」

133873_s.jpg


 一見、私たちの安全を守ってくれるように見える「法律・規則」。
 
 しかし法を妄信したり、むやみに法に訴えたりすると、取り返しがつかない間違いをおかす危険があるのだ。

 「遵法」という思考停止をやめ、法に対し「ヤンチャな悪ガキ思考」を持つことは、時として人の生命を救う。
 
 本書では「隣人訴訟事件」や「ヤミ米事件」、「食管法廃止」など豊富な事例を交え、「法との付き合い方・疑い方」を解いていく。
__________________________________

■「あぶない法哲学」感想



 本書を読んでいると、「法律・規則」とはいかに「強者の論理」で出来ているかが、よくわかる。

 もちろん社会的弱者を守ってくれる法律も、多々ある。

 だが本当に「守られねばならない人」を守るためには、「法律・決まり」の通りに動いているだけではいけない。

 法律の殻を破ることは至難の業だが、市民がそれをできるようにする社会、「法を破ってでも人の生命を守ろうと動ける社会」にすることは重要なことだ。

 たとえば本書で紹介されている、杉原千畝氏。
 外交官として、法律をおかしながらも多くのユダヤ人の生命を救った。
 
 そしてこれは本書で書かれているわけではないが、国連難民高等弁務官・緒方貞子氏。
 緒方氏は「国外に逃亡した難民だけを助ける」という決まりを破り、「国内から出られない難民」を助けるべく奔走した。

 いつの世も、「国家」に届かぬ「社会的弱者」「小さな声」を救う術は、「法」を越えたところにある。

2626549_s.jpg


 「あぶない法哲学」は「法律を疑う」という「ヤンチャ思考」で、「人間に本当に必要な救い」を勇気をもって教えてくれてるのだ。

 新型コロナで、今まで考えたこともなかった窮地に立たされている人は、本当に多いと思う。
 給付金や休業補償を受けたくても、給付対象に当てはまらないなど「何らかの決まり」で受けられず、途方に暮れる人もいるだろう。

 そんな今だからこそ、本書はぜひ読んでおきたい一冊。
 
 コロナにまつわる支援策、
 「その決まり、その手続き、その規則、本当に必要なのか?」
 「その方法で、本当に困っている人を救えるのか?」
 「環境が整わない人も、充分支援を受けられる体制なのか?」
 「万が一、決まりを破ったうえで誰かの命・生活を救えるなら、改善・検討の余地・思いはあるのか?」

 本書を読み返しながら、「小さな声」を拾い上げる対策ができるのか、じっと見守っていきたい。
 
詳細情報・ご購入はこちら↓

 
関連記事
プロフィール

アコチム

Author:アコチム
反抗期真っ最中の子をもつ、40代主婦の読書録。
「読んで良かった!」と思える本のみ紹介。
つまらなかった本は載せていないので、安心してお読みください。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告