「感染症 広がり方と防ぎ方」新型コロナウイルスにも言及した増補版!日本人がSARSに感染しなかった歴史から予防法を考える。

 社会におけるウイルス伝播を阻止するために集会禁止や休校は有効であるが、いつまでも続けるわけにはいかない。日常生活のなかでウイルス伝播を妨げることが重要である。そのためには、日本人の清潔行動文化を国民が意識し、かつそれを効率的に活用することである。
(本文引用)
______________________________

 新型コロナ感染予防、つい「あの人はなぜ感染したのか」と考えてしまう。
 しかし感染症予防には、もう一つ「重要な情報」があった。
 
 それは「なぜ感染しなかったのか」という情報だ。

 本書は、国・地域ごとの患者数から「感染しなかった理由」を解明し、予防法を解説する。

 今や感染経路が追いきれない状況。
 「なぜ、どこで感染したのか」ばかり考えていては、埒が明かない。
 
 同じ状況でも「感染しなかった人」の行動を見た方が、手っ取り早く「予防のヒント」を得られそうだ。

  
 「感染した人の行動」を知るのも大事だが、まずは本書で「感染しなかった人」の行動を知ってみよう。

 より効率的に、確実な策がとれるはずだ。 
__________________________________

■「感染症 広がり方と防ぎ方」内容



 「感染症 広がり方と防ぎ方」が書かれたきっかけは、SARS。
 世界中を脅かしたSARSだが、なぜか日本人の感染者はゼロだった。

3203675_s.jpg


 実は「日本人の、ある行動様式」が「SARS感染を防いだのでは」と著者は分析。
 その他、言語にまで言及し、「日本人ならではの感染症との向き合い方」を解いていく。

 インフルエンザ、麻疹、風疹、エイズ、肝炎、そして新型コロナウイルス・・・。

 人類は、そして日本人は、いかにして感染症と付き合い、克服してきたのか。
 そして新型コロナウイルスを乗り越えることはできるのか。

 感染症の広がり方と、各国の生活・行動様式を鑑みながら、活路を見出していく。
_______________________________

■「感染症 広がり方と防ぎ方」感想



 「感染しなかった人の行動」を見れば、ここまで盲点を埋められるのか!
 
 「感染した人の行動」にのみ目を奪われてると、非常に抜け漏れがおおくなる。

 たとえば算数でも、引き算の検算は、「答に“引く数”を足す」という逆算が有効。
 それと同じく、本書で「感染しなかった人の行動様式」を知ると、より細かく、より確実な予防策をとれるのだ。

 一例を紹介すると、「握手をする文化・しない文化」、「手づかみで食事をする文化・しない文化」など。

 日本人は「握手ではなくお辞儀」をし、「お箸で食事」をする。
 そのような習慣が、SARS感染を引き起こさなかったのでは?と本書では推測する。

1380828_s.jpg


 もちろんウイルスの習性や気候等も関係しているであろうが、この「感染しなかった民族の行動」は、ちょっと見逃せない情報。
 
 新型コロナウイルスにおいても、「感染しなかった人の行動」「感染者の少ない地域の習慣」などを見ることで、思わぬ打開策が見えてくるのでは・・・そんな希望がわいてくる。
 
 本書ではその他、建物の構造からも「感染症の伝播」を分析。
 ホテルの水道から、感染拡大の真因を解き明かす経緯には、思わず膝を打つ。

 さらに「言語の発音法」からも、伝播の仕方を解明。
 本書には、ちょっと他の感染症本にはない「思いもよらぬ感染の盲点」がじっくり書かれている。

 感染拡大が止まらず、もはや「いつ・どこで・どのようにして感染したか」を追いきれない事態。

 ここまで来たら、本書を参考にして「なぜあの人は感染しなかったのか」「なぜあの地域は感染者が少ないのか」を見た方が早そうだ。

 毎日報道される、国別・都道府県別・自治体別の感染者数。
 本書片手に情報を読めば、「あっ!」と気づくことがあるはず。
 そこから一気に突破口が見えますように・・・そう願わずにいられない、今日この頃だ。

詳細情報・ご購入はこちら↓


一緒に読みたい!

「感染地図 歴史を変えた未知の病原体」レビューはこちら

 
関連記事
プロフィール

アコチム

Author:アコチム
反抗期真っ最中の子をもつ、40代主婦の読書録。
「読んで良かった!」と思える本のみ紹介。
つまらなかった本は載せていないので、安心してお読みください。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告