「歴史とは靴である 17歳の特別教室」磯田道史。「歴史が苦手」という人必読。人生180度変わります。

 はたして、偉人といわれる人たちのことだけが歴史でよいのでしょうか。(本文引用)
______________________________

 「歴史が苦手」「現代小説は読めても、歴史小説がなかなか読めない」

 本書は、そんな人におすすめ。

 なぜなら本書を読むと、「自分は歴史が苦手なわけがない」と思えるから。
 「歴史が苦手という人が、この世にいるわけない」と思えるから。

 「歴史が苦手」「歴史小説が読めない」というのは、すなわち「自分自身のことが苦手」「現代の出来事を読むことができない」ということになるからだ。

 現代随一の歴史伝道師・磯田道史氏。
 押しも押されもせぬ人気歴史家が、17歳の高校生に説く「歴史の実態」とは?。

  
 今まで「歴史が苦手」と思っていた人は、目からウロコが落ちて落ちて拾いきれなくなること必至。
 
 「歴史が苦手」といっていた自分を完全に忘れてしまう、人生を変える一冊だ。
_________________________________

■「歴史とは靴である」内容



 本書は、磯田道史氏による歴史講義を収めたもの。
 生徒は女子高生だ。

 磯田氏は、自分の生い立ちから「歴史に興味をもったきっかけ」を披露。
 そこから、「歴史は自分の身を守る靴である」と説諭。

 さらに、学校で習う「歴史」について言及。
 なぜ歴史の教科書は授業には、武将や政治家しか出てこないのか。
 どうして「事件」ばかり取り上げられるのか。

ce2dac9a8d289fc50136cd7c63aadd78_s.jpg


 突き詰めて考えると、「歴史」とはもっと、自分の身に浸透してるもの。
 今を生きる自分と、確実につながっているもの。

 磯田氏は独特の定義で、「歴史=勉強」と思いがちな高校生の認識をガラリと変えていく。
____________________________

■「歴史とは靴である」感想



 「講義」ということでサラッと読めるが、磯田道史の魅力を最大限に凝縮。
 
 読みながら、思わず「コレだよ!ココが磯田さんのすごさなんだよ!」と叫んでしまった。

 磯田道史の偉大さとは、何と言っても「歴史をこれ以上ないってぐらい身近なものにしてくれる」こと。

 いや、「身近にする」どころではない。
 
 現代に生きる私たちの体の中に、スルリと歴史を埋め込んでくれるのが、磯田道史の「すごさ」だ。

 本書が、その「すごみ」を発揮しているのは、高校生対象だから。

 歴史を「勉強」ととらえる高校生が相手だから、「歴史を内包させる磯田流」が存分に効果を発揮。

 授業を通して、高校生たちがどんどん歴史を身近に感じ、歴史に対するハードルを下げていく過程は、実に痛快だ。

8f47b167679a8e0a0d6b73487b966349_s.jpg


 たとえば「ブタやトイレに歴史はあるか」の項。

 磯田氏は「歴史とは何か」という問いに対し、まずこう答えている。

 「歴史とは、いろんな人の人生の集合体である。こんな人生を送った人がいる。あんな人生を送った人もいる。それを集めた集合体が歴史になる」


 さらにこう付け加える。
 

そもそも歴史は人間にしか存在しないのでしょうか。


 

ぼくはブタにもりっぱな歴史があると思うのです。


 

みなさんのなかで将来、建築デザイナーになりたい人はいませんか? その場合、武将の歴史を知っているのと、世界中の人間が過去にどんなトイレをもってきたかを知っているのとどっちが役に立つかといえば、トイレの歴史を学んだ人のほうが、いい家の設計ができるかもしれません。


 今まで「歴史は暗記物」「歴史が苦手」と思っていた人も、磯田氏のこんな言葉を聞くと、認識が変わるのではなかろうか。

 確かに「教科書で学ぶ、偉人が活躍する歴史」を知れば、世界を揺るがす大事件を知ることはできるかもしれない。

 しかし歴史とは、そもそも「大事件」だけを知るものではない。

 生きとし生けるものに歴史があり、非生命体にも必ず歴史がある。
 そしてどんなに小さなものの歴史でも、教科書に載らない歴史でも、我々の生活を形成するうえで欠かせない。

 知らず知らずのうちに、私たちの日常には、様々な歴史がDNAレベルで埋め込まれているのだ。

 だから本書を読むと、歴史嫌いは確実に払しょく。
 
 冒頭でも書いたが、「自分は歴史が苦手なわけがない」と心底思える。
 
 だって歴史が全く他人事でないから。
 歴史は自分の生活・心・体全てをつくる、原子ともいえるものだから。

 歴史が苦手であろうはずがないのだ。

 現在、学生さんで「歴史がどうにも苦手」という人に、本書はおすすめ。
 しつこいようだが、本気でおすすめ。
 
 「暗記物だから苦手~」なんて思っていた自分が、読後は生まれ変わってるはずだ。

 大人の方なら、「歴史小説が読めない」という人におすすめ。

 その答えは、本書掲載「浅田次郎の言葉」にあり。
 実は私も歴史小説は、なかなか入り込めなかった。
 しかし本書で、浅田次郎の言葉を聞いてから、なんてことなく読めるようになってしまったのだ。

 磯田&浅田パワー、おそるべしである。

 歴史嫌いを克服したい。
 歴史小説を楽しめるようになりたい。

 そう思うなら、「歴史とは靴である」は必読。
 
 「あれ?何で私、歴史が苦手だったんだろう? 苦手なはず、ないじゃんね!」と笑みがこぼれてしまうだろう。

詳細情報・ご購入はこちら↓

関連記事
プロフィール

アコチム

Author:アコチム
反抗期真っ最中の子をもつ、40代主婦の読書録。
「読んで良かった!」と思える本のみ紹介。
つまらなかった本は載せていないので、安心してお読みください。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告