「騙し絵の牙」あらすじ・感想。「大泉洋そのまま」なのに「大泉洋が演じるの!?」と不安に。

 ただただ“大泉洋”という男をイメージしながら読んでいただく、そこから驚きの渦に巻き込まれていくのが、この作品の面白さ。
(大泉洋さんによる「解説」引用)
______________________________

 大泉洋のファンなら必読。
 「ファンというわけではないけれど、大泉洋が出るドラマなら観る」という人も、必読だ。

 何しろ役どころは「稀代の人たらし編集者」。
 
 誰もがメロメロになる、ユーモアたっぷりの機関銃トークは「大泉洋」そのもの。
 ページから大泉洋がムックリ立ち上がり、紙上で演じる幻覚まで見えてくる。

 ところがおやおや?
 読むうちに、不安になってきた。

 「これ、本当に大泉洋が演じるの!?」


 「大泉洋そのもの」なのに「大泉洋らしくない」という、不思議現象を巻き起こす「騙し絵の牙」。

 いったいどんな「騙し絵」が、読者に牙をむくのか。
 あなたの知らない「大泉洋」が、ここにいる!
_______________________________

■「騙し絵の牙」あらすじ



 速水輝也は出版大手「薫風社」勤務。
 話術に長けた「人たらし」編集者として、業界では有名人。
 
 現在、カルチャー誌「トリニティ」の編集長を務めている。

 抜きんでたユーモアセンスとウイットで、業界の荒波を切り抜けるが、速水にも勝てないものがあった。

 それは「紙の本が売れない」という、時代の潮流だ。

 薫風社は販売不振を鑑みて、目玉である文芸誌を廃刊。
 著名作家陣との信頼関係も失われていく。
 
 さらに速水が編集長を務める「トリニティ」も、廃刊の噂が・・・。

 速水は「トリニティ」と薫風社、そして「活字媒体」を守るため東奔西走。

 人気女優のコラム連載、企業タイアップ等々を、得意の話術と人望でとりつけていく。

f14b01b96e0b606580d868a3cb8118c5_s.jpg

 
 しかし廃刊への勢いは止まらず、速水の苦悩は増すばかり。

 実は速水には、何が何でも「薫風社の雑誌」を終わらせたくない「ある理由」があったのだ。
__________________________

■「騙し絵の牙」感想



 塩田武士の本は以前から大好きだが、本書にはまいった。
 
 大泉洋の「魔性」を、文字だけでここまで鮮明に表現するとは、ただただビックリ。

 「君にはかなわないなぁ」と心底思わせる、大泉洋。
 どんなに場が凍り付いても、たった一言いうだけで、いや、その場にいるだけで氷解させてしまう大泉洋。

 そんな、絵にも描けない「大泉洋」力を、文字でありありと描ききるとは・・・「塩田武士は天才」と言わざるを得ない。 

 なかでも、これは「大泉洋にしかできない!」と手を叩いたのが「バリカン接待」。

 大物作家の接待で、後輩社員が大失態。
 社運を賭けた接待だっただけに、速水は大慌て。

 怒り心頭の大物作家は立ち去ろうとするが、そこで速水は予想外の行動に。

a31edb79543dc284191de1d34db5551a_s.jpg

 
 作家は根負けし、事態をそっくり好転させるのだ。

 バリカン接待のシーンは、「大泉洋力・ここ一番の見せどころ」。
 他の俳優では実現不可能。
 
 「騙し絵の牙」はセリフ1つひとつ、一挙手一投足が、全て「大泉洋以外では成り立たないもの」になっているのだ。
 大泉洋の演技を少しでも見たことがあるなら、「ああ~、大泉洋が見えてくる~!」と悶絶するだろう。

 しかし、ただの「あてがき」に終わらないのが、さすが塩田武士。
 
 終盤の「種明かし」では、「これ、本当に大泉洋が演じるの?」と不安にさせる展開に。

 当の大泉洋も「僕も騙された!」と解説で述べている。

 どんな牙が現れるかは、読んでみてのお楽しみだ。

 「騙し絵の牙」は2020年6月映画公開。
 スクリーンで「いつもの大泉洋」と「いつもと全く違う大泉洋」の両方を、たっぷり味わえること間違いなし。

 今から映画館で「大泉洋であり大泉洋じゃない大泉洋」を観るのが待ち遠しい。
 
詳細情報・ご購入はこちら↓
 
関連記事
プロフィール

アコチム

Author:アコチム
反抗期真っ最中の子をもつ、40代主婦の読書録。
「読んで良かった!」と思える本のみ紹介。
つまらなかった本は載せていないので、安心してお読みください。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告