恩田陸「ユージニア」はなぜモヤモヤするのに「面白い」のか。ネタバレ不可能な異色怪奇ミステリー。

 「真実は時の娘」という言葉があるが、果たしてこの事件に時は真実を教えてくれるのだろうか。
(本文引用)
______________________________

 皆さまは「モヤるミステリー」は嫌いですか?
 「やっぱりミステリーはスッキリしなきゃ!」と思っていますか?

 実は私もそう思っていました。
 モヤるミステリーを読むたびに 「作者の人、疲れちゃったのかな?」「読者に丸投げして手抜き?」なんて、疑心暗鬼に陥っていたんです。
 
 でも「ユージニア」を読んで、ガラリと一変。

 モヤるミステリーは、自分で犯人を捜す楽しさがある。
 モヤるミステリーは、他の読者と推理合戦をする喜びがある。


 「モヤるミステリーって、本好きにとって、とてつもなく贅沢な存在なのでは?」と思うようになったんです。

 一度読むと、何度も何度も読みたくなる「ユージニア」。

 気分はまるで、迷宮入り事件を追って、何度も現場に足を運ぶベテラン刑事。

 ネットでも「犯人は誰?」と激論が交わされる奇書「ユージニア」とは、いったいどんな物語なのでしょうか。
____________________________

 

■「ユージニア」あらすじ



 舞台は地方の名家・青澤家。
 
 当主の還暦祝いで、地元の人々は広い屋敷に集まります。

 しかしそこで、思わぬ悲劇が。

 運ばれた飲み物に毒が混入。
 子どもを含む17人が死亡。
 
 華やかな宴は一転、阿鼻叫喚の大惨事へと発展します。

785b144b9d1f7b34fd491d69966307db_s.jpg


 犯人として濃厚なのは、黄色い雨合羽を着た男。
 青澤家に飲み物を配達する姿が確認され、犯人として浮上。

 ところが後日、その男は自殺。
 警察は、彼が毒物事件の犯人ということで一応の決着を見ます。

 しかしそれは、真相のほんの入口。

 大量毒殺事件の「本当の犯人」は、他にひそんでる可能性が・・・?

_______________________________

■「ユージニア」感想



 先述したように、「ユージニア」は究極の「モヤるミステリー」。

 そう聞くだけで敬遠する人もいるかもしれませんが、ハッキリ言います。

 「ユージニア」は、「モヤるミステリーは苦手」という人にこそオススメです。

 本書を読めば、ミステリーに対する偏見・固定観念がみごとに逆転。

 スッキリしないのに、「スッキリするミステリーより満足している自分」に驚くはずです。

 ではなぜ「ユージニア」は、モヤモヤするのに「面白い!」と満足できるのか。

 それは「証拠がつかめぬもどかしさに、悶絶できるから」です。

 実はこの「ユージニア」、犯人はすぐにわかります。
 毒殺事件の実行犯も、その黒幕も、意外なほどあっさり判明します。
 

そう。分かる。こんな体験は初めてだが、今俺は、最初に見た瞬間にあの事件の犯人が分かった。


 でもそこからが問題。
 とにかく証拠がつかめそうでつかめない。

 もしかすると、家の中に、事件が起こることを知っていた人がいたんじゃないでしょうか。


 それを一読した彼は、思わず呟いていた。
 「いったいなんのことだ、こりゃあ」


 今度こそ徹底的に、あの男と青澤家との関係を洗いました。
 そして、やはりそこで行き詰まってしまったのです。
 彼と青澤家の接点が、どうしても見つからない。


 まるで“証拠”が物語のあちこちで、「鬼さん、こちら」と手を鳴らしてるみたい。
 「さあ、この謎、あなたにはわかるかな?」と読み手を挑発してるみたい。

03fc1ff6ec66faed593bbc13ada9d0ab_s.jpg


 だから「ユージニア」は、読み手を虜にしてしまう。
 「何としてでも真相を明らかにしてやる!」という気持ちにさせられてしまうんです。

 17人毒殺という、未曽有の残酷事件はなぜ起きたか。
 実行犯・教唆犯・真の黒幕が特定できる「証拠」は、本書のどこに隠れてるのか。

 ぜひ何度も読み返して、事件を解明してみてください。
 
 ※どうにもわからなければ、「ユージニア 犯人」と検索するのもオススメ。
   いろんな説・推理を知ることができて楽しいですよ!

詳細情報・ご購入はこちら↓
「ユージニア」は文庫も出ていますが、単行本がおすすめ。
恩田陸が本書にかけた「書体へのこだわり」を味わえます。


 
関連記事
プロフィール

アコチム

Author:アコチム
反抗期真っ最中の子をもつ、40代主婦の読書録。
「読んで良かった!」と思える本のみ紹介。
つまらなかった本は載せていないので、安心してお読みください。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告