「売上を、減らそう」感想。社長に惚れた!閉店危機も乗り越える、ビジネス成功「2つの秘訣」とは?

評価:★★★★★

 わたしが考えたのは、さらに「売上を減らす」ことでした。

(本文引用)
______________________________

 今もっとも話題の外食店「佰食屋」。
 一日に絶対100食しか出さず、売り切れたら閉店。
 店員はアルバイト・正社員とも、日が明るいうちに帰宅可能。

 日本一といっても過言ではない、超ホワイト企業だ。

 本書は「佰食屋」社長・中村朱美氏自らが執筆。
 
  「7割が3年もたない」といわれる飲食業界で、なぜ超短時間労働なのに生き残れたのか。
 
 そこには「超短時間労働」だからこそできる、驚きの戦略が。

 本書は「日本の働き方」に、間違いなくカザアナをあける一冊。

 労働時間が短くても、社員が未経験者ばかりでも、災害つづきで崖っぷちに立たされても、「やり方」次第で企業は儲かる。

 いや、「儲かる」ことを考えなかったから、生き残れたのか。


 コペルニクスもビックリの「型破りのビジネスモデル」を、本書は惜しげもなく公開する。
____________________________

 本書からは、「ビジネス成功2つの秘訣」が見えてくる。

 1つは「人を大切にする」こと。
 そしてもう1つは「人を大切にするという信念を曲げない」ことだ。

 「佰食屋」は、ちょっと目を疑うほど「人を大切にする」。

 しかも従業員もお客さんも同等。

 従業員のためにお客さんを犠牲にするのでもなく、お客さんのために従業員を犠牲にするのでもない。

 どちらも最大に幸せになれる交点を見極めて、営業しているのだ。

team-3373638_640.jpg


 たとえば佰食屋の、整理券配布システム。

 時間指定の整理券を配ることで、お客さんはその間京都観光ができる。
 そして小さいお子さん連れだった場合、指定時間に、席に子供用椅子を置いておくことができる。
 さらに整理券を配ることで、従業員の士気はアップ。

 その「士気」とは、単なる「やる気」ではない。
 
 「自分の作った食事を楽しみにしてくれる人がいる」という思いと、「終わりが見える安心感」、そして100食限定ならではの「売り切った達成感」。

 従業員はそれら3つを、日々心にとめることで、モチベーションをコンスタントに維持できるのだ。

 さらに「佰食屋」は「人を大切にする」だけでなく、「人を大切にする信念の強固さ」も筋金入り。

 たとえば佰食屋では、やる気のある人は採用しないという独自の理論を展開。
 その理由は、従業員を大事にしてるから。

 今の働き方だからこそ、従業員も客も幸せを感じている。
 ならばそれを壊す人は、佰食屋にはいらない。
 イノベーションを目指している、他の企業に行けばよい。

 佰食屋は、世間の常識に反してでも、人を大事にする信念を断固として曲げないのである。

 その頑強さがわかるのは、京都が災害に遭い、崖っぷちに立たされたとき。

 相次ぐ天災で客足が遠のき、いよいよ閉店の危機に。
 そんな時、「人を大事にする」という信念が思わぬ突破口になり・・・?

 「人を大切にする経営」とはよく聞くが、本書ほど「具体的」かつ「画期的な対策」が書かれた本は初めて。

 お客さんも社員も大切に・・・って、こんな工夫をすれば実現できるんだなぁ。

 社長の「人に対する並々ならぬ愛」と、「人を守り抜く行動力」、そしてコペルニクスもビックリの「破天荒な発想力」に脱帽!

 ビジネス本で初めて、社長に「惚れた!」と叫んでしまった。

詳細情報・ご購入はこちら↓
関連記事
プロフィール

アコチム

Author:アコチム
反抗期真っ最中の子をもつ、40代主婦の読書録。
「読んで良かった!」と思える本のみ紹介。
つまらなかった本は載せていないので、安心してお読みください。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告