ドラマ「教場」を100倍楽しむなら「教場2」!こりゃ主役はキムタクじゃないと・・・と納得せざるを得ない一冊。

評価:★★★★★

 「相手が尊敬に値する人物だと思えば、容疑者も自供しようという気になるものだ」
(本文引用)
______________________________

 2020年お正月に、2夜連続でドラマ放送される「教場」。
 キャストを見るかぎり、「教場2」の物語も放送されるようだ。
 
 さて、ここでドラマ「教場」を100倍楽しむ方法を伝授したい。

 それは本書「教場2」を読むこと。
 極端に言うと、「教場」よりも「教場2」を読むのを断然おすすめする。

 なぜなら主役のキャスティングに納得できるから。

 ドラマで主役を演じるのは、木村拓哉さん。
 「教場」だけ読むと、「えっ?キムタク? ちょっと若すぎない?」と違和感を覚える。


 ところがどっこい。
 「教場2」を読めば、「これはキムタクしかないわ~」と納得納得、大納得!

 はっきり言おう。

 主役・風間教官は、キムタクじゃないとダメ!
 特に本書第四話「敬慕」は、木村拓哉さんじゃないと成り立たない。

 キムタクだからこそ、登場人物の複雑心理や、「ハッ」と息をのむ結末に納得できるのだ。
 
 「教場」しか読んでいない人は、ドラマの楽しみも半減。
 ドラマ「教場」をどっぷり楽しむなら、「教場2」は必読だ。

 (※「教場」のレビューはこちら)
________________________________

 

■「教場2」あらすじ



 舞台は警察学校。
 第百期の生徒たちが、退校処分にドキドキしながら厳しい訓練を受ける。
 
 百期の生徒のなかに、一人変わり種がいた。
 生徒の名は桐沢。
 彼は内科医から警察に転向したという、珍しい経歴をもっていた。

 元医師だけに頭が切れ、将来を嘱望される桐沢だが、ある日大きなミスをおかす。

 何と警察手帳を紛失。

 手帳の紛失は即退校。
 
 しかし状況から見て、盗難の可能性が高い。

 ある日、教官の風間は、桐沢に宿題を出す。

 容疑者から情報を聞き出すには、どんな訊問方法が効果的か。

perception-4404729_640.jpg


 その宿題から、手帳盗難の謎が明るみに・・・!
__________________________

■「教場2」感想



 ドラマを楽しむには「教場2は必読!」と書いた。

 しかしドラマ云々を抜いても、「教場2」は読んだほうがよい。

 ずばり「教場」より良い。
 謎にいっそう深みが増し、推理の切れ味もスパッと鋭い。
 しかも人間味たっぷりで、読んでいて非常に気持ちが良い。
 
 「教場」も面白かったことに、かわりはない。
 だが描写が克明なだけに、自分まで「ふるい」にかけられる強迫観念に襲われ、読むのがつらかった。
 
 しかし本書は読んでいて、実に楽しかった。
 
 生徒たちがみるみる、嫉妬を克服。

 依然、妬み嫉みはあるものの、物語が進むにつれ「嫉妬の醜さ」を知ることに。
 風間の指導のもと、己の浅はかさ・愚かさを悔い、警察官・人間としてグンと成長していくのだ。

 人間心理を巧みについた謎解きも、心臓がウズウズする面白さ。
 「へぇ~、そうなんだ!!」「人間って、そういう風に答えちゃうのね~」とビックリフムフム。

 まるで手品のタネ明かしを見ているようで、「次はどんな心理マジックを見せてくれるのかな?」と、一話一話悶絶するほどワクワクした。

 心理マジックの点で特に秀逸なのは、第三話「罰則」。
 「香りと記憶」を結びつけることで、「完全犯罪」が崩壊する物語。

 バレないと思っても、何がきっかけでバレるかわからない。
 「悪いことはできないものですなぁ~・・・」と、思わず深く息を吐いた。

face-1013520_640.jpg

 
 そして冒頭で書いた第四話「敬慕」。
 「敬慕」を読めば、「こりゃ主役は、キムタクしかないわ!」と誰もが思うはず。

 「教場」が連ドラになったら、「HERO」の久利生公平のような「キムタクの当たり役」になるだろう。
 
 2020年のお正月に、ぜひとも観たいドラマ「教場」。
 「教場」しか読んでいない方は、ぜひぜひぜひぜひ「教場2」も読んでいただきたい。
 
 キャストがいかに「ドンピシャリ!」かが丸わかり。
 ドラマが何百倍も楽しくなる。

詳細情報・ご購入はこちら↓
関連記事
プロフィール

アコチム

Author:アコチム
反抗期真っ最中の子をもつ、40代主婦の読書録。
「読んで良かった!」と思える本のみ紹介。
つまらなかった本は載せていないので、安心してお読みください。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告