道尾秀介「いけない」。犯人を知りたければ、本の中を探してはいけない!タイトルが「いけない」理由とは?

評価:★★★★★

 ――お前たちは大きな勘違いをしている。
(本文引用)
______________________________

 読み終えて一夜明けたが、まだ腰のあたりに衝撃がビリビリ残っている。

 ミステリーで、ここまで骨の髄からゾッッとしたのは初めて。
 しかも後遺症にまで悩む始末。

 本書を目にするだけで、「あのショック」がビリッと来て、体中の血が冷えてくる。
 
 さてここで、ちょっとネタバレ。

 「本書を目にするだけで」と、私は書いた。
 ということは「本書の中身」ではなく「本書の外観にショックの理由がある」ということ。

 実は私が「ある最悪の真実」に気づいたのは、本を閉じた後。
 
 読了後、何となく謎を解いたものの「何かがひっかかるんだよな~」と本書を眺めていたら、「!!!!!」


 さらに「もしや」と思い、ある行動に出たところ、真相をきっちり確認。
 
 「最も重大な事件を起こした犯人」は、意外な場所にひそんでいたのだ。

 そして犯人判明と同時に、本書のタイトルが「いけない」という理由も、よくわかった。
 だって犯人が●●じゃ、「いけない!」って言いたくなるもの。

 大人としては・・・ね。
________________________________

 

■「いけない」あらすじ



 本書は4話からなる連作短編集。
 
 ある日、夫婦が交通トラブルに巻き込まれる。
 チンピラに人生を狂わされた夫婦は、妻が復讐を決心。
 後日、チンピラの一人が殺される。

ae17c1cd3b4754d2565b45212f7efb08_s.jpg


 警察は妻から復讐劇の真相を聞きだそうとする。

 その間、妻のもとには新興宗教の勧誘が。
 
 警察と宗教が激しく出入りするなか、ある事故が発生する。

 いったい誰が死んだのか。

 そして妻の復讐劇は、本当に果たされたのか?
_______________________

■「いけない」感想



 本書は章末の最後に、ヒントとなる写真が載っている。

 第1話では、舞台となる場所の地図。
 第2話では、事件を報じるテレビ番組の映像。
 第3話は、事件の様子を描いたメモ。
 そして最終話は便せんの写真だ。

 本書は短編集だが、それぞれがつながっていく群像劇。
 一見、関係ない話に見えて、第3話、最終話・・・と回を追うごとに、登場人物や事件同士のつながりが見えてくる。

 各章の謎解きにもワクワクするが、読むうちにチョコチョコとした小さな事件が、大きな事件を形作っていく様子は楽しすぎて悶絶。

 そして頭にさんざん汗をかいた後、本を閉じてさらに一押し。

 文章を読み「銅の解答」「銀の解答」にたどりついた後、「ある部分」に気づくと、思わず「アウッ」(←驚愕の悲鳴)。

 「ある部分」に基づき、もう一度読み直すと、見事「金の解答」に行きつくことができる。

1eb95c7057d9248d22fbac6f599774ff_s.jpg


 しかしこの「金の解答」は、非常に残酷なもの。
 わかった瞬間に肌が粟立ち、全身急冷状態に。
 さらに考察を進めると、「タイトルの奥深さ」にも震撼する。

 これだけ超絶技巧がほどこされたミステリーなのに、なぜ「いけない」という、シンプルな言葉なのか。

 それはきっと、一番の大罪を犯した人に合わせたから。
 犯人に対し、何らかの忠告をするならば、やはり「いけない」という言葉になってしまうからだ。
 (※あくまで私個人の見解です。)

 繊細な人は「銅の解答」「銀の解答」にとどめておくのが、おすすめ。

 打ちひしがれてもいいから「金の解答」にたどり着きたい人は、読み終えた後が勝負。

 読了後も、本書を解剖する勢いで読みつくせば、きっと震える。
 後遺症覚悟で、虱潰しに真相を究明していただきたい。 

詳細情報・ご購入はこちら↓
関連記事
プロフィール

アコチム

Author:アコチム
仕事・家事・育児の合間に文字を楽しむ、兼業主婦の備忘録です。
本の評価は以下のとおり(2015年10月~)
★★★★★=読むと一生幸せでいられます。
★★★★☆=読むと1年間幸せでいられます。
★★★☆☆=読むと1週間幸せでいられます。
★★☆☆☆=これ以下の本は載せません。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告