猛暑に読むなら「DIVE!!」。芦田愛菜さんもおすすめの青春スポ根で夏を乗り切ろう!

評価:★★★★★

 「もっと自分だけの、最高の、突きぬけた瞬間がいつかくる。そういうのを信じて飛んでるんだ」
(本文引用)
______________________________

 今年の夏はキツイ。
 いつもの夏より数倍疲れる。

 猛暑の言葉どおり、今夏の暑さには猛り狂うような異常性・凶暴性を感じる。
 
 そこで読んだのが、森絵都「DIVE!!」。


 実は本書も「十角館の殺人」同様、本棚の奥で眠っていた本。
 
 「老後の楽しみに」と思っていたが、これまた「十角館~」同様「まなの本棚」おすすめなので、前倒しして読み始めた。

 いや~、読んでよかった!
 海やプールで「超気持ちいい!」を味わった後に、仲間と笑顔で焼き肉をガッツリ。
 「DIVE!!」なら、部屋で本を読んでるだけで、そんな極上体験ができてしまう。

 これから訪れる厳しい残暑、読書で乗り切るなら、この「DIVE!!」がダントツでおすすめだ。
______________________________

 

■「DIVE!!」あらすじ



 坂井知季は中学生。
 飛び込みの選手として、日々練習を重ねている。

 しかし知季が所属するダイビングクラブが、存亡の危機に。
 そこにやってきたのが、女性の新任コーチ。

 彼女はクラブ存続の「ある条件」のために、米国からやってきた。

 「ある条件」とは、ダイビングクラブから最低1名、オリンピック選手を出すこと。
 オリンピックは来年に迫っており、このままでは到底不可能。

 しかし五輪代表選手が出なければ、ダイビングクラブは倒産。

 はたして知季たちは目前に迫った五輪に、出ることができるのか?
______________________________

 

■「DIVE!!」感想



 「DIVE!!」は夏バテしてる人におすすめ。
 だが、もっとおすすめしたい人がいる。

 それは「今、打ち込んでいることに疑問を持っている人」だ。

 勉強ならいくら打ち込んでも疑問を持たない。
 受験や就職、年収などライフプラン・ライフステージに直接結びつくからだ。

 しかしこれがスポーツや趣味の話になると、違ってくる。

 「こんなことやってて、何になるんだろう?」とふと虚しくなるものだ。

 だが「DIVE!!」を読んでいると、そんな疑問が氷解する。
 スポーツでも趣味でも、何か1つのことに打ち込んでいる自分を、自信をもって肯定できるようになるのだ。

 本書に登場する飛び込み選手たちは、「1つのことに打ち込む人にしか見えない風景」を見ている。
 命を賭けてのぼった山の頂上で、ご来光を拝む・・・そんな「己の限界に挑戦した者にしか見えない風景」を見ているのだ。

d1c05877b8755770d4b2e59a7fed349a_s.jpg


 だからこそ彼らは、通常では考えられない「バカなこと」をする。
 自分の損得を1ミリでも考えたら、決してしない行動をとってしまう。
 「何のために今までがんばってきたの?」「そんなことじゃ、世の中わたっていけないよ」とコンコンと諭したくなる「バカなこと」をしてしまう。

 だがそんな「バカなこと」ができるのは、「1つのことに打ち込む人にしか見えない風景」を見てるから。
 1つのことに、ただただひたむきに打ち込んでいるからこそ、損得を度外視した「バカなこと」をするのだ。

 何かに打ち込んでいる方は、そんな「損得を度外視した行動」ができる人。
 それって「将来どうするの?」「何の役に立つの?」なんて考えるより、ずっと大事だと思う。

 今現在、1つのことに打ち込みながらも疑問・不安を感じてる人は、ぜひ「DIVE!!」を読んでみてほしい。

 「私、このままでいいんだ」と自信をもって、己の人生を邁進できるだろう。

詳細情報・ご購入はこちら↓
関連記事
プロフィール

アコチム

Author:アコチム
仕事・家事・育児の合間に文字を楽しむ、兼業主婦の備忘録です。
本の評価は以下のとおり(2015年10月~)
★★★★★=読むと一生幸せでいられます。
★★★★☆=読むと1年間幸せでいられます。
★★★☆☆=読むと1週間幸せでいられます。
★★☆☆☆=これ以下の本は載せません。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告