「愛がなんだ」原作感想。恋で人生狂わせたくないなら、読んでおくべき「恋愛教本」。

評価:★★★★★

「もうほんと、今日はなんでかほかにだれもいねえよってときに、あっ、ナカハラがいんじゃんって、思い出してもらえるようになりたいんす」
(本文引用)
______________________________

 「愛がなんだ」の映画が、非常に好評だ。
 私はまだ映画を観ていないのだが、映画館で予告編を観て「面白そう」と直感。
 
 そして本書を読了後、今度はWEBで予告編を視聴。
 原作のイメージぴったりのキャスティング、そしてそして・・・「恋の狂気が匂いたつような映像」にブルッときた。

 今現在、恋愛で「自分、ちょっとおかしいのかな?」と思っている人は、ぜひ一読を。
 また「友人の恋愛が心配」という人は、さりげなく本書を薦めてみても良いだろう。

 本書を読めば、恋で加熱し誤作動した脳をクールダウン。
 「惚れた腫れた」で「人生狂った!」という最悪の事態は免れるだろう。


____________________________________

 

■「愛がなんだ」あらすじ



 山田テルコには、好きな人がいる。
 田中守、通称マモちゃんだ。

 テルコはマモちゃんの家にも行くし、ご飯も作るし看病もするし、男女の関係にもなっている。

 しかしテルコはマモちゃんの恋人ではない。
 完全に「都合のいい女」状態で、それを周囲に指摘されても、恋の暴走がやめられない。

b18fe997d570529a2f69909a5c4dd5b3_s.jpg


 マモちゃんへの思いでいっぱいになりすぎて、仕事も疎かに。
 せっかく正社員で勤めていたのに、ついに退職を迫られる。
 
 でもテルコは平気。
 だってマモちゃんがいるから。
 ナカハラくんだって、親友に片思いして「都合のいい男」で満足してるじゃない。

 そう思い、テルコはどうにかこうにか日々を過ごす。

 しかしある日、テルコの前に一人の女性が現れて・・・?
____________________________________

 

■「愛がなんだ」感想



 前述したように、本書は「恋で人生狂わせないため」の最強マニュアル。 

 「あの人のことが頭から離れない」「この前まで、こんな私じゃなかったのに」「私、今、ちょっとおかしいのかな?」

 そんな疑念が1ミリでもあるなら、本書は必読だ。
 
 たとえば恋愛相談などで、こんな言葉をよく見かける。

 「相手も自分に好意を持ってくれてると思うのですが」
 「今忙しいので、と言って断られたのですが」
 「A子より私のほうが魅力があると思うのですが」
 「私のほうが先にアプローチしていたら、今頃彼は私の夫だと思うのですが」
 
 どれもこれも、言葉は悪いが「んなわきゃねーだろ!」と言いたくなるものばかり。
 しかし片思いをこじらせていると、それがわからなくなるもの。
 恐ろしいほどポジティブになり、どんどん相手を困らせる羽目に。
 憧れの「両想い」から、ますます遠ざかり、なかには仕事・友人・家族も失う人もいる。

28cb45c4e9e282f8e0eb81bd52a81d84_s.jpg


 テルコの言動・状況を見れば、そんな最悪の状況だけは避けられる。
 「もしかして私、こんなになってる?」と自分と照らし合わせて読めば、人生の軌道修正ができるはずだ。

 しかもこの話、ダメダメテルコに終わらないところが素敵!
 ややネタバレになるが、テルコが意外なほどの成長を見せ、後味のよいラストになっている。

 そんなラストも含めて、本書は最高の恋愛教本。
 周囲から「イタい」と言われない恋、そして相手から「ウザい」と言われない恋をしたいなら、読んで損なし。

 「恋はしたいけど、恋で人生狂わせるのだけは御免!」
 「好きな人がいるけど、家族や友人、仕事を失うのだけは困る」
 「両想いにはなれなくても、せめて嫌われたくはない」

 そう願う安全志向の方は、まず「愛がなんだ」を読んでおこう。
 波乱万丈、周囲を引っ掻き回すのがお好きな方は、もしかして物足りないかも?
                                                                
詳細情報・ご購入はこちら↓
関連記事
プロフィール

アコチム

Author:アコチム
反抗期真っ最中の子をもつ、40代主婦の読書録。
「読んで良かった!」と思える本のみ紹介。
つまらなかった本は載せていないので、安心してお読みください。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告