「わたし、定時で帰ります。ハイパー」感想。平成のハラスメント総決算!一社に一冊いかが?

評価:★★★★★

 結衣が作りたいと思っていたのは、自分だけが定時で帰る会社ではない。
(本文引用)
______________________________

 「わたし、定時で帰ります」の第2弾。

 「こりゃ確かにハイパーだわ!」と思わずニンマリ。
 定時帰宅が絶対の結衣が、ついに管理職となり、さらに茨の道を進むことに。
 
 舞台は海外にまで飛び、いわば「テレビ版」が「映画版」になった感じである。
 (「朱野さん、さては映画化をねらっていますね。ズバリそうでしょう!」←丸尾くん風)

 命を削る過重労働、人権無視の超絶ハラスメント・・・そんな体質がしみついた企業に、結衣たちはどう挑むのか。

 平成のハラスメント総決算の「わたし、定時で帰りますハイパー」。
 ハラスメントのない時代に向け、令和の赤穂浪士が立ち向かう! 


____________________________________

 

■「わたし、定時で帰りますハイパー」あらすじ



 東山結衣は30代前半。
 WEBサイトの構築・運営をする会社に勤務。
 絶対譲れないポリシーは定時に帰り、近所の中華料理店で半額ビールを飲むことだ。

 実は結衣は二度婚約が破談となっており、現在実家に居候中。
 何とかして現状を打破したいと思っている。

 ある日、結衣のもとに大きな仕事の話が来る。
 大手スポーツウェアメーカーのウェブCMだ。

 他社が関わったCMが炎上し、結衣の会社にチャンスが到来。

 しかし当のスポーツウェアメーカーは、激烈なハラスメントが横行する会社だった。

16270f60839826af31d04bbf273c07c6_s.jpg


 セクハラ、パワハラ、裁量労働制・・・。

 結衣たちは凄絶なハラスメントに耐えながら、大きな山を動かそうとするが・・・?
____________________________________

 

■「わたし、定時で帰りますハイパー」感想



 本書を読むと、いかに世の中が「ハラスメント」に対し鈍感だったかがわかる。

 セクハラ、パワハラ、モラハラ・・・どれも「魂の殺人」、いや、魂も肉体も死に追い詰める犯罪行為だ。

 「わたし、定時で帰りますハイパー」は、その罪の重さを色濃く描写。

 ハラスメントにまつわる「あの事件」「この事件」を、物語にさりげなく織り込む構成は見事。
 やや描写が極端なきらいはあるものの、極端さゆえに、ハラスメントに対する意識を研ぎ澄ましてくれる。

 なかでも「おっ、これは・・・」と瞠目したのが、結衣の元婚約者・種田が味わったパワハラ経験。

 種田は大学時代、野球部で悔やんでも悔やみきれない「罪」を犯した。
 監督の強烈なパワハラと、それに異を唱えられない異常な空気のなかで、一生ひきずる罪を犯したのだ。

b252ed5f11bc314e594e18f3545cf73a_s.jpg


 当時の状況を、種田はこう語る。

 「監督に呼ばれたんだ。一ヶ月ぶりに話しかけられて緊張している俺に、監督は言った。あの水を飲んだ奴、何とかしとけよ、わかってるなって」


 この話、どこかで聞いたことはないだろうか。
 そう、昨年起きたアメリカンフットボールの事件だ。

 本書ではこのように、実際のハラスメント事件を巧みに導入。
 その他、大手広告会社の新入社員自殺事件も、しっかり織り込んでいる。

 だから本書を読んでいると「ああ、本当に今までおかしいことだらけだったんだ。ハラスメントに対し、意識が鈍くなっていたんだ」と痛感する。
 おかしいことをおかしいと言うこと、ハラスメントに対する感覚を研ぎ澄ませることが、いかに大切かがわかってくる。

 だから本書は、ただのお仕事小説・フィクションではない。

 実際の事件を思わせる場面をあちこちに織り込み、問題意識を喚起。
 コミカルなようでいて、「待ってました」と言いたくなる「正義の書」なのだ。

 ところでこれ、映画化しますよね?(えっ? しない?)
 あるいは2時間スペシャルドラマ?
 
 ぜひ帯ドラマよりスケールアップして、映像化していただきたい。
                                                                
詳細情報・ご購入はこちら↓
関連記事
プロフィール

アコチム

Author:アコチム
反抗期真っ最中の子をもつ、40代主婦の読書録。
「読んで良かった!」と思える本のみ紹介。
つまらなかった本は載せていないので、安心してお読みください。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告