「おまえの罪を自白しろ」。ダイナミックな面白さで大満足!犯人の本当の目的は?そしてホントの罪とは?

評価:★★★★★

「警察であれば、そう面倒なことではありません。もちろん、その目的はひとつ。――憎き犯人にも自白させてやるんです」
(本文引用)
______________________________

 「あー、面白かった!」とホクホク満足した小説は、たいてい映像化される。
 おそらく、いやきっと、本書も多分にもれず。
 映画や、年末年始のスペシャルドラマなどで映像化されるだろう(妄想&希望)。 

 真保裕一氏の作品なので、「面白いこと」はわかっていた。
 と言いつつ、途中までは「あれ? 何か凡庸な内容だな~。読むのをやめようかな・・・」と挫折の危機が。

 しかし後半戦に入ってからメキメキ話が盛り上がり、ラストは全く想定外の展開に。
 脳がひっくり返るような「スケールのでかい面白さ」で、大満足のうちに読み終えた。


 あ、これ「相棒スペシャル」で放送してくれるのもいいな。
 
 何しろ真相が、想像をピョーンと越えたもの。
 右京さんが全容を解明し、皆が瞠目する場面が、今から目に浮かぶ。

 テレビ朝日さん、「相棒元日スペシャル おまえの罪を自白しろ」なんていう企画はいかがでしょうか。
 (朗報をお待ちしています。)
______________________________________

■「おまえの罪を自白しろ」あらすじ



 ある日、3歳の少女が誘拐された。
 少女は大物政治家・宇田清治郎の孫。

 犯人は孫娘の解放に、ある条件を突きつける。

 『我々の要求は金銭ではない。
  孫娘の命を救いたければ、明日午後五時までに記者会見を開き、おまえの罪を包み隠さず自白しろ。今まで政治家として犯してきたすべての罪を、だ』


 宇田は建設省の官僚だったこともあり、公共工事ではかなり危ない橋を渡ってきた。
 談合、収賄・・・全ての罪を自白すれば、政治生命は間違いなく絶たれる。

b280a40f7c7f41e65736b6342b122d90_s.jpg


 そして宇田の自白は国を激震させ、一蓮托生で多くの政治家・官僚も葬り去られることに・・・?

 犯人の狙いは、いったい何なのか。
 孫娘は本当に解放されるのか?
 ____________________________________

 

■「おまえの罪を自白しろ」感想



 冒頭でも書いたが、最初は正直「・・・あんまりおもしろくないかも・・・」と思ってしまった。
 華麗なる一族の孫誘拐、政治家の汚職、公共工事の談合等々、「ありがちだなぁ~。真保裕一さんだから、もっと突飛な話で驚かせてくれると思ったんだけど・・・」などとややガックリきていた。

 しかし110ページを過ぎた頃、私は「そんなことを考えた自分」を恥じることに。

 「犯人のねらい」について、捜査陣は「待てよ?」とばかりに方向転換開始。
 
 刻一刻とタイムリミットが迫るなか、思いっきり発想を柔軟にして解決に邁進していくのだ。

 そしていよいよ解決か?となった後に、もうひとひねり。
 
 「ええええええ? そういうことだったのぉ~!?」という「やられた感」に、私は思わず顔を覆った。
 
 (真保さん、先ほどの失言、申し訳ございません。
 やっぱり面白いです。これからもついていきます。)

 ピンボールのように「あっちでもない、こっちでもない」と推理が二転三転するなか、たどり着いた答は、ピンボールを機械ごとひっくり返すもの。

 さて、この自白、あなたは見抜けるだろうか?

 読んでおけば、いつか映像化されるとき、「自分は真相を知ってるもんね」と優越感を味わえることだろう。
 というわけで、テレビ局の方、映画会社の方、何とぞ「おまえの罪を自白しろ」の映像化をよろしくお願いいたします。

※映像化熱望本限定コーナー:勝手にキャスティング

●宇田清治郎:西岡徳馬
●宇田揚一郎:葛山信吾
●宇田晄司:桐谷健太
●緒形麻由美:貫地谷しほり
●緒形恒之:平岡祐太

                                                                     
詳細情報・ご購入はこちら↓
関連記事
プロフィール

アコチム

Author:アコチム
反抗期真っ最中の子をもつ、40代主婦の読書録。
「読んで良かった!」と思える本のみ紹介。
つまらなかった本は載せていないので、安心してお読みください。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告