湊かなえ「ブロードキャスト」。「自分に居場所がない」と思ってる人、読んでみませんか?

評価:★★★★★

 浮いたままの方の僕が問いかける。
 おい圭祐、ここはおまえの居場所なのか?

(本文引用)
______________________________

 湊かなえさんはイヤミスよりも、ハートウォーミングストーリーのほうがいい。
 断然いい。

 「山女日記」「物語の終わり」を読んだ時も、まるっきり同じことを思った。
 「ええっ?湊かなえさんって、こんな素敵な小説も書くんだ。・・・イヤミスから転向したほうがいいんじゃ・・・」と(余計なお世話だが)。

 本書「ブロードキャスト」は爽やかさいっぱいの青春小説。
 読んでるだけでグレープフルーツかシトラスの香りがただよってくる、「湊かなえらしからぬ」作品だ。

 イヤミス目当てで湊かなえ作品を読む人は拍子抜けするかも。
 でも純粋に「心洗われる小説を読みたい」と思うなら、ホントにおすすめ。


 そして今もし、「自分の居場所がわからない」「自分が生きてる価値って何だろう」と悩んでるなら、ぜひ読んでみてほしい。
 読み終える頃には、心にサッと光が射しているはず。

 自分の居場所、生きている価値が、霧が晴れたように見えてくるだろう。 
 ________________________________

■「ブロードキャスト」あらすじ



 主人公・町田圭祐は中学時代、陸上長距離の選手だった。
 
 将来を嘱望され、陸上の強豪校に行くつもりだったが、事故で大けがを負い挫折。
 失意のうちに高校に入学する。

 しかしそこで圭祐は、自分では気づかなかった「ある才能」を見出される。

 「おまえの声って、ホント、いいもんな」


 「声がいい」なんて言われたのは、産まれて初めての圭祐。

 圭祐は、ラジオ脚本家を夢見る正也に連れられ、強引に放送部に入れられるが・・・?

346b8478f502f46bc1d5c28541f438fa_s.jpg

____________________________________

 

■「ブロードキャスト」感想


 
 「よくできてるなぁ」というのが、本書を読んだ第一の感想。
 「よくできてる」と思った理由は、劇中劇で語らせるから。

 本書が、圭祐たちを描くのではない。
 本書に出てくるラジオドラマが、圭祐ら高校生の姿を描き出しているのだ。

 圭祐たちは全国高校放送コンテストで、ラジオドラマを作っていく。
 内容は、SNSがらみの「いじめ」を描くもの。
 タイトルは「ケンガイ」。
 
 陸上の夢を絶たれ人との接触を拒み、SNSをやらない圭祐。
 同級生に無視され、SNSから完全に遠ざかった女生徒・さくら。
 そんな二人の心情を慮り、脚本を書く正也。

 彼ら放送部員演じるラジオドラマ「ケンガイ」こそが、圭祐とさくらの気持ちを映し出す。

05146aceda18982da4f4f15cbf1fba40_s.jpg

 
 いわば「ブロードキャスト」は、ドラマの中にドラマがある「入れ子構造小説」なのだ。 

 そのドラマを通じて、圭祐たちは「自分の居場所」を見つけていくのだが、そこはさすがミステリーの女王・湊かなえ。

 ラストで、陸上部時代の「謎」の真相が判明。
 これはちょっと読めなかったから、最後の10ページで面白さがさらにアップ。

 同じミステリーでも「イヤじゃないミステリー」というものは、心にしみいるものだなぁ・・・と新たな発見をした。

 「ミステリーじゃない湊かなえなんて・・・」と思う人でも、最後10ページを読めば「なーるほど!」と膝を打って満足するだろう。 
 
 レモンのような爽やか味で、「湊ミステリーの妙味」も味わえる「ブロードキャスト」。

 「自分に居場所がない」と悩んでる人は、ぜひ読んでみてほしい。
 紆余曲折の展開に没頭しているちに、「自分の居場所はここじゃない」「一歩歩き出してみよう」と心が動き出すはずだ。
                                                                     
詳細情報・ご購入はこちら↓
関連記事
プロフィール

アコチム

Author:アコチム
反抗期真っ最中の子をもつ、40代主婦の読書録。
「読んで良かった!」と思える本のみ紹介。
つまらなかった本は載せていないので、安心してお読みください。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告