「東大作文」感想。世界一のサービスマンも「東大作文」の思考が原点!?

評価:★★★★★

 父が、自分を主語にして、対等に話してくれなければ、いつまでも僕はそのことに気づけなかったと思います。
(本文引用)
______________________________

 「東大読書」著者による第二弾。(※「東大読書」のレビューはこちら
 「伝える力」がスルスル身につく文章術だ。

 東大合格の秘訣は、相手に伝わる文章を簡潔に書くことだ。

 しかもこの技術は、東大合格だけではない。
 営業・プレゼン・メール・SNS・・・全てに使える一生ものだ。
 
 だが、たいていの人はこう思うだろう。

 「伝えようとすれば長くなり、短くすると伝えきれない」


 しかし本書を読めば、そんな悩みは雲散霧消。
 
 「何だ、こうすれば、短い文章で相手を説得できるんだ!」と視界が一気に開けてくる。

 ちなみに「東大作文」の思考は、世界トップのサービスマンにも通じるもの。
 
 「言葉で人を動かす力」は、人生のサクセスに欠かせないものなのだ。

 今、財布にある2,000円を最大限に生かすなら「東大作文」がベストバイ。

 読めば生涯賃金が、数千万は違ってくる。

0230079d142c55888dab7544f34fcdc2_s.jpg


__________________________________

 「東大作文」とは「短い言葉で、確実に人に伝えて、人を動かす」文章のこと。

 やや言葉は悪いが、「相手を丸め込む文章」ともいえる。
 
 本書では具体的な事例を挙げて、人を丸め込む文章作りを徹底指導。

 ・目的をハッキリさせる。
 ・主張は断言すべし!八方美人になるな。
 ・一方通行にならない。
 ・読み手が変化する「アウトプット」を目指す。
 ・「読者は頭がいい」という思い込みを脱ぎ捨てる。
 ・無駄をそぎ落とし、短くする。


 などなど、鋭い指摘を懇切丁寧に解説。

 あまりの細やかさに、まるで著者が「あーダメダメ、その書き方、伝わらないから!」「こう書いた方が、ほら!絶対いいって!」と、マンツーマンで言ってくれているような錯覚に陥る。
 
 本書が挙げるコツを1つひとつ忠実に守れば、間違いなく「伝わる文章・動かす文章」が書けるであろう。

 しかし「今、本書を読む暇がない!」という方に向けて、私が「最重要」と思ったコツを紹介する。

 それは「自分を主語にする」ことだ。

 文章は、自分を主語にして伝えると相手に響く。
 「世間や社会、データ」を主語にするのではなく、「私」を主語にすることで、相手との格差がなくなり距離がグッと縮まるからだ。
 

究極的に言ってしまえば、人間は「対等な相手」の言葉以外は入ってこない。


 

上から目線で「やれ!」と言われていたものが、同じ目線で「やるといいよ」と言われた瞬間、スッと頭に入ってくる。


 著者は、文章を書くうえで「己のポジション作りが大事」と主張するが、その「ポジション」とは「対等になること」というのだ。

 このくだりを読んだとき、私はある人物を思い出した。

  サービス世界コンクール・世界大会で優勝し、日本人初の「世界一のメートル・ドテル」となった宮崎辰氏だ。

 「おもてなし世界一」ということは、相手に心を伝え、相手を感動させ、相手を「また来たい」と動かせる技量が「世界一」ということだ。

dbc8248a565e9a68f5616b8daeac3312_s.jpg


 日本経済新聞「人間発見」で、宮崎辰氏はこんなエピソードを披露している。

 若い頃、お客様にデザートを選んでいただく際、「君ならどれがいい?」と聞かれた。
 その際、宮崎氏は1つのお菓子を指し、「僕はこのお菓子が大好きです」と素で答えてしまった。

 その瞬間、お客様は「君、いいね」「名前、何ていうの?」と聞かれ、そこからサービスマンとして名をあげていったという。

 これはまさに「自分が主語・対等」となり、相手を動かした好例。
 「上から目線」で、「こちらのチョコレートは●●産のカカオ豆で・・・」などとしたり顔で言っていたら、客は決して喜ばなかった。
 宮崎氏が「僕はこれが大好きです」と「自分を主語」にして「対等な立場」で言ったから、客は喜んだのである。

 「東大作文」の本質は、まさに読み手に対する「お・も・て・な・し」。
 本書の文章術は、文章に限らない。
 どんな仕事・場面でも有効な「サクセスの秘策」なのだ。

 文章、企画、営業、プレゼン、何気ない会話・・・「相手がいること」で「今一つうまくいかない」と思っている人は、ぜひ「東大作文」を。
 文章を書く機会はなくても「あ、『東大作文』が効いてる!」とハッとする場面にきっと出会えるはず。

 そしてそのたびに、「ヨッ♪」と小さくジャンプをしてしまうだろう。

詳細情報・ご購入はこちら↓
関連記事
プロフィール

アコチム

Author:アコチム
反抗期真っ最中の子をもつ、40代主婦の読書録。
「読んで良かった!」と思える本のみ紹介。
つまらなかった本は載せていないので、安心してお読みください。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告