朝井リョウ「死にがいを求めて生きているの」感想。子育てに悩みに悩んだ私を救ってくれた一冊。

評価:★★★★★

誰の目にも見える形で生きる意味を掲げていないと不安な人が、誰かを攻撃する理由を手に入れる――これが一番怖い」
(本文引用)
______________________________

 朝井リョウさんの小説には、いつも不思議なほど救われる。

 自分の悩みの病巣をズバリと言い当て、実によく効く軟膏をグイグイッと塗ってくれる。

 私にとって朝井リョウさんの本は、かかりつけの医師のようなものだ。

 最新刊「死にがいを求めて生きているの」は、私を育児ノイローゼから救ってくれた。

 「育児」と聞くと乳幼児みたいだが、わが家の子どもはもう10代。

 親への反抗がひどく(その後、謝ってはくるのだが)、心身共に疲弊する日々だった。


 しかしその疲弊やストレスは、1つのことに起因していた。

 それは「他の子との比較」だ。

ad93c87718dfd91356f6d110cd984856_s.jpg


 習い事教室で上手にできる子、お弁当を持って素直に中学受験塾に行く子、運動神経の良い子、字の綺麗な子、聞き分けの良さそうな子・・・。

 どの子もわが子よりまぶしく見えて、「なんでうちの子は!」と比べては激しく落ち込んでいた。

 「比べてはいけない、比較は不幸の始まり」と自分にいくら言い聞かせても、なかなか「比較→落ち込み→イラ立ち」のループから逃れられなかったが・・・本書を読み、ようやくこの悪循環から抜け出せた。

 「大切なのは、その、人と競ったり対立する気持ちっていうのが、その人自身や他者を傷つけることに向かないことなのかなって」


 比較して落ち込むのは簡単。
 しかしその「簡単」に身を落とすことは、容易に人を傷つけ、自分をも傷つけることになる。

 本書と出会い、やっと「安易な比較で勝手に悩む」・・・そんな馬鹿馬鹿しい所業を断ち切ることができた。

 この本を読んでなかったら、いったいどうなっていただろう・・・。 
__________________________________

■「死にがいを求めて生きているの」あらすじ



 本書は10編から成る連作短編。
 主人公は6人。
 登場人物は皆、ある2人の男性と関わりをもっている。

 一人は南水智也、もう一人は堀北雄介だ。
 
 智也と雄介は幼稚園からの幼なじみ。
 性格は正反対だが仲が良く、ともに頭も良いため、大学までほぼ同じ進路をたどる。

 しかし今、智也は病院のベッドの上。
 意識不明の状態で、眠り続けている。

 雄介は毎日欠かさず智也を見舞い、看護師たちの涙を誘う。
 
 だが二人の友情の裏には、古来から伝わる「ある神話」が。

 正反対の智也と雄介、二人を結びつけるのは友情なのか?それとも・・・?
 ________________________

■「死にがいを求めて生きているの」感想



 先述したように、本書は「誰かと比べては落ち込んでしまう」人に全力でおすすめ。

 智也と雄介の成長にともない、周囲の環境・人物も変わって来るが、常に孤軍奮闘しているのは誰か。

 それは「勝手に自分を誰かと比べ、見えない敵に向かって拳を振り回す人」だ。

 たとえば印象的なのが、大学で社会活動をする章。

 ある問題について、本当に問題意識・疑問をもって活動するならいい。
 
 しかし中には、ただ自分の存在を誇示したいためだけに行なう人もいる。

f137d77f492e5517276fcd36b23d1321_s.jpg


 本書の言葉を借りれば、目的と手段の逆転。

 「この問題を見過ごせないから、自分が旗手となって訴える」のではなく「自分が旗手となって訴えるものを探していたら、この問題を見つけた」というものだ。

 そんな人々のエネルギー源は、他人との比較。
 「自分が一番」「自分の方が優れている」と思い込みたくて、社会運動をし、結果、周囲には誰もいなくなる。

 そして 「もっとすごいと言われたい」と虚空に向けて拳を振り回し、他人も自分も大きく傷つけてしまうのだ。

 本書は全ストーリーを通じて、「何が何でも自分を一番にしたがること」「他人と比較して安心しようとすること」の虚しさを、容赦なくえぐり出す。
 
 しかし「容赦なくえぐり出す」ことで、本書は読む人を楽にしてくれる。

 「もう人と比べることなんて、ないんだな」と。

 ちなみにこの小説、BOC「螺旋」プロジェクトの一環だという。(「螺旋」プロジェクトのページはこちら

 古代から伝わる神話と、朝井リョウ作品なんて、一見つながらないように見える。
 だが本書を読むと、実にうまく「朝井リョウテイスト」に仕上がっており驚愕。

 日本武尊が目に浮かぶ要素を織り交ぜながら、しっかり「平成時代の心の病巣」を発見・治癒してくれる。

 やはり朝井リョウさんは平成作家の代表、スター作家だなぁ・・・としみじみ感じた。

詳細情報・ご購入はこちら↓
関連記事
プロフィール

アコチム

Author:アコチム
反抗期真っ最中の子をもつ、40代主婦の読書録。
「読んで良かった!」と思える本のみ紹介。
つまらなかった本は載せていないので、安心してお読みください。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告