辻村深月「傲慢と善良」感想。縁結び・夫婦円満にご利益てきめんの一冊。

評価:★★★★★

 婚活に、傲慢さが障害になることの方は身をもってよくわかっていた。けれど、美徳であるはずの善良さがそうなるのは、あまりにもいたたまれない。
 やりきれない話だ、と架は思う。

(本文引用)
______________________________

 婚活中の人は必読。

 本当に幸せな結婚とは何か。
 本当に幸せになれるパートナーとは、どんな相手か。
 そして本当に幸せな人生とは、どんな人生か。

 本書を読むと、「結婚」というシステムを通し「幸せの定義」が見えてくる。

 今年こそ幸せになりたい!
 そう願うなら、本書を読んでから動くのが吉だ。
 ________________________



■「傲慢と善良」あらすじ



 西澤架は38歳。
 学歴も見た目も申し分なく、彼女が途切れたことがない。
 しかしなかなか結婚できず、必死に婚活。
 そこで出会ったのが、坂庭真実だった。

0526cf3140213e932f151ff1d735c6ed_s.jpg


 二人は婚約し式場も予約。
 順調な新婚生活を送る予定だったが、ある日突然、真実が失踪する。

 真実から「ストーカーに追われている」と聞いていた架は、真実の男性関係を洗う。
 しかし過去も現在もやましいものは何も出てこない。
 真実はどこまでも善良で純粋な女性だったのだ。

 だが、その善良さこそが、失踪の原因だったのだ。
 ________________________

■「傲慢と善良」感想



 本書には、タイトル通りの人物が何人も登場する。
 傲慢と善良を持ち合わせた人間だ。

 真実の両親、真実の故郷にいる一部の人物、そして真実と架自身。

 彼らは日常生活では、おそらく何のトラブルも起こさない「善良」な人間だ。

 しかし善良は時おり牙をむく-その牙がいかに恐ろしいかを、本書は容赦なく描いていくのだ。

 善良がむく牙が恐ろしいのは、本人が「牙をむいている」と自覚していないからだ。

 たとえば「正論」を言われて、恐ろしく腹が立ったことや、傷ついて泣いてしまったことがないだろうか。

 正論を言ってる側は、あくまで「善良」なつもりで言っている。
 しかしその裏にある心理は、あきれるほど「傲慢」なもの。
 正論を言われた側は、その傲慢さに気づいてしまうから、激しく傷つき憤るのだ。

 だが、言った方は気づかず「善良」の斧を振り回しつづける。
 その結果、「本当に善良な人間」が滅多打ちにされる。
 
 本書は、「婚活」という「人間がむき出しになる経緯」を通して、その理不尽さを「これでもか」を描いている。
 途中、あまりにも残酷で読むのをやめようかと思うほどだった。

a35bf2d2164ac67572563189d58546a3_s.jpg


 それだけにラストには、心底ホッ。
 「もしや・・・」「ええっ!?」と最後の最後までハラハラしたが、さすが辻村深月さん、地獄からよくここまでハートフルなラストにしてくれたものだ、と感動した。

 本当に幸せになるために、本当に幸せな結婚をするために、最も必要なものは何か。

 それはきっと傲慢さを伴わない、善良さ。
 さらに相手の善良さを嘲笑せず、そのまま受け止める善良さ。

 善良の数珠つなぎができた瞬間、人と人は結ばれる。

 それを知るだけで、幸せに大きな一歩を踏みだせる。

 だから本書は、婚活中の人におすすめだ。

 いや、婚活中の人だけではない。
 
 既婚でも、今のパートナーとより幸せになるためのエッセンスが、本書には詰まっている。

 実際私は、本書を読む前と読んだ後とでは、夫への向き合い方が変わった。

 そしてその変化はきっと、より充実した人生に結びつくと信じている。

 辻村深月さん、そして架くんと真実ちゃん、幸せの特効薬を教えてくれてありがとう。

詳細情報・ご購入はこちら↓
関連記事
プロフィール

アコチム

Author:アコチム
反抗期真っ最中の子をもつ、40代主婦の読書録。
「読んで良かった!」と思える本のみ紹介。
つまらなかった本は載せていないので、安心してお読みください。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告