村山由佳「放蕩記」感想。毒親と虐待死がなくならない理由がまざまざとわかる一冊。

評価:★★★★★

 ほんまにもう、あんな痛い思いして産んだのに、こんなんやったら何のために夏帆を産んだのやらわからへん。
 なんや、えらい損した気分やわ。
 あほらし。

(本文引用)
______________________________

 「ひどい・・・ひどいひどいひどいひどい!」
 
 主人公の母親に対し、何度そう思ったことか。
 これほどまでに、登場人物に対し激しい嫌悪を持ったことはない。本気で吐きそうになった。

 本書を読み「毒親とはよく言ったものだな」と、妙に納得。

 毒親とは本当に、飲めば吐き出したくなる「毒」。
 そして一度飲んでしまうと、どんなに吐いても、どんなに月日が流れても、内臓にくすぶりつづける。
 まさに「毒」なのだ。

 それにしても、押しも押されもせぬ人気作家が、ここまで母娘関係でもがいていたとは・・・。
 そして直木賞を獲ってもなお、親が毒親でありつづけたとは・・・。
 読むのもつらいが、書くのはもっとつらかったであろう。


  
 しかし本書のおかげで、毒親・虐待がなくならない理由がわかった。

 さらに言うと、ラストで「虐待死が防げない理由」まで「ああそうか・・・」とわかってしまった。

 毒親・虐待死の根源的理由を知るのなら、「放蕩記」ほど適した本はないだろう。
_____________________________

■「放蕩記」あらすじ



 主人公・夏帆は人気作家。
 仕事はすこぶる順調だ。

 しかし夏帆の母親は言う。

 「私もな、女学校時代から、国語では学年で一番やったんよ」


 「自慢やないけど文章で人に負けたと思ったことだけはなかったわ。今でもないし。手紙とか、このお母ちゃんに書かせてみ。上手やでぇ」


 「うちかて作文は学年で一番やったのに、なんで夏帆だけが作家になってちやほはされて」


 「授賞式なんか行ったかて、そら夏帆は賞金までもらえてええやろけど、こっちがナンボかもらえるわけやなし。何もええことあらへんやんか。東京までの電車代がかかるだけ損やんか」


 夏帆の母親は、決して夏帆を認めない。
 いつも自分が一番でないと気がすまない。

0775c8c15113bf81a9b11945ab782929_s.jpg

 
 そして夏帆が子どもの頃から、常に夏帆を貶め、悪いところは「父親似」、まれに誉める良いところは「お母ちゃん似」。

 生活面・金銭面・心理面全てにおいて、夏帆を強烈に支配しつづける。
 夏帆の母は、そんな人物だった。

 夏帆は母親を蛇蝎のごとく嫌いながら、這うようにして成長。
 そのうち、「求めても得られないことを補いつづける素行」を繰り返すようになる。
 ________________________

■「放蕩記」感想



 本書を読むと、毒親の本当の罪が見えてくる。

 毒親は「親らしくない」ことが罪なのではない。
 親であろうとなかろうと、「とてつもなく卑怯であること」が毒親の罪なのだ。

 毒親は「親子は永遠に親子である」という事実を利用して、己の虚栄心を満たす。
 「結局、親子は離れられない」ということをわかっているから、他人ではなく子どもを使って支配欲を満たす。
 「子どもが圧倒的に弱い」「親なしでは生きていけない」と確信しているから、とことん貶め嘲り踏みつける。
 自分の都合の良いように嘘をつき、どこまでも子どもを追い詰める。

2adb132985fd2c44da93df0a0c9c0810_s.jpg


 つまりは24時間年中無休の弱いものいじめ。
 毒親とは親としてではなく、人としてとんでもなく卑怯。

 「放蕩記」は数々のエピソードで、それを伝えてくれている。
 「親」という枠をはずし、「人」という枠で、毒親というモンスターを考えさせる。

 これは子どもの心理的虐待を理解・防止するうえで、大きな功績だ。
 
 「毒親」を「親」という枠でのみ考えているうちは、周囲の理解を得られない。

 本書でも、夏帆の友人や恋人は、なかなか夏帆の辛さを理解できずにいる。

 親子なんだからそれぐらい言うよ、母親なんだから、大目に見てあげないといけない・・・彼らはそのような呑気で無神経なことをいとも簡単に言う。

 それは夏帆の母を、「親」という枠だけでとらえているから。
 「親子だからわかりあえずはず」という固定観念にとらわれているから、夏帆の苦しみをわかってあげられないのだ。

 その凝り固まった意識は、最悪の場合、虐待死を引き起こす。
 虐待死を防げない理由は、救う側に「親子は一緒にいないといけない」「親子だからわかりあえるはず」「親は子ども可愛さに、そんなことをしてしまう」という固定観念があるから。
 
 「親」という枠をいったんはずし、「人」として考えれば、加害者の異常性は明らか。
 「人間として、どう考えてもおかしいだろう」という認識に持っていけば、救える命はあるのではないか。
 たとえ死には至らなくても、虐待に苦しむ子どもたちを救うことができるのではないか。

 本書を読んでいると、そう思えて仕方がない。
 
 その意味で、「放蕩記」はいつまでも読まれるべき傑作。
 主人公や周囲の者たちの言動から、毒親・児童虐待がなくならない理由がまざまざと見えてくる。
 それは同時に、毒親・児童虐待をひとつでも解決する手立てとなるものだ。

 ラストは意外なほど泣ける展開に。
 しかしこのラストを「感動のラスト」などと言ってるうちは、毒親・児童虐待解決は遠くおよばない。

 だって感動しちゃったら、「毒親」というモンスターに転がされることになるのだから。

詳細情報・ご購入はこちら↓
関連記事
プロフィール

アコチム

Author:アコチム
反抗期真っ最中の子をもつ、40代主婦の読書録。
「読んで良かった!」と思える本のみ紹介。
つまらなかった本は載せていないので、安心してお読みください。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告