映画「七つの会議」観賞。組織と正義どちらを選ぶ!?劇場全体が息をのんだ2時間。

 映画「七つの会議」を観てきました。

IMG_3773.jpg


 もともと原作が大好きなので、期待して観ましたが・・・。
(※「七つの会議」原作レビューはこちら

 結論。

 期待をグーーーーーンと上回る傑作

 原作の「言いたいこと」をしっかり煮詰めに煮詰めて、さらにわかりやすく伝わるように、丁寧に丁寧に作られた印象。

 飽き・ムダのない展開で、最初から最後まで劇場全体にピーンとした緊張感が。

 観客が皆、「ゴクリ・・・」と息を飲んでいる様子がヒシヒシ感じられました。

 観て本当~に良かったです(^^)

 この映画、まずキャスティングがナイス

 「居眠り八角」役の野村萬斎さんが、「池井戸イズム」をしっかり体現しており、ただただ感動。

 実は私、原作を読んだ時点では、八角さんについて「脂肪のつきまくった、だらしなくて臭いおじさん」というイメージがあったんです。

 でも野村萬斎さんは「おじさん」ぽくないし、スッキリ・こざっぱりした印象があります。

 だから「八角さんに合わないのでは?」なんて思っていたんです。

 ところが野村さんの演技は、「原作以上に八角らしい八角」
 
 救いようもないほどグウタラしてるのに、心の中には正義の炎がメラメラ。

951d4c837c2ccf59e39d9391fe5346ff_s.jpg


 その姿はまるで、酔拳で相手を倒すジャッキーチェン。

 野村萬斎さんの怪演は、居眠り八角の二面性を見事に表現していました。

 そして八角にからむ北川部長・香川照之さんがまた最高!

 冷酷なようで悪者になり切れない、わりとガラスのハートの持ち主。

 徐々に「大切なもの」を取り戻していく心の変遷を、香川照之さんは天下一品の“顔芸”で、私たちに伝えてくれました。

 さすがです。

 及川光博さんも、相変わらず「優しさ」がにじみ出た演技でス・テ・キ
 
 一見、事なかれ主義に見えて、「誰かを守るためには、やるときゃやる!」。
 そんな硬軟併せ持つ人柄を好演されていて、観ていて非常に気持ちよかったです。

 及川光博さんって、本当に良い人なんだろうなぁ・・・。

 そして一番「役柄ピッタリ!」と吹き出したのが、オリエンタルラジオの藤森さん
 (一緒に観ていた娘も「ハマってたね」と絶賛)

 「七つの会議」を観て、「藤森さんほどせこくてズルイ人間を演じられる人はいない!」という妙な感動が・・・(藤森さん、ごめんなさい!誉めてるんですよ~)。

 もうね、映画のスピンオフで、藤森さん演じる「新田特集」をやってほしいぐらい。
 藤森さんが、今後どんどん俳優として活躍されるのが楽しみです。

7bfddee75506add37c1e7a2c7b06b9d4_s.jpg


 それにしてもこの「七つの会議」、キャストはさながら池井戸ファミリーの同窓会でしたね~。

 香川照之さん・及川光博さん・片岡愛之助さん・北王子欣也さん等の「半沢直樹」チーム。

 立川談春さん・世良公則さん・小泉孝太郎さん・土屋太鳳さん・春風亭昇太さん・木下ほうかさん等々の「下町ロケット」チーム(「ルーズヴェルトゲーム」も)。

 役所広司さんら「陸王チーム」等々・・・。

 登場人物が新しく現れるたびに、「またまた池井戸ファミリー来たーーー!」と大興奮してました。

 「池井戸ファミリー」は、もはや「小室ファミリー」「橋田壽賀子ファミリー」に続く芸能界3大ファミリーのひとつ。

 いつか池井戸作品オールスター大感謝祭とかやってほしいです。

 それはいいとして、映画「七つの会議」、本当に面白かった!集中できた!

 寝る前まで、家族で「良かったね~」と何度も反芻しちゃうほど楽しめました。

 ぜひ皆さんも、原作・映画合わせて「七つの会議」をご覧になってみてください。


関連記事
プロフィール

アコチム

Author:アコチム
反抗期真っ最中の子をもつ、40代主婦の読書録。
「読んで良かった!」と思える本のみ紹介。
つまらなかった本は載せていないので、安心してお読みください。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告