映画「シュガーラッシュ」観賞!そして「82年生まれ、キム・ジヨン」の偶然

 映画「シュガーラッシュ オンライン」を観てきました。

50055566_685643148499942_5243571390950408192_n.jpg


 内容は映画版「インターネットのひみつ」といったところ。

 検索、動画、それにまつわる広告収入、ネットオークション等々、ネットにまつわるアレコレを軽快にわかりやすく教えてくれます。

 小学生向けのネット講座などに使えそうです。

 ・・・と言いつつ、この映画で印象的なのは、ネットとは別のこと。

 「女性」に対するステレオタイプな見方を、打破しようとする動きです。

 この映画にはディズニープリンセスが総登場しますが、みんな「今までなかった姿」に変身。

 さらに終盤、思わぬ大活躍を見せてくれ、ストーリーを大いに盛り上げました。(映画館の子どもたちも、この場面を最も楽しんでいた様子)

 私は特にフェミニストというわけではなく、女性の活躍を声高に叫んでいるわけでもありません。
 
 でもプリンセスたちの「新たな動き」は、非常に心弾むもの。

 ディズニーの昔ながらの良さを生かしながら、新しい風を吹き込んでいく・・・そんな気概がこの映画からヒシヒシと感じられました。

 さて、私は「シュガーラッシュ」を観る前に書店に立ち寄ったのですが、偶然にも購入したのが、この本。
 韓国でベストセラーとなり、映画化も決まっている「82年生まれ、キム・ジヨン」です。



 「女性」というだけで受けてきた苦難・差別を描いた本ということで、ディズニープリンセスの変身に通じてるような。

 上映前、予告が始まるまで読んでいたので、その偶然に思わずときめいてしまいました。

 世界は、時代は、確実に動こうとしているんですね。
 本当に動くかどうかはわかりませんが、様々な人が様々な形で「変わらなきゃ!」と声をあげているんです。

 それにしても驚いたのは、この本、いきなり超常現象的に始まるんですよね。
 ここからどのようにして、女性の困難の歴史へと展開していくのか・・・めちゃくちゃドキドキしているところです。

 うわ~、一体どうなるんだろう~!?

 読み終えたらまた、感想を書きますね。 
 
関連記事
プロフィール

アコチム

Author:アコチム
反抗期真っ最中の子をもつ、40代主婦の読書録。
「読んで良かった!」と思える本のみ紹介。
つまらなかった本は載せていないので、安心してお読みください。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告