平野啓一郎新刊「ある男」感想。夫婦の危機を感じたら、とりあえず読んでみて!

評価:★★★★★

夫だったはずだと思う。しかし、遠ざかってゆくその背中に呼びかける本当の名前は、彼女自身も知らないのだった。
(本文引用)
______________________________

 読書芸人でも紹介され、話題となった「マチネの終わりに」
 途中、アンジャッシュのコントを思わせる「勘違い・すれ違い」は息をのむもの。

 「マチネの終わりに」はベストセラーとなったようだが、私も非常に楽しんで読めた。

 それに続く新刊「ある男」も、ある意味「勘違い・すれ違い」がスパイスとなる小説。
 
 愛していた夫が、死後、全くの別人と判明。
 優しかった夫の正体とは?
 そして、そもそも私たちは誰の何を信じ、愛し、人生を歩んでいくのか?

 本書はサスペンスフルなストーリーで、「人が人を愛すること」の根源にググッと迫っていく。


  
 今現在、夫婦の危機を感じている人、離婚は絶対にしたくないけど、連れ合いとどことなくしっくりこない人。
 
 「ある男」は、そんな人におすすめの一冊。
 もちろん夫婦仲が絶好調な人も、読んで損なし!

 夫の、妻の、どこを好きになり、どんなことに信頼を置き、共に人生を歩んでいるのか。

 そんなことを再確認でき、ますます愛情が深まるだろう。

____________________________

■「ある男」あらすじ



 語り手の男性は、ある日、バーでひとりの弁護士と出会う。
 弁護士の名は城戸という。

019208395623146f22da78d81bcaabf2_s.jpg


 しかし城戸は最初、偽名も経歴も全て嘘で固めた自己紹介をした。

 なぜ城戸はそんなことをしたのか。

 それは城戸が受けた依頼が、全て嘘で固めた人間の話だったから。

 依頼人の女性・里枝は、夫を事故で亡くす。

 幼子を抱えた状態で夫を亡くしたことで、周囲は不憫に思うが、そんな事態では終わらなかった。

 実は夫・谷口大祐は偽物だったと判明。

 大祐の兄も、元恋人も、遺影を見て「大祐ではない」と証言。

 里枝が愛した、心優しい夫「谷口大祐」とは、いったい誰だったのか。
 
 そして過去が違ったことで、夫への愛は揺らぐのか。

 城戸は調査を進めながら、城戸自身の夫婦の形をも探っていく。

____________________________

■「ある男」感想



 「愛していた人が偽物だった」-そういう物語は、世の中に結構ある。
 しかし本書は、似たような形式の小説のなかで断トツに面白かった。読み応えがあった。
 
 その理由は、「愛」というものをとことん深く掘り下げているから。

 「愛していた夫が偽物だった。いったい誰だろう?」というところで終わってしまえば、それはそれで面白いが、ただのミステリー小説だ。
 
 だが「ある男」は、そこで終わらない。

 偽物夫の正体をつかむまでの軌跡も、非常に練られていて面白い。
 しかしそれ以上に、偽物夫の存在を通して、「愛」について考えることができるのが、本書の醍醐味。

 そもそも恋とは何か。
 相手のどこに恋し、一緒にいたいと思うのか。
 さらに恋を実らせ、継続させていくには信頼が必要だが、なぜ我々は相手を信頼できるのか。
 よく考えたら、交際ひいては結婚とは、ものすごく不透明でハイリスクなことなのではないか?

 そんな「愛」というものの不思議さ、危うさを、本書はハッとするほど気づかされる。

7a4d43b9a09a7d7cdf50796d70b9d0a6_s.jpg


 今、目の前にいる伴侶が、実は名前も経歴も全く違うということが、ないわけではない。

 では万が一そうだったとしたら、私は相手を嫌いになるのか?
 私の伴侶への愛は、いったい何に基づいているのか?

 そんなことを突き詰めて考えると、結婚や家族形成というものに対する「自分なりの答え」が見えてくるはず。

 だから本書は「今、夫婦の危機を感じている人」「どことなくしっくりこない人」におすすめ。

 子はかすがいというが、この「ある男」も十分「かすがい」となってくれるだろう。

詳細情報・ご購入はこちら↓
関連記事
プロフィール

アコチム

Author:アコチム
反抗期真っ最中の子をもつ、40代主婦の読書録。
「読んで良かった!」と思える本のみ紹介。
つまらなかった本は載せていないので、安心してお読みください。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告