「家族トランプ」(明野照葉)は、親が重くて結婚できない女性に超おすすめ!

評価:★★★★★

(私は私の家族トランプ、どうしても成功させたかったんだもの)
(本文引用)
______________________________

 「40代女性におすすめの小説」として、薦められていた一冊。
 
 読んだ印象としては、「40代女性」というよりも、「30代以上の未婚女性」におすすめの小説。
 さらに言うと、「30代以上の未婚女性で、結婚したいけど毒親に邪魔される」という人に非常におすすめです。

 結婚とは、自分で家族を作ること。
 自分にとって最も望ましいと思える人を、多くの人間から1人選び、徐々に組み合わせを作っていく・・・。

 そう考えると、ポーカーの「フルハウス」とはよく言ったもの。
 結婚して所帯を持つことは、手持ちのトランプを増やし、自分の力で形作っていくものなんです。



 でも世の中には、簡単にワンペア、ツーペア、フラッシュ、フルハウス・・・と作れる人もいれば、そうでない人も。
 
 特に親が支配欲旺盛な人物だと、カードを引くこともままならない状況に。
 毒親は、後ろから「あのカードはババだから引かないようにね」などと余計なことを言っては、ゲームをぶち壊してくるのです。

 結婚して自分のフルハウスを作りたいけど、親が「毒親」でカードを引くこと(=配偶者を選ぶこと)すらできない・・・そんな状況に苦しんでいませんか? もがいていませんか?

 毒親に結婚・人生を縛りつけられている人は、ぜひ「家族トランプ」を読んでみてください。

 「そう、私、こうしたかったんだよ!」と胸のすく思いがしますよ。 
___________________________

■「家族トランプ」あらすじ



  主人公の風見窓子は33歳。
 実家暮らしの会社員ですが、ある日、親からこう告げられます。 

「心得ておいてくれ。あのな、干支三回りが限度だから」

 つまり窓子の親は、窓子に「36歳までに家を出ろ、結婚しろ」と言うのです。

 しかし窓子にしてみれば、「どの口が言う」といいたいところ。

 なぜなら両親は、以前、窓子の交際相手にさんざん難癖をつけ、破局させたのだから・・・。
 
 しかも両親は、窓子に「家を出ろ」と言いつつ、最終的には同居を考えている(もとい、決めつけている)様子。
 夫婦そろって、とにかく窓子を意のままに操ろうとします。

0943571e96d3051ce04e7e264c86fc30_s.jpg

 
 そんな窓子は、当然ながら毎日憂うつ。
 パッとしない日々を送る窓子にとって、バリキャリの副部長・有磯潮美の姿がまぶしく見えます。

 ところがひょんなことから、窓子は潮美に声をかけられ、二人は家族同然の仲に。
 
 窓子は徐々に、自分の生き方に目覚めていくのですが・・・?

_____________________________

 

■「家族トランプ」感想



 「とにかく親が重たい」「でも何も言えない」・・・そういう女性に、「家族トランプ」は心からおすすめです!
 
 人物描写が非常に緻密で、台詞1つひとつが「いかにも言いそう!」な言葉ばかりでリアリティ爆発。
 
 特に窓子の両親の曲者ぶりは、目を覆うばかり。
 
 窓子の彼氏が、ボーナスはたいて食事の席をもうけても、一輪挿しや色紙の絵、料理の出汁にまでネチネチとケチばかり。
 娘の幸せを白アリのように破壊します。

 そこから窓子は、潮美との出会いを通じて徐々に変わっていくのですが、その変化の過程もまた臨場感たっぷり。

 両親の長年の支配により、「自分で考える」「自分の足で立つ」ということができなくなっている窓子。

 そんな自分の姿に全く自覚がなく、新たな出逢いに依存気味になる窓子。

 その姿はまるで、愛されなかった子どもが初対面の大人にベタベタくっついて離れないような・・・胸を締め付けられるいじらしさがあります。

 だからこそ、本書は「読む手をやめられない面白さ」があります。
 「面白い」と言うと不謹慎かな。
 読むうちに、自分が窓子の親代わり、応援団になったような気持ちになり、「窓ちゃん、これからどうする?」と続きが気になって仕方がありませんでした。

 親からの苛烈支配により、人との距離がとれなくなっている窓子が、いかにして「普通の付き合い」ができるようになっていくか。

 そのラストは非常に爽やかで、「読んでよかった!」と心から思える物語でした。

9d11efcb4522494014ba8abce458b278_s.jpg


 でも実は、窓子の人生はまだまだ心配。

 窓子の「家族トランプ」がどうなるか・・・読み終えた今、窓子ファミリーの10年後、20年後がめちゃくちゃ気になってます。
 
詳細情報・ご購入はこちら↓
関連記事
プロフィール

アコチム

Author:アコチム
反抗期真っ最中の子をもつ、40代主婦の読書録。
「読んで良かった!」と思える本のみ紹介。
つまらなかった本は載せていないので、安心してお読みください。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告