塩田武士「盤上のアルファ」感想。まるで中年男版「赤毛のアン」。ドラマ化される小説ってやっぱり面白いんだ!と納得の傑作。

評価:★★★★★

これからの人生をどうするか。まるで当てがなかった。それを考えることは体が震えるほど怖いことだった。
(本文引用)
______________________________

 2019年2月3日からBSプレミアムでドラマスタート!
 そう聞いて読んでみた「盤上のアルファ」。

 改めて「ドラマ化される小説って、文句なしに面白いんだ!」と確信した。
 
 関西独特のセリフ回しに、何度もブハッ。
 非情なようで人情味たっぷり。
 ラストでは、思いもよらない事実も明かされ(しかも伏線がさりげなくて脱帽)、大満足の一冊だった。

 著者・塩田武士さんは「罪の声」「歪んだ波紋」等で、今や人気作家の地位を確立。
 そんな塩田さんのデビュー作ということだが、「売れる作家」はデビュー作からして違う!


 
 そういえば松田聖子さんも、デビュー当時から、他のアイドルと一線を画していたしねぇ・・・。

 とにかく「塩田武士さん、やっぱり好きだぁ~!」と、空に向かって叫びたくなる傑作だった。

_______________________________________

■「盤上のアルファ」あらすじ



 新聞記者・秋葉は県警担当から左遷。
 文化部の将棋担当になる。

 将棋に全く興味を持てず、失意の日々を送る秋葉。
 
 小料理屋で将棋について愚痴っていたところ、ある男に絡まれる。

 男の名は真田信繫。
 かつて奨励会に所属し、プロになれずに退会した男だった。

ac15ac8a7892bd999dde08097724684a_s.jpg


 秋葉と真田のつながりは、そこで終わらなかった。

 真田はその後失職し、ホームレスに。
 アポなしで秋葉のアパートを訪れ、奇妙な同居生活を送ることに・・・。
______________________________

■「盤上のアルファ」感想



 本書はいわば、中年男版の「赤毛のアン」。

 赤毛のアンは、曲がり角の先に何があるかわからないけれど、進んでみると歩き続けた。

 「盤上のアルファ」の男たちも同様。

 今歩いているのは、出口の見えない真っ暗闇。

 でも歩いていたら、酸素と光がうっすら。
 出口の先に何があるかわからない。
 幸せが来るかどうかもわからない。

 でも、とにかく這い出ることができそうだ。
 這い出そう、這い出るんだ! 

 「盤上のアルファ」を読んでいると、そんな気になり全身がブルブル震えてくる。
 読む前は恐怖・不安で震えていたのが、読後は武者震いに変わるのだ。

91f57f269b00512ced624a16d4cfbcba_s.jpg


 アマチュア棋士・真田は、父と共に借金取りに終われ、父がいなくなれば親戚に預けられ理不尽な仕打ちを受けてきた。

 自尊心が破壊された状態で大人になるが、そのなかで唯一の救いが将棋。
 そして、ボスオオカミ「アルファ」の写真で、自分を勇気づけてきた。

 エリート意識が強く天邪鬼の秋葉にとって、そんな真田は理解しがたい存在。
 はっきり言って「邪魔」と言いたくなる男だった。

 しかし真田の呆れるほどの純粋さに、秋葉の心はだんだん氷解。

 互いに憎まれ口をたたきながらも、「俺がお前を、お前が俺を」支える関係となっていく。
 
 「盤上のアルファ」を読むと元気が出るのは、「生きるのに必要なものは最小限でいい」と思えるからだ。

 小さくても良い、「夢」と「希望」、そして「誰かを思う気持ち」さえ持っていれば生きられる、と心底思える。

 曲がり角の先に何があるかは、わからない。

 でも「信じられる人」「愛する人」、そしてわずかでも「希望」を持っていれば人は生きられる。
 価値ある人生を生きられる、と本気で思えるのだ。

 ちなみにラストで明かされる驚きの事実が最高!
 「あのエピソードが伏線になっていたとは!」とやられた感満載。
 
 ちょっと悔しいが、こんな「気持ちいい騙され方」なら大歓迎だ。

 ドラマでもきっと、視聴者を「アッ!」と驚かすに違いない。

 ※それにしても秋葉役が玉木宏さんって、ちょっとカッコ良すぎるのでは?
  私のイメージでは、秋葉役は小藪千豊さんなんだけどな。


詳細情報・ご購入はこちら↓
プロフィール

アコチム

Author:アコチム
反抗期真っ最中の子をもつ、40代主婦の読書録。
「読んで良かった!」と思える本のみ紹介。
つまらなかった本は載せていないので、安心してお読みください。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告