天の光 葉室麟

 「たとえ仏像は救えなくとも、仏像にかけたひとの思いはひとを救えるのではないでしょうか」
(本文引用)
_____________________________

 最近、小説の余韻を楽しめるようになってきた。若い時は、ストーリーが完全に終わらないと納得できなかったが、今はちょっと違う。少し「想像の余地のある終わり方」に深い感銘を覚える。

 この物語が終わった数日後、数時間後、1分後、主人公はどうなっているのだろう?
 これから幸せになるのだろうか、それとも途轍もなく大きな悲しみが彼らを襲うのだろうか。
 本を閉じた後に、そんな想像を膨らませるのが、今では至福の時間となっている。

 そんな喜びをくれたのが、この葉室麟著「天の光」
 一人の仏師が、全てをかけて妻を救う、至高の愛の物語である。


______________________________

続きを読む

プロフィール

アコチム

Author:アコチム
反抗期真っ最中の子をもつ、40代主婦の読書録。
「読んで良かった!」と思える本のみ紹介。
つまらなかった本は載せていないので、安心してお読みください。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告