このカテゴリーの最新記事

「Iの悲劇」感想。1冊まるごと「どんでん返し」!「死の村」からどうしても人が去ってしまう原因とは?

評価:★★★★★

「わかりません。僕にはどうしてもわからない。どうしてこんなことになったのか、わからないんです。でも、少なくとも・・・・・・移住者を去らせたのは誰なのかだけは、当たりがついているつもりです」
(本文引用)
______________________________

 米澤穂信は“どんでん返し”の魔術師。

 米澤ミステリーを読むと「犯人」の気持ちになり、必ずこうつぶやいてしまう。

 「絶対に、絶対にうまくいくと思ったのに・・・」

 さらに米澤どんでん返しは、「事件のタネあかし」にとどまらない。

 事件の真相が「どんでん返し」でわかり、さらにもう一回、どんでん返しで「本当の真相」が明かされるのだ。

 米澤穂信最新刊「Iの悲劇」は、そんな「ダブルどんでん返し」が連打連打の連作短編。


 「ミステリーで、とにかくビックリしたい」「うなりたい」という人に、「Iの悲劇」は今最高におすすめだ。 

続きを読む

「愚者のエンドロール」感想。ミステリーは謎解きが面白いんじゃない。謎になるのが面白いんだ!

評価:★★★★★

 「私はその違和感が、ずっと気になっていたんです」
(本文引用)
______________________________

 大人気「古典部シリーズ」第二弾。
 ミステリーはミステリーでも、前作「氷菓」とはかなり違った趣だ。

 「氷菓」は純粋な謎解きを、存分に楽しめるミステリー。
 いっぽう「愚者のエンドロール」は、「謎を解く」のではない(いや、最終的には解くのだが)。

 いわば「謎になる」ミステリー。

 ミステリーの魅力は、「探偵みたいに謎を暴けること」だけと思っていないだろうか。

 実は自分自身が謎になってしまえば、ミステリーはもっと面白い。

 「謎を解く」よりも「謎の一味」になった方が、探偵になるより何倍もワクワクするのだ。


____________________________

 

■「愚者のエンドロール」あらすじ



 神山高校古典部のメンバーは、ある日、試写会に赴くことに。
 
 それは同高校・ビデオ映画研究会の自主映画。

 内容はミステリー。
 密室のなか、一人の少年が腕を切り落とされて死んでいたという設定だ。

film-102681_640.jpg


 犯人も密室の謎もわからぬまま、映画は終了。

 古典部のメンバーは、映画の謎解きに頭をひねるが・・・?
__________________________

■「愚者のエンドロール」感想



 とにかく最後の最後まで気が抜けない。

 解決したと思ったら、実は解決の入り口にも立っておらず振り出しに。 
 そもそも「解決しよう」という発想自体が「真犯人の罠」にひっかかってるという、何とも「お人が悪い」ミステリーなのだ。

maze-1804499_640.jpg


 なぜ「解決しようという発想自体が罠」なのか。

 理由は前述どおり、「謎解き」ではなく「謎になる」ミステリーだから。

 「謎解き」という行為は、自分が「謎の外」にいるからこそできること。

 しかし「愚者のエンドロール」は「謎解き」ではない。

 「謎を解く」でなく「謎になる」。
 ということは、あなたのいる場所は「謎のどこ」にあたるのか?

 かなりネタバレになってしまうが、読みながら、ぜひ「事件における自分の立ち位置」に注意していただきたい。

 「よーし、謎を解くぞ!」と息巻くと、その立ち位置から足をすくわれるに違いない。
 
 でもこんな足のすくわれ方、大歓迎。
 ミステリーファンなら、気持ちよくスッ転べるはずだ。

詳細情報・ご購入はこちら↓

「氷菓」感想。京アニが遺してくれた名作アニメ原作。タイトルが「氷菓」の秘密とは?

評価:★★★★★

 「先生。伯父がなぜ『氷菓』と名付けたのか、先生はご存じですか」
(本文引用)
______________________________

 「氷菓」はアニメ化もされた、学園ミステリーの金字塔。

 それもそのはず、著者・米澤穂信はミステリー界のトップ・オブ・トップ。

 「満願」でミステリー三冠王を獲得し、今や他の追随を許さない人気作家だ。

 「氷菓」は、いわば「米穂人気の序章」本。
 
 ラノベ・中高生向けに見えるが何の何の。
 一歩先行く「ひねり」「驚愕」「どんでん返し」は、ミステリー好きの大人も大満足。

 「こりゃミステリー界トップに躍り出るのも当然だわ」と、思わずうなる傑作だ。 


______________________________

 

■「氷菓」あらすじ



 主人公の奉太郎は高校1年生。

 廃部寸前の「古典部」に入り、部室をのぞくことに。

 部屋の鍵を開けると、そこにはすでに一人の女子生徒がいた。

 ん?なぜ人がいたのに、鍵をかけないと入れなかったのか?
 部屋は中からは施錠できない。
 ということは、女生徒は閉じ込められていたことになる。

 彼女が部室に閉じ込められた理由とは?

key-96233_640.jpg


 そこから古典部たちの「謎の日々」が幕を開ける。
__________________________

■「氷菓」感想



 「氷菓」を読んでいると、骨の髄から「ゾワッ」とする。
 ミステリーだからゾワッとするのは当然、と思うだろう。

 しかし「氷菓」の「ゾワッ」は、ちょっと違う。

 私もミステリーの当事者かもしれない。
 しかも被害者ではなく加害者側。
 
 「私も気づかぬうちに、誰かに怖い思いをさせているかもしれない」と震えがくるのだ。

 「氷菓」に登場する謎は、とにかく日常に潜む謎ばかり。

 女生徒が部屋に閉じ込められた謎。
 一冊の本を、毎週違う人が借り、当日以内に返してくる謎。
 部活の文集探しを、一人の生徒が頑なに渋る謎。

 どれもこれも「いかにもありそう」な謎ばかり。
 
 読んでいると、「自分が何気なくしてる行動が、他の人には不思議体験になってるかも・・・」とドキドキしてくる。 

 特に「本の貸し借りにまつわる謎」が面白い。
 
 図書室の本は2週間借りられる。
 それにもかかわらず、「ある本」の貸出期間は2時間程度。
 
 毎週違う生徒が借りては、すぐに返却されるのだ。

book-3312854_640.jpg


 この謎は、読めば誰もが「あるあるあるある!」とうなずくはず。
 学校生活のなんでもない行動が、別の人には大きな謎に映ってしまう。

 だから「氷菓」はゾワッとする。
 平穏に生きているようで、いつどこで、誰を戸惑わせているかわからないのだ。

 そして最大の謎は、「氷菓」というタイトル。
 33年前に高校で起きた「ある出来事」が、「氷菓」と名付けられた原因。

 タネ明かしを見れば、「これぞ米澤穂信!」と思わず納得。
 「あ~! そういうことだったのぉ!?」と半月板が割れる勢いで、膝をポンッ!

 「氷菓」という言葉に込めた深い思い。
 そしてその「深い思い」を隠すように仕込んだ、巧みな言葉遊び。

 後の「よねほ人気」を予感させるには、十分な超絶技巧ぶり。
 アニメ化されるほど評判を呼ぶのも納得だ。

 最後に・・・。
  
 「氷菓」のアニメカバーには、制作者の名が記されている。
 京都アニメーション放火事件で、亡くなられた方の名も、そこに刻まれている。

IMG_5830.jpg


 表紙の裏にはキャラクターや背景の設定資料も。

IMG_5832.jpg


 その緻密な描写からは、京都アニメーションの方々の熱意が伝わってくる。
 「氷菓」の面白さをアニメで精いっぱい表そうと、ペン先にこめたことが伝わってくる。

 改めて、志半ばで未来を奪われた方々の無念を思う。

詳細情報・ご購入はこちら↓

米澤穂信「追想五断章」。夏休みの読書感想文に選んだら間違いなく一目置かれる傑作。

評価:★★★★★

 「早計でした。結末こそが、最も重要だった」
(本文引用)
______________________________

 そろそろ夏休みの読書感想文が、気になる頃。
 本を自由に選べるなら、この何とも不思議な奇書「追想五断章」はどうだろう。

 今をときめく作家・米澤穂信さんだけに、「謎解きのクオリティ」は間違いなし。
 
 「えっ?読書感想文にミステリーは選びたくないんだけど」と思う人もいるだろう。

 私が「追想五断章」をすすめる理由は、「謎解きの素晴らしさ」だけではない。
 
 「物語を紡ぐこと」の崇高さ・面白さを、心の底から堪能できるから。
 本というものが、いかに不思議な世界に連れて行ってくれるかを、しびれるほど味わえるからだ。

 もし「追想五断章」で読書感想文を書き、もしクラスメイトや先生が「追想五断章」を知っていたら、あなたの評価はグレードアップ。

 
 新学期早々、「なかなかやるな!」と一目置かれること請け合いだ。
____________________________________

 

■「追想五断章」内容



 舞台は、とある古本屋。
 
 主人公の芳光は一流大学に通っていたが、経済的事情で休学。
 今は伯父が営む古書店で、バイト兼居候をしている。

 ある日、店に一人の女性が来店する。
 聞けば、ある雑誌を探しているという。

 その雑誌には、彼女の父親が書いた小説が載っているらしい。

d65a7c572649ec90f166dcf748c79fd5_s.jpg


 彼女はさらに、四篇の小説を探すよう依頼。

 五篇には共通点が3つあった。

 それはすべて、彼女の父親が書いた小説であること。

 二つめは結末がないこと。

 そして三つめは、銃声とどろく殺人事件に関わっていることだった。

 芳光はそれら五断章の謎を、解き明かすことができるのか?
 ___________________________________

 

■「追想五断章」感想



 もうねぇ・・・米澤穂信さんにはまいったなぁ、と思う。
 
 どうしてこんなに「本を読む楽しさ」を味わわせてくれるのか。
 
 米澤穂信の本は、さながらシロさんの紅茶アイス(あ、「きのう何食べた?」のシロさんね)。

 ダイエット中なのにドンブリいっぱい食べたくなっちゃう。
 「もうやめてー!」と叫びたくなる「禁断の魔力」が、「追想五断章」には、ある。

 なぜ「追想五断章」は、そこまで悪魔的な魅力があるのか。

 まず本書は「二重構造の謎解き小説」である。

 物語の中に、女性の父親が書いた物語が差し挟まれ、1つの真実に行きついていく。

 現代と古代、日本と外国、そして虚と実。 
 正反対の二つが交差し、あぶりだしのごとく真相が現れるプロセスは、もはや芸術の域だ。

 さらに読了直前、すっかり忘れていた「あの数ページ」に立ち戻れば、思わず「あっ・・・!」

 巧妙な仕掛けに、「なんで気づかなかったんだろう!」と歯がみしてしまう。

 やっぱり米澤穂信はすごい!
 物語を作る楽しさ、そしてそれを読む喜びをくれる点で、比類なき作家だ。

 ちなみに本書の謎解きは、パズルが徐々にはめこまれていくような感覚だが、普通のパズルとはちょっと違う。

8a55d744691dfa16eb95e505844a90cc_s.jpg


 ややネタバレだが、最近はどうも「端っこのピースがまっすぐでないジグソーパズル」があるらしい。
 このパズル、まず外枠から作るという「パズルの鉄則」が効かないので、とてつもなく難しいとか。

 「追想五断章」も、いわば「端っこがまっすぐでないパズル」といったところ。
 それだけに解けたときの快感はひとしおだ。

 夏休みの読書感想文、ぜひ「追想五断章」で書いてみては?
 いや感想文より、自由研究におすすめかも。

 「究極のミステリーの作り方」のようなテーマで本書をとりあげたら、かなりいいもの、できるだろうな。

詳細情報・ご購入はこちら↓

米澤穂信「本と鍵の季節」感想。「満願」好きはどっぷりハマれる鳥肌ミステリー!

評価:★★★★★

 「お前はこう言ったんだ・・・・・・どんなに立派なお題目でも、いつか守れなくなる。だったらせめて守れるうちは守りたい、と」
(本文引用)
______________________________

 年末年始、実家帰省中に読む本がなくなリ急きょ購入。
 これが大当たり。

 「帰る時、荷物になるから、何が何でも面白い本を買いたい!」とドキドキしながら買ったのだが、結果は3億円のマグロを1本釣り上げた気分。

 米澤穂信作品だから「面白くて当たり前」なのだが、期待以上に幸せなお正月を過ごすことができた。

 高校生2人組による学園ミステリー・・・と言うと「すっきり爽やかライト風味のミステリー」に聞こえるかもしれない。

 しかしその実態は、かなりビター。

 「満願」同様「えっ? まさか、そんな・・・」と全身鳥肌がザワザワ~ッとたつダークな内容だ。



 人間不信になりたくない人は、読まないほうが身のため。
 「多少人間不信になってもいいから、ミステリーでお腹いっぱいになりたい!」という人には、自信をもっておすすめする。(いやホント、面白かったんですよ、これが・・・)

___________________________

■「本と鍵の季節」あらすじ



 堀川と松倉は、高校で図書委員を務めている。

 ある日、一人の女生徒が二人に相談を持ち掛ける。
 聞けば「暗号を解読してほしい」とのこと。

 他界した祖父の宝物が金庫にしまってあるのだが、暗号を解かないと金庫を開けられないという。

edd7498df25b495271f2858bb41b0db7_s.jpg


 堀川と松倉はさっそく女生徒の家に行き、暗号解読にいそしむ。

 しかしそのうち二人は、暗号解読以外の点で疑問を感じ・・・?
 ____________________________

■「本と鍵の季節」感想



 「本と鍵の季節」は6編からなる短編集。

 全編、堀川・松倉が難事件を解決していくのだが、どれもお見事。

 頭脳明晰高校生らしく、眩しいほどの知性と洞察力、そして正義感で事件をスパッと解決していく。

 その爽快さは天下一品。
 細胞1つひとつが隅々まで浄化されるような、スカッとした推理である。

 えっ?一番面白かったのは、どのお話かって?
 う~ん、本書に関しては、その質問は非常に難しい。

 何しろどの物語も超ハイレベルなので、「全部が一番」と言いたいぐらいなのだ。

 そのなかで、ベストワンを挙げるとすれば、第4話。
 堀川・松倉の通う高校で、自殺者が出る。
 
 ある日、自殺した生徒の同級生が、堀川たちにある依頼をする。
 自殺した生徒が借りた本を、どうしても知りたいというのだが・・・?

56ffdfc2262665167f43af795c3f614b_s.jpg


 本編は、本好きにとってたまらない一遍。
 実に、実に図書委員らしい推理にはただただ脱帽。
 
 鮮やかなミステリーをこっくり味わえるうえに、「本」という存在の奥深さ・面白さ・不可思議さを再発見できる内容となっている。

 第4話を読めば「本と鍵の季節」というタイトルもおおいに納得。
 本は、ただ文字が書かれた紙を綴じたものではない。

 文字の並び、綴じ方、全てに「事件のカギ」は隠れているのだ。

 第3話「金曜に彼は何をしたのか」も捨てがたい。
 スーパー高校生の超頭脳にかかれば、部屋をザッと見まわしただけで、こんがらがった事件の紐はスルスルほどけてしまうのだ。
 いや天晴れ!

 それだけにビターなラストが、胸に刺さる。
 本書を読んだ人は必ず、図書委員コンビの継続を願うことだろう。

 古典部シリーズに引き続き、図書委員シリーズも作ってもらえることを、私は切に願う。
 その理由は、「物語が面白いから」だけではない。
 人を信じたいから、友情を信じたいから、だ。

詳細情報・ご購入はこちら↓

真実の10メートル手前  米澤穂信

評価:★★★★★

「真実を明らかにするのは、あなたがたの仕事ではないと言いたいのですか」
「目の仕事ではないと言いたいのです」

(本文引用)
_____________________________________

 2014年の「満願」、2015年の「王とサーカス」と2年連続でベスト1ミステリーを獲得してきた米澤穂信氏。
 本書は2015年発行なので2016年はどうなるかわからないが、こんな作品を読んでしまったら、「もう毎年、ベスト1ミステリーは米澤穂信さんということでよいのでは?」と思ってしまう(あるいは殿堂入り、永世名人、一代年寄として別格にするとか)。

 本書は、ミステリーの新しい楽しみ方を教えてくれる傑作短編集。
 「真実の10メートル手前」というタイトル通り、どれも「真実の10メートル手前」あたりで終わるミステリーだ。
 そう聞くと、「ミステリーは、すっきり解決、完結させてほしい」と思う向きの方は敬遠してしまうかもしれない。サスペンスドラマのように、犯人が崖の上で真相を告白してめでたしめでたし、という結末で終わらせてほしいと思うかもしれない。



 しかし、本書を読めば、それだけがミステリーではないということがよくわかる。真相の手前で留まるミステリー小説というものが、いかに心と頭に染み入る面白いものであることか。
 本書は、そんな「寸止めの美学」をとくと味わえる珠玉の作品集だ。

続きを読む

王とサーカス  米澤穂信

評価:★★★★☆

「人々はなぜ綱渡りを見て楽しむのか。演者がいつか落ちはしないかと期待しているからだと思ったことはないか?」
(本文引用)
___________________________________

 今年のミステリー三冠王。ムック「このミステリーがすごい!」(宝島社)と、ハヤカワミステリマガジンの「ミステリが読みたい!」(早川書房)、そして週刊文春の「ミステリーベスト10」で1位となった小説だ。
 ちなみに作者の米沢氏は、昨年も「満願」で3冠を獲っている。(「満願」のレビューはこちら

 とはいえ、「満願」とはだいぶ内容が異なっている。いや、内容というかジャンル自体も違うのではないか。
 短編集「満願」は、ひたすら純粋なミステリー。どんでん返しや「まさかの真相」で驚きまくりたい人には、全力でお薦めする作品だ。
 しかし、この「王とサーカス」はミステリーというよりもルポのような印象だ。確かに「犯人はお前だ!」といったミステリー的要素もあるにはあるのだが、そこが作品の肝ではない。



 犯人探しや事件の真相は二の次、三の次。それよりも「事件の真相を知ろうとする思いや作業とは、人として正しいのだろうか。これがいったい何になるのだろうか」といった疑問を、読者と共に考えることが主目的なような気がする。

 よって、単純に「ああ、謎解きを読みたい!」とばかりに本書を手にすると、ちょっと肩透かしを食うことになるだろう。しかし、事件というものを通して、それ以上の「何か」を突きつめて考えたいという人には、満足できる小説だと思う。
____________________________

続きを読む

プロフィール

アコチム

Author:アコチム
反抗期真っ最中の子をもつ、40代主婦の読書録。
「読んで良かった!」と思える本のみ紹介。
つまらなかった本は載せていないので、安心してお読みください。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告